2018年05月

2018年05月22日

アカデミー(ACADEMY) 1/72 P-51 MUSTANG "North Africa"の キットMini Guide

academy_12401_p-51_box_kor ずいぶん以前に各種のP-51を発売しているアカデミーのキットの一つとしてご紹介していた アカデミー(ACADEMY) 1/72 P-51 MUSTANG "North Africa" の キットですが、今回ブレンガンの A-36 との比較をしたついでに、MiniGuide程度としてですがモデリングガイドとして単独項目でupさせていただくことにしました。

 とは言っても、最近のアカデミーのサイトでは韓国語ページの製品紹介には上の箱絵のものが載せられているのですが、英語ページには 1/72 は P-51B/C と P-51D 、そして 1/48 が アキュレイト・ミニチュアのOEM の P-51B/C の紹介だけとなっていて、このキットはなぜか載せられていないのです・・・(;^ω^)

このキットは 2004年の発売時から P-51単体 では販売せず、ビークルに加えて更にトレーラーまで付けて、P-51D 単体で販売した #2132 の 新P-51D のキット価格の倍以上、旧製品の #1662 P-51D のキットと比較すると、実に三倍以上の価格となっていましたし、キット内容は P-51自体 がパーツ数 50、ビークル(ビハイクル)とトレーラーとスタンドを合わせて パーツ数 46となっていますが、P-51単体での発売はないままで、海外向けの英語ページサイトからは削除されてしまいました !!

academy_12401_kit_academy_12401_wing_1_ キット自体は機首の挿げ替えのないアキュレイトのスケールダウンという感じで、よくまとまっていますが、右翼下面の三色の敵味方識別灯までアキュレイトそっくりに付けられています…レストア機でも作れるようにでしょうか ?!

 このキットの機首上面の空気取り入れ口ラインは、幅が均一なストレートタイプになっていますが、このタイプは NA-73 [英シリアルNo.がAG となる MUSTANG I ] の時にしか採用されておらず、P-51/ Mk.1A (NA-91) では、機首上面の空気取り入れ口ラインが、上から見たときに真ん中辺が左右に膨らんだ曲線タイプのものになっているのが正しいはずです。

academy_12401_clear_ キャノピーパーツはバードケージ の分割で、ウインドシールド、開閉部、後部左右の半円形窓部分の四つに分かれていますが、開状態にできるわけでも、マルコムフードが入っているわけでもありません。 

 また、このキットのようなホイールのスポークが9本の写真はまだ見つけられません、一体なにを参考にしたのかは判りません ?! (<まさかエレールでしょうかね ?)
 それとF-24航空カメラがパーツとして入っていてコクピット後部に付けるようになっているのはよいのですが、後部窓は偵察カメラ用の穴開きやバブル窓にはなっていません。

 付属のビークルとトレーラーはすでに別売りで出しているのだから僕にはムダ ! P-51単体でも発売して値段を安くすべきだと思いますッ !!!! <`ヘ´>

そして・・・続きを読む

tomono_s at 23:02|PermalinkComments(0)mixiチェック モデリングガイド | 1/72