厚生労働省は8日、派遣労働者の受け入れ期間に制限がない専門業務と偽り、長期間派遣で単純作業に従事させる事案などが相次いでいることを受け、労働者派遣法の順守徹底を求める要請文を日本経団連や日本商工会議所などに出した。
 同法は秘書や通訳をはじめ26の専門業務を除き、同じ企業への派遣期間を原則1年、最長3年と規定。しかし、専門業務として派遣契約を結びながら、別業務を長期間行わせるケースなどが続出。昨年4月から今年1月までに専門業務と偽る違法派遣で95の事業所が指導を受けている。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「日本経団連」
小沢氏、国民に説明を=トヨタの信頼回復に期待
ネットカフェ強盗「再来店」=店員通報、容疑の35歳男逮捕
家族手当削減をけん制=春闘で経営側に
日本経団連

外国人参政権「安全保障上の議論ある」 首相、問題点指摘(産経新聞)
新議員会館 小沢氏のフロアはガールズと側近 「七奉行」は別階(産経新聞)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
<訃報>相原真理子さん62歳=コーンウェルらの作品翻訳(毎日新聞)
不審死の大出さん、現場到着時は昏睡状態?(読売新聞)