鳩山由紀夫首相は8日、地球温暖化防止に重要な役割を果たす林業の振興策をめぐり、農業を営む俳優の菅原文太さんらを官邸に招き意見交換した。首相はあいさつで、「みなさんの知恵で森林、林業を再生したい」と意欲を語った。
 菅原さんは「コンクリートから木へ」と毛筆で手書きした紙を首相にプレゼント。会合後、記者団に対し、「もうコンクリートはいい」などの意見を伝えたことを明らかにした。
 会合に出席した赤松広隆農水相によると、他の出席者からも「国民運動として1人1本、毎年植林を」などの提案が上がり、「首相は非常に前向きだった」という。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕行政刷新会議であいさつする鳩山首相
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず
鳩山首相、新党にコメントせず

<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?(産経新聞)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)
介護保険制度前の利用負担減免で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)