『まんが 水戸黄門』( - みとこうもん)は、1981年9月3日から1982年7月15日までテレビ東京(放送開始当初は東京12チャンネル)系で全46話が放送された、ナック製作のテレビアニメ。解説タイトルの通り、時代劇『水戸黄門』のテレビ漫画=アニメ版である。内容も『水戸黄門』の形式を踏襲しており、ほぼ毎回「旅先で役人や物の怪が民衆を困らせようと悪事を働く→黄門一行が懲らしめる」という、ドラマ版と同様のストーリー展開だった。しかし、時代劇とは思えぬアップテンポの主題歌や「流星十文字斬り」や「葵三ツ葉返し」などの必殺技を持つ助さんと「力だすき」というアイテムで百人力になる格さん、そして印籠を出すシーンの派手な演出と、奇抜な作風が特徴である。これが幸いしたのか、視聴率でも人気の面でもスマッシュヒットと言える成績を残している。[要出典]放送開始当初は、キー局の東京12チャンネルが現社名に変更する直前だった事など諸々の事情で「製作・ナック」とクレジットされていたが、社名変更した1981年10月以降は「製作・テレビ東京、ナック」とクレジットが変更されている。当時テレビ東京系の放送局があったのは関東・大阪(1982年3月、テレビ大阪が開局)のみで、それ以外の地域の局ではサンテレビ(兵庫県域)や北海道テレビの他、長崎放送とテレビ熊本でも放送されていた(その後、サンテレビや北海道テレビでは編成の都合上、1982年春に放送を打ち切った模様(サンテレビの場合は、テレビ大阪が本放送を開始した事も、打ち切りの理由と思われる)。同年の番組改編期からは、放送局も若干増加した。それについては、後述)。イタリアへの輸出も行われており、『L'invincibile Shogun(無敵の将軍)』というタイトルで放送された。権利切れ後に一部の地方局で再放送された以外は、全話を収録した映像ソフトも発売されていなかったため、長い間「幻のテレビアニメ」という扱いをされていた不遇な作品だった(但し、一部ケーブルテレビ局やスカパーのアニメ専門チャンネルAT-Xにて、既に全話再放送がされている所もある)。その後、2004年にフジテレビの番組『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』で取り上げられ("「水戸黄門」のアニメがある"で、72へぇの評価)、地上波にて20年以上ぶりにそのオープニング映像と主題歌がお茶の間に放送さ

国有無人島1億1万円で落札=初の競売、法人が新オーナーに-広島・呉(時事通信)
陸山会事件、捜査大詰め=3容疑者、供述ほぼそろう-刑事処分判断へ・東京地検(時事通信)
<神奈川県警>「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ(毎日新聞)
広島・福山で合同求人説明会(産経新聞)
成田「団結小屋」撤去と土地明け渡し判決(読売新聞)