2020年07月23日

タミヤ エアークラフトシリーズ No.28 1/32 #60328 ノースアメリカン F-51D マスタング (朝鮮戦争)

tamiya_32_60328_f-51d_1_ コロナ禍の四月半ばにいくつかの追加パーツとデカール替えで発売になった、タミヤ エアークラフトシリーズ No.28 1/32 #60328 ノースアメリカン F-51D マスタング (朝鮮戦争) です。
tamiya_32_60328_f-51d_parts いつも行っていた模型店が営業自粛で閉まっていたのと、1/32というスケールが大きくて購入を自粛していたため紹介が遅くなりました。

 キットの紹介には、

★先端が角型のハミルトン・スタンダード社製プロペラブレードを再現。
★ラジエター収納部は内部のダクトやオイルクーラーまで実機さながらの仕上がり。
★動翼類やラジエターフラップなどは可動式。
★主翼内には6挺の12.7mm機関銃をはじめ弾帯などもパーツ化。
★2種類のドロップタンクと500ポンド爆弾に加え、5インチロケット弾(HVAR)を計6発用意。
★胴体側面のラジエターアクセスパネルはスリットが開けられたタイプ。
★着座姿勢と立像のパイロット人形付き。着座姿勢のパイロット人形は朝鮮戦争期に使用された P-1Aヘルメットを着用した姿でモデル化
★朝鮮戦争に投入された機体のマーキング3種類をセット。

ということで、5インチ航空機用高速ロケット弾(HVAR)はフル装備の10発ではなく、落下タンクを利用して塗装で表現したナパーム弾や、500ポンド爆弾などと一緒に装備することで、対地攻撃用装備を豊富にしています。

 マーキングは・・・続きを読む

tomono_s at 16:36|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/32

2020年02月27日

プラッツ(PLATZ) 新(?)製品 1/144 P-51D 二種 (?!) 発売中 !!

platz_pdr-12_box_1_platz_pdr-12_side_1_ プラッツ(PLATZ) から新しいシリーズ(カルトグラフデカール入りで高価格)になった P-51Dキットのバリエーション第二弾! #PDR-12 1/144 P-51Dマスタング 太平洋戦線・第5航空軍 (2機セット) が発売になっています。
platz_pdr-12_decal_1_
デカールはカルトグラフ製で、マーキングは太平洋戦線に配備された第5航空軍 の四種類

 * P-51D, ★ 600, 118th TAC Recon, 5th AF, Luzon 1945

 * P-51D-10, 44-64076, “JUMPiN-JACQUES” , ★ θ, 3rd FS, 3rd ACG, 5th AF, Okinawa

 * P-51D-10, 44-72522, ★  85, 39thFS, 314th FBG, 5th AF, Luzon 1945

 * P-51D-15, 44-72605, “NO SWEAT”,  ★  99, 39thFS, 314th FBG, 5th AF, Luzon 1945
platz_pd-3_box_b_1_platz_pd-3_box_back_と、なっていますが、じつはこれは新製品ではなく、15年ほど前に 1/144 P-51Dシリーズの第二弾として販売されていた #PD-3 1/144 P-51D "The 5th Air Force" とキット内容は同じですので、箱絵と価格だけが変更された、実質的な値上げ商品となっています。

新しい価格は・・・安いところを探しても、だいたい税込みで 1,600円前後なので、最初に発売になった頃の価格を知っている人間にとっては気になりますが、いまのご時世ではしょうがないのかもしれませんねッ !!・・・でもまぁ、プラッツ(PLATZ) のサイトでは旧価格の物も載っていますので、箱絵なんか関係ないという方ならば、まだ安く買えるのかも・・・ (;^ω^)

まぁ・・・続きを読む

tomono_s at 22:16|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/144

2020年01月22日

エデュアルド(eduard) P-51D " EXCALIBUR " には 1/144 のキット #7137 も在るってさ! そして・・・!!

edu144_7137_p51d_z1a_edu144_7137_p51d_z2a_ エデュアルド(eduard) のサイトを見ていたら、前回お伝えした " EXCALIBUR " のマーキング1/144 の P-51D の案内が、限定品キットに付けられることの多い 7000番台 のキットナンバー #7137 として多数の写真を使って 価格 10,95US$ で紹介されていましたので、その写真の中から三枚ほどをお借りして紹介させてもらうことにしました。m(_ _)m
 サイトには、
Plastic kit of US WWII fighter plane P-51D-30 in 1/144 scale.
edu144_7137_p51d_z3a_Plastic parts: Platz
No. of decal options: 1
Decals: Eduard
PE parts: no,
Painting mask: no
Resin parts: no

 と書かれていますので、中に入っているキット (プラパーツ) 自体は、すでに日本国内ではおなじみで、出来の良し悪しもよく判っている プラッツ のものが一機分となっていて、それに エデュアルド(eduard)P-51D-30-NT s/n 45-11540 " EXCALIBUR " (N151W) のデカールを入れて発売した限定のOEM商品ということだと思います。

詳しくはこちらのページへ飛んでいただけば、もっとたくさんの写真や説明書・カラー図などの pdf へのリンクなどが貼られていますので、そちらをご覧になってください。
 因みに、エデュアルド(eduard) のサイトには、日本語を含めて四か国語のページありますが、日本語ページを見てみると、キット (プラパーツ) が プラッツ のものだということが書かれていないように思いますが、これは単なるミスなのでしょうか・・・?! (;^ω^)

また、エデュアルド(eduard) のサイト2020年の案内の p.76 には・・・続きを読む

tomono_s at 01:06|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/144

2019年12月30日

エデュアルド(eduard) #7141 P-51D EXCALIBUR 1/48 というキットが在るらしい !!

edu7141_box_1_ エデュアルド(eduard) から限定のシリーズで #7141 P-51D EXCALIBUR 1/48 eday 2019 というキットが発売されているらしいです。

edu7141_inst_1_とは言っても エデュアルド(eduard) のサイトLimited Edition のところをクリックしても出てこないのですが・・・P-51D で検索をかけると姿を現します。

 要はチェコで開催された eday 2019 に参加した P-51D-30-NT s/n 45-11540 " EXCALIBUR " (N151W) という機体のキット化ということらしく、カラー図 (箱裏かな…) に special edition と入っていますし、キットナンバーも限定品に多く見られる七千番台なので、 eday 2019 の会場限定販売品だったのかもしれません。

キット内容は前回発売になった 1/48 ProfiPack Edition #82101 P-51D-5 Mustang のキットに ドーサルフィン付きの胴体のパーツ (82100 D) とデカールを追加したものとなっているようで、56,95 US$ となっていますが、すでに サイト (ストア) では元キットの ProfiPack Edition #82101 P-51D-5 Mustang (54,95 US$)よりも 10ドル近く安い 20%OFFで売られているようですので、箱絵なんて関係ないという方はドーサルフィン付き胴体のパーツが余分に付いて、元キットよりも安く買えるこちらの方がずっとお買い得かもしれません。

カラー図や・・・続きを読む

tomono_s at 09:01|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年12月28日

モン(MENG) 1/48 #LS-010 NORTH AMERICAN P-51D/K "8TH FORCE" 発売になっています !!

mengmodel_ls010_box_1_ モン(MENG) から発売になっていた 1/48 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG のキットに、 #LS-010 NORTH AMERICAN P-51D/K "8TH FORCE" が仲間入りしています。

これは十日ほど前に秋葉原の某店で現物を確認しており、購入できる機会もあったのですが、 エデュアルド(eduard) 1/48 の ProfiPack Edition や LIMITED EDITION と同じくらいの価格という、あまりにも高い価格だった (一緒に並んでいた前作 #LS-009 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG "YELLOW NOSE" は半額に値引きされてました) ので、そのまま棚に戻してしまいました・・・(;´・ω・)

 タイトルに P-51D/K とあるように、K型用のエアロプロダクツ製 A-20-156-24M のパーツを追加(と言うか、もともと入っているカフス無しの方のペラを使用するように指示)し、デカールを箱絵のマーキングに変更したキットとなっています。

マーキングは・・・続きを読む

tomono_s at 02:27|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年12月27日

モデルズビット(MODELSVIT) 1/48 #4817 P-51H Mustang 発売されたようです!

modelsvit_4817_p51h_box_1_ 以前お伝えした モデルズビット(MODELSVIT)1/48 P-51H Mustang #4817 P-51H のタイトルで発売になったそうです。

僕自身はまだ現物を手に入れておりませんので、数葉のパーツ写真などが紹介されている モデルズビット(MODELSVIT) のサイト (ショップ?) のリンクを貼っておきますので、パーツなどの詳細はお手数ですがご自身でご確認ください。
 ちなみに排気管周りや脚周りなどはかなり手の込んだパーツ割りでの表現になっているようですが、そのぶん日本国内での販売価格も高めに設定されているようです・・・(;^ω^)

海外から送られてきた情報では・・・続きを読む

tomono_s at 02:11|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年12月22日

エアフィックス(AIRFIX) 1/48 #A05138 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG FILLETLESS TAIL MODEL 発売です!!

 以前から エアフィックス(AIRFIX) でアナウンスされていた、P-51D のドーサルフィン無しの初期型 が、1/48 #A05138 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG FILLETLESS TAIL MODEL として発売決定されたようです。

airfix_a05138_box_1_僕自身はまだ現物が入手できていないので、海外の方からいただいた情報やメーカーサイトで紹介されている (前回お伝えした) 程度の事しかお伝え出来ませんが、取り敢えず箱絵はこのようなイエローノーズの “ LOU IV ” の機体が描かれたものとなります。

airfix_a05138_p-51d_1+2_ デカールも、以前お伝えした下の二種類のマーキングで変更はありません。

* U.S.A.A.F P-51D-5-NA (S/N 44-13410) 375th FS/361st FG/8th AF Thomas J. Christian  E2★C "LOU IV"

* U.S.A.A.F P-51D-5-NA (S/N 44-13321) 487th FS/352nd FG/8th AF George E. Preddy Jr. HO★ P "Cripes A' Mighty 3rd"


 したがって・・・続きを読む

tomono_s at 04:39|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年12月21日

エデュアルド(eduard) 1/48 #R0020 P-51D Mustang Royal Class Edition 発売されました!

edu_r0020_box_1_edu_r0020_setu_1_ エデュアルド(eduard) からドーサルフィン無しの初期型とドーサルフィン付きの D型を二機セットにした、 1/48 #R0020 P-51D Mustang Royal Class Edition が発売になりました。

edu_r0020_setu_2_ 当然の如くドーサルフィン付きと無しの二種類の胴体パーツと、二機分の主要パーツや兵装パーツ、そして大型増槽パーツのランナー(82100J) やレジン製の排気管と四種類のタイヤパーツや二種類の計器盤のエッチングパーツを二セットずつを入れたいわゆる全部載せキットで、価格も高額 (ProfiPack Edition と LIMITED EDITION を合わせたのと同じくらい) に設定されています。

 まぁ、プラ素材以外の別売のディティールアップパーツを抵抗なく使われる方々には、この価格でも レジンパーツやエッチングパーツなどの追加パーツ分がお得になりますよ…といった感じにはなっているのですが、僕としては基本パーツがメインの Weekend edition やプラパーツだけの #82102X P-51D OVERTREES 1/48 , #82101X P-51D-5 OVERTREES 1/48 の販売の方がズッと待ち遠しいです・・・(;^ω^)

で、あいかわらずランナー番号 82100E ( Iもですが…) は登場していませんので、これが大戦後の機体用のパーツになるのではないか・・・という僕の予想に変更があるわけではありませんが・・・でも、もしかして、まさかのレーサー用 ???・・・!('ω')?


デカールとして入っているのは・・・続きを読む

tomono_s at 19:20|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年11月21日

ブレンガン(BRENGUN) 1/72 #BRP72037 P-51 MUSTANG Ia

brengun_brp72037_box ブレンガン(BRENGUN) から以前発売になった 1/72 #BRP72025 A-36 APACHE の、主翼と胴体下のエアスクープのパーツを変更した、ブレンガン(BRENGUN) 1/72 #BRP72037 P-51 MUSTANG Ia というキットが発売になっています。
brengun_brp72037_1brengun_brp72037_body
 基本的なパーツは #BRP72025 A-36 APACHE#BRP72026 A-36 APACHE RAF MARKINGS と共用ですが、以前はベージュだったモールド色がグレーになっています・・・ただしそんなパーツの中で、変更された 20mm機関砲4門が装備された主翼パーツだけは前と同じベージュのモールド色なので、箱を開けるとちょっと不思議な感じがします。(なんだかマッチボックスのキットを思い出して、ニヤニヤしてしまいました・・・( ^ω^ )b )
brengun_brp72037_wingbrengun_brp72037_72025_air もちろんこの機種の主翼にはダイブブレーキは無いので、 A-36 APACHE の時に入っていたエッチングパーツはなくなりました。

また、胴体下のエアスクープパーツは前作と同じようにウレタン樹脂製ですが、右の写真のように、形状が少し角張った断面になっていて、施された筋彫りも、ちゃんと可動式のような表現になっています。(上:#BRP72037 P-51 MUSTANG Ia、下:#BRP72025 A-36 APACHE)

 その他のパーツは、今回はグレーでモールドされた共用パーツの中で、使う使わないの選択が変わってくるだけですが、 MUSTANG I / A-36 APACHE の時のために機首下面左右にある 12.7mm機銃の取り付け部分の窪みに関しては、P-51 / MUSTANG Ia では、この二門の 12.7mm機銃は廃止されているので、説明書に " fill-zatmelit " (チェコ語は解りませんが、たぶん “パテ埋めしろ” という意味だと推測しています…) という指示がされているだけです。

なお、説明書には機首上面の空気取り入れ口パーツは、アキュレイト・ミニチュアの P-51 / MUSTANG IA と同じように、左右の膨らみのないストレートなタイプを使用するように指示されていますが、P-51 / MUSTANG Ia などの社内呼称 NA-83 以降の機種の場合は、箱裏のカラー図に描かれているように、左右に少し膨らんだようにアールの付いたタイプを使用する方が正しいのではないかと思います。
 とは言っても、説明書にバツ印がしてあるだけで、パーツとしてはどちらも入っていますので、ご自分が正しいと思われる方を使用すればよいだけの話ですが・・・(^ω^)v

 それと、現在までに発売になったキット ( A-36 APACHE / MUSTANG I / P-51 / MUSTANG Ia) のいずれのクリアパーツもキャノピーはバードケージのみで、いまのところマルコムフードは入れられていませんので、今後別バージョンでの発売があるのかもしれません・・・
 まあ、こちらはもしマルコムフードバージョンとしての発売が無かったとしても、 KP や AZ model の P-51B のマルコムフードのキャノピーパーツと交換してやれば、スライドキャノピー部分の下枠の追加と胴体側のスライドレールの表現をメインとした小改造だけで簡単に出来てしまう話ではあるのですが・・・(^ω^)b


デカールは・・・続きを読む

tomono_s at 04:17|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/72

2019年09月21日

エデュアルド(eduard) 1/48 ProfiPack Edition #82101 P-51D-5 Mustang

edu82101_profipack_box_ 先日お伝えした エデュアルド(eduard) 1/48 LIMITED EDITION #11134 CHATTANOOGA CHOO CHOO P-51D-5 WITH DORSAL FIN ASSEMBLY のパーツの一部とデカールを変更した エデュアルド(eduard) 1/48 ProfiPack Edition #82101 P-51D-5 Mustang の発売がアナウンスされています。
edu82101_profipack_82100c_
 前回の記事で推理しましたとうり、ランナーナンバー[82100 D] の胴体パーツランナーを、 [82100 C] のドーサルフィン無しの胴体パーツに変更したパーツ構成となっています。
その他のパーツはフォトエッチングパーツやマスキングシートも含めて #11134 CHATTANOOGA CHOO CHOO の時と変わらず、デカールも六機種分なので、今回は ProfiPack Edition としての発売ですが、日本での販売価格は LIMITED EDITION と同じに設定されているようです。

デカールのマーキングは・・・続きを読む

tomono_s at 09:56|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年08月23日

エアフィックス(AIRFIX) #A05137 1/48 North American Mustang Mk.IV/P-51K MUSTANG & #J6046 QUICKBUILD D-Day P-51D Mustang

airfix_a05137_box_1 以前お伝えした エアフィックス(AIRFIX) #A05137 1/48 North American Mustang Mk.IV/P-51K MUSTANG が発売になったようです・・・とは言ってもまだキットが手元に届いたというわけではなく、箱絵でのお知らせが来ただけなのですが !(;^ω^)

 内容は以前もお伝えしたように K型用のエアロプロダクツのプロペラブレードを追加して、ダラス型キャノピーを使用するなど、相変わらず多彩な基本パーツと細かな追加・変更パーツを駆使したバリエーションキットとなっています。

airfix_a05137_1_a_デカールは前回お伝えしたマーキングからの変更はなく、
* KH676/CV-A Flg Off A F Lane, 3 Squadron RAAF Cervia Italy, April 1945
* KM272 ‘DOOLEYBIRD’ 19 Squadron RAF 1945
の二種類となっています。
 英国の方たちって、この ‘DOOLEYBIRD’ のマーキングがホントに好きなんでしょうね・・・マッチボックスのキットのマーキングもそうでしたけど。
ちなみに KM272 は MUSTANG Mk.IV 、KH676 は MUSTANG Mk.IVa ですが、英シリアルナンバーから探ってみると、どちらも P-51K もしくは F-6K であって、P-51D の中から MUSTANG Mk.IV としてイギリスへ送られた機体(KM493〜743,KH641〜670)ではないことが判ります。

 ただし、為替レートの関係なのか、他キットとのバランスなのか、輸入元の戦略なのか、パーツの追加などによるメーカー側の値上げなのか…などの詳しいことは判りませんが、このシリーズの価格がドンドン上がってきているのが悲しいです・・・(´・ω・`)

で、続きを読む

tomono_s at 15:47|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年08月18日

エデュアルド(eduard) 1/48 LIMITED EDITION #11134 CHATTANOOGA CHOO CHOO P-51D-5 WITH DORSAL FIN ASSEMBLY

eduard_11134_box_1_eduard_11134_setu_ 購入してからなかなか内容を確認できないまま、十日間以上が過ぎてしまいましたが、忙しさも一段落してようやく箱を開けることができました。

事前のアナウンスでは ProfiPACK 1/48 Mustang ということでしたが、実際に発売になったのはタイトルに記しましたように 1/48 LIMITED EDITION #11134 CHATTANOOGA CHOO CHOO P-51D-5 WITH DORSAL FIN ASSEMBLY という製品でした。

eduard_11134_decal_ 当初予定の ProfiPACK ではなくて LIMITED EDITION での発売となっているので、6機分のマーキングが印刷されたカルトグラフ製のデカールやフォトエッチングパーツ、ウインドシールドなどの塗装用マスキングシートなどが入れられた豪華(高価 ?!)キットとなっています。

eduard_11134_box_said_ で、このマーキングとして選ばれた 6機は、シリアルナンバーを見るといずれもサブタイトルになっている初期のD型 P-51D-5NA であり、しかも WITH DORSAL FIN ASSEMBLY と書かれているとおりのドーサルフィンを後付けした機体たちとなっています。

eduard_11134_parts_pla_all_ キットを見るとドーサルフィン部分が別パーツにはなっていますが、これは P-51D-5NA に後付けしたドーサルフィンと、それ以降の標準装備になったドーサルフィンの違いを表現するためのパーツ割りとなっているため、似てはいますが下の写真のようにドーサルフィン無しの P-51D-5NA が垂直尾翼安定板部分を含めたパーツの変更や追加だけでできるようにしてある エアフィックス(AIRFIX) の 1/48 P-51D のパーツ割りとは違って、水平尾翼上面部からドーサルフィンへの立ち上がりのフィレット部分は胴体側に残っていますので、この胴体部分の金型 [82100 D] を利用して本来のドーサルフィン無しの初期型 P-51D-5NA のバリエーションを造るというようには考えてはいないようです・・・
airfix_a05131_eduard_11134_ (右の写真で 上:エアフィックス、下:エデュアルド)
また、ご自分でこの部分を改造してドーサルフィン無しの P-51D-5NA に直すのも不可能ではないとは思いますが、エアフィックスからドーサルフィン無しの P-51D-5NA の発売がアナウンスされているので、価格的な問題や改造の手間を含めて、それの発売を待ってから決断しても遅くはないように思えます。(後述しますが、エデュアルドもランナー(金型)番号に抜け番がありますので、たぶんドーサルフィン無しのバリエーションも出してきます!)
d( ^ω^ )

eduard_11134_box_said_2 エデュアルド(eduard)のキットはいくつかのクラス(ランク)に分かれていて、価格帯もそれぞれのグレードで分かれていますので、この LIMITED EDITION #11134 CHATTANOOGA CHOO CHOO [54.95US$] や 未発表の ProfiPACK (内容によりますが LIMITED EDITION よりマーキングを減らしたりして 5US$ ぐらい安いクラス) ではなくて、一番安いクラスの Weekend edition として発売されればかなり購入しやすくなると思います (サイトでは 82102X P-51D OVERTRESS 1/48 [22.95US$] というのが予定されているようです) が、この LIMITED EDITION の日本での価格は レベル(Revell) 1/32 P-51D-5NA MUSTANG に匹敵するぐらいの販売価格です。
 僕はボー店の予約割引などのシステムを使って、なんとか二割引きぐらいの価格で購入できましたが、それでも高い・・・でもまあ、モン(MENG)の CEMENT-FREE 1/48 P-51D キットと同じくらいの価格だと考えたなら、これだけのデキなら我慢できなくもない…とは言えますが、僕はエッチングパーツとかは苦手ですし、デカールも他キットの残りや別売りの在庫が沢山あるので、それが無しで安く済むのならその方がズッといいですから !! (;´・ω・)


 と、いうことはおいといて・・・続きを読む

tomono_s at 02:47|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年07月21日

WALTERSONS/MKモデルキット999 1/72 #873010A U.S. P-51D MUSTANG

mk_model_p-51d MKモデルキット999 というシリーズ名で発売になった WALTERSONS の 1/72 P-51D MUSTANG です。

mk_model_873010a_p-51d_decalデカールは箱絵になっている一機分だけで、487th FS/352nd FG/67th FW/8th AF の John C. Meyer 搭乗機、いわゆるブルーノーズのエースとして知られている HO★M " Petie 2nd " P-51D-15-NA (S/N 44-14151) となっています。
 なお、873010A の番号は外箱には書かれていませんが、デカールに印刷されていますので、タイトルに入れさせていただきました。

ただしこのキット・・・続きを読む

tomono_s at 00:04|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/72

2019年01月23日

モデルズビット(MODELSVIT) の2019年の新製品 1/48 P-51H Mustang

modelsvit_48_p-51h_1_
 詳細は判っていませんが、Aerodynamic Media や、scalemates のサイト で、モデルズビット(MODELSVIT) の2019年の新製品情報として紹介されている 1/48 P-51H Mustangです。
ただし、輸入元の国内二社 〔(株)ビーバーコーポレーション & バウマン〕 からも、まだ何の情報も発表されていませんので、海外から送られてきたこの一枚の画像以外の詳細は今後の情報待ちとなります。(´-ω-`)

なお、・・・続きを読む

tomono_s at 19:10|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年01月20日

エアフィックス(AIRFIX) #A05138 1/48 North American P-51D Mustang 発売予定(2019年)!!

airfix_a05138_p-51d_3_エアフィックスのサイトで確認が取れた 2019年の新製品、#A05138 1/48 North American P-51D Mustang です。
airfix_a05138_p-51d_4_ もちろん2017年に発売された エアフィックス(AIRFIX) #A05131 1/48 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG や 2018年発売のデカール替えバリエーションキット二種類という基本となるキットがありますので、完全な形での新金型ではありませんが、予想どうりのドーサルフィン無しの D型初期バージョンのキット構成となっていて、新しい金型で起こされた後部胴体のドーサルフィン無しの垂直安定板パーツや無線機のパーツ(コクピット内の写真に写っている無線機器は #A05131 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG に入っているものとは違っています…ただし、N-9照準器のほうは #A05131で、既にクリアパーツのランナーにモールドされています)などが入れられているようです。
airfix_a05138_p-51d_5_また、サイトの #A05138 1/48 North American P-51D Mustang のページには Description として 
A thoroughbred fighting aeroplane, the P-51D Mustang was produced in greater numbers than any other variant and introduced a number of improvements over earlier models. With a new wing design, teardrop canopy and lower rear fuselage, the P-51D was the mount of many USAAF aces and became the primary US fighter in the European Theatre, following its introduction in mid 1944.
  と、書かれていますが、これはあくまでも実機の解説だと思いますので、他にも改変されたパーツ(もしかしたら羽布張りのエレベーターとか方向舵)などが入れられているのかもしれません・・・\(^ω^)/

マーキング(デカール)は・・・続きを読む

tomono_s at 22:48|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2019年01月09日

エデュアルド(eduard) ProfiPACK 1/48 Mustang 続報!

eduard_48_mustang_1_ 以前お伝えした エデュアルド(eduard) ProfiPACK 1/48 P-51D MUSTANG ですが、エデュアルド(eduard)のサイトで、info-eduard 2019 で、やっと確認がとれたのですが、5ページから7ページにかけての 1/48 Mustang に関してのこの記述ですが、表記は全て Mustang となっていて、文中に P-51 もしくは P-51D や P-51K という記述は一切ありません。
eduard_48_mustang_2_ 6ページの最初にはプロペラブレードをエアロプロダクツのものにしたと思われる写真 (イラスト?) が載せられていますし、このページの文中には P-51 や P-51D 、P-51K の文字こそありませんが、Mustang Mk.IV や ProfiPACK の文字が見受けられます・・・

とは言っても・・・続きを読む

tomono_s at 16:34|PermalinkComments(1)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2018年12月21日

エレール(Heller) 1/72 P-51D その4

heller_side_front_ エレール(Heller) 1/72 P-51D その3 からだいぶ間が開いてしまいましたが、エレール(Heller) 1/72 P-51D のモデリングガイド に下塗りをした写真を追加しましたので、取り敢えず簡単なご報告を・・・

heller_body_front_ 前回のエレール(Heller) 1/72 P-51D その3 でご紹介した空気取り入れ口パーツの開口は、少し削って広げてやるだけでこのようにだいぶ感じが違ってきますので、是非とも一手間かけてあげてください。
主翼の機銃部分は真鍮パイプの埋め込みで長さと太さの違いを表現してあります。
heller_body_back_オイルクーラー後とラジエーター後のエア・アウトレット・フラップなどを表現した部分を後部から見ると、こんな感じになっています。
heller_side_rear_ ひっくり返して上面側から胴体下面の空気取り入れ口近辺が見えるアングルにするとこんな感じに見えます。

水平尾翼はまだ固定していませんのでちょっと隙間が目立ちますが、ドーサルフィン付きとは一味違った初期の背ビレ無しの機体が手軽に味わえます。

また・・・続きを読む

p51_mustang at 23:44|PermalinkComments(0)mixiチェック モデリングガイド | 1/72

2018年11月23日

RSモデルス(RS MODELS) #92219 1/72 P-51H Mustang

rs_model_92219_box_1_ rs_p-51h_usaf_2013年に発売になったRS MODELS #92144 1/72 P-51H Mustang USAF (右) のデカール替えで、英軍のラウンデルマーキング入りとして RSモデルス(RS MODELS) #92219 1/72 P-51H Mustang (左) が発売されましたが、新しいデカールに2013年に発売された時の箱絵になっている US Army Air Forces (1941-1947) 412 Sqn. 4394 / PF394 / 655 March Field, CA August 1945 をダブらせて入れて、箱絵は同じものを使用し、右上隅の三角形にデカールに英軍のマーキングが入ったと示して、品番を #92219 に変更、タイトルから USAF の文字を抜いただけという手抜き風です…本来なら英空軍マーキングの機体 GB Military Royal Air Force (1918-now) KN987 Boscombe Down 1945 か、変更したデカールに入っている US Military US Air Force (1947-now) 62 FS, 56 FG 464461 / 31 Alaska Air Command 1948 の機体を箱絵にした方がずっとインパクトがあるというか、購買意欲をそそるのではないかと思えるのですが、これって新しく描く原画代をケチっての経費削減(節約)なんでしょうか? それとも以前の原画代が償却できていないための使い回しなんでしょうかねェ・・・?! (;^ω^)

とは言っても・・・続きを読む

tomono_s at 19:29|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/72

2018年10月24日

モン(MENG) #AMS001 1:48 AMERICAN P-51D MUSTANG SWEET ARLENE BUILT MODEL

meng-48-ams_001_box_1_meng-48-ams_001_3_ 日本国内で 2016年に販売が開始された モン(MENG) の 1/48 P-51D Mustang Fighter のバリエーションで、2018年10月末に輸入販売が開始される #AMS001 NORTH AMERICAN P-51 D MUSTANG SWEET ARLENE は”塗装済み完成品・スタンド付き”での発売です。

meng-48-ams_001_1_meng-48-ams_001_2_元々は組み立てキットとして、2016年11月16日頃に販売が開始された モン(MENG) の 1/48 P-51D Mustang Fighter を完成品のシリーズとして販売するもので、日本国内での輸入販売元はGSIクレオス(元グンゼ産業) ホビー部の展開する Mr.HOBBY となっていて、サイトでのアナウンスによると、品番なども少し変わるようで、以下のように紹介されています。

MENG MODEL #MAMS001 1/48 ノースアメリカン P-51 マスタング戦闘機「Sweet Arlene」(完成品)
MENG MODEL 完成品モデルシリーズの第一弾は、1/48スケールのP-51Dマスタング。機首に「Sweet Arlene」(愛しのアーリーン)とペイントされた、陸軍エースパイロットのアーサー・R・バウアーズ搭乗機です。角度を調整できるディスプレイスタンド付き。数量限定生産です。
出荷日:2018年10月31日
価格:20,000円/21,600円(税込)


まあ・・・
続きを読む

tomono_s at 00:03|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

2018年10月13日

ホビーボス(HobbyBoss) #85808 1/48 P-51D Mustang - Yellow Nose

hobbyboss_85808_box_2_hobbyboss_85808_decal_1_ ホビーボス(HobbyBoss) から 2018年秋に Glenn T. Eagleston の乗機で知られているイエローノーズグループのマーキングにしたバリエーションキットが、#85808 1/48 P-51D Mustang - Yellow Nose として発売されました。
hobbyboss_85808_decal_2_
基本的には写真のようなデカールに入れ替えたバリエーションキットなので、キットのパーツ変更はありません。続きを読む

tomono_s at 22:26|PermalinkComments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48