久しぶりに秋葉原でお買い物と造形村SWS[P-51D]の情報収集 !タミヤ(TAMIYA) 1/48 & 1/72 ノースアメリカン P-51D マスタング “タスキーギ エアメン”

2011年11月16日

エフトイズ(F-toys) 1/144 WING KiT COLLECTION 8 (ウイングキットコレクションVol.8) #02 P-51B/Mustang III 発売 !!

F-toys_wingkitcollection8_エフトイズ(F-toys) 1/144 WING KiT COLLECTION 8 (ウイングキットコレクションVol.8) が発売になりました。
 とりあえず、[オールスケールキットデータ] のに エフトイズ(F-toys) 1/144 WING KiT COLLECTION 8 (ウイングキットコレクションVol.8) の項目に、 #02 P-51B / Mustang III のデータ を追加しました。

以前お伝えいたしました、マーキングのほかに、
 #02-A : P-51B 米陸軍航空隊 356FS/354FG/100thFW/9thAF ( AJ★A ) には、同じ 356FS の AJ★N が、 
 #02-B : P-51B 米陸軍航空隊 487FS/352FG/67thFW/8thAF ( HO★M ) には、 486FS の PZ★J が、
 #02-C : MUSTANG III 英空軍 316部隊 (SZ◎A) には、 309部隊の PK◎G のマーキングが、
それぞれ一緒に入れられています。

中身を選んで買えない食玩ブラインドボックスなのは残念ですが、塗装済み半完成組み立てキットなので基本的には組み立てて、デカールを貼るだけで楽しめます。
胴体・主翼・水平尾翼などの筋彫りはかなり細いラインで、リベットも細かくそれらしく表現されていて、外形はなかなか良い感じです。 
F-toys_02S_P-51B_002 コクピット内は、シートと一体の床板パーツ先端に計器盤パーツを差し込むだけで、操縦桿や照準器はありませんが、胴体内側(l両サイド壁面)には細かいモールドがあり、とくに右側内壁面の酸素マスク用ホースのモールドなどは、タミヤ(あるいはペガサス ?! ) のを縮小したかのような太さとカーブを持っています(比較写真は [P-51 MUSTANG FREAKS]MINIGUIDE にあります)。  
 エア・アウトレットフラップはオイルクーラー後の小さいのも開位置で表現されていますし、ラジエター後ろの大きいほうは、なんと可動になっています。 
F-toys_02S_P-51B_007 脚収納庫は浅いですが、形状はちゃんとB型になっていますし、付属のスタンド使用時の飛行状態用のカバー類も付いています。 ちなみに、このスタンドでの飛行姿勢は主翼下側を支える台に載せる形式になっていて、胴体下部や主翼下面に穴を開ける必要がないように考慮されています。
F-toys_02S_P-51B_0051 地上姿勢用の主脚は脚柱とカバーが一体になっていて、そこにホイール(8本スポークです…)を嵌め込むだけですが、ランナーの湯口がカバー外側に付いているために切り外すとそこだけ黒くなってしまいます…脚柱側にしてくれたらよかったのに、と思ってしまいました。
 キャノピーは P-51B はバードケージ、MUSTANG III ではマルコムフードのそれぞれ一種類だけで、後の半円部分まで一体となっています。(キャノピーの写真は MINIGUIDE にあります) 
F-toys_02S_P-51B_004 プロペラブレードはスピナと一体ですが、金型の簡略化と型抜けを優先したためか、ブレード後ろ側のスピナ基部がえぐれていて、裏側から見ると十文字になっている感じで、角度によっては隙間が開いているようにも見えてしまいます。 また胴体に挟んであるペラ止めパーツの軸がかなり細く折れやすいので、一度差し込んだら軸パーツからは外せないと思っていたほうが良いと思います。
 他にちょっと残念な点としては、翼上面のガンベイ(弾倉のハッチ) のモールドが、タミヤなどのキットと同じでD型のようにリブ一つ分長くなっていることや、アンテナ柱がまったく無視されていることです。 
まぁ、筋彫りの線を一本彫ってやったり、伸ばしランナーを一本キャノピーの後ろに立てて貼り付ければすむことではありますが、ここまでキレイにできていると、正直言ってヘタに手を加えたくないんですよねェ ・・・ (^^ゞ
f-toys144_wingkit8_p-51b_pe-s
 応募で当たるデカールの 328FS/352FG/67thFW/8thAF (ブルーノーズ : PE★ S) は 「このキットを完成させるには、この商品の 02-B のキットが必要になります。」 と書かれていますが、ご覧のように P-51B でもマルコムフードの機体(02-Bはバードケージ)ですので、マーキングに合わせるために、もしかするとデカールと一緒にマルコムフードキャノピーも送られてくるのかもしれませんね。

気になっていたシークレットは ・・・

F-toys_02S_P-51B_010F-toys_02S_P-51B_003 基本的には僕が以前 ハセガワの 1/72 P-51B のキットを U・オリジナルパーツを使って改修し、[MUSTANG GALLERY] にも展示しているのと同じ、胴体後半を黄色く塗った 5th FS/52nd FG/15th AF の VF★ 5 のものでしたが、この機体の特徴である肝心な背ビレ(ドーサルフィン)が付いていないままで黄色く塗られているだけです。

 P-51Bムスタング 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊_1P-51Bムスタング 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊 それと、僕はまだ手に入れてはいないのですが、店によってはもう一種類別のセットが販売されていて、それにはシークレットとは別の LIMITED ITEM マーキング が入っているものがあるそうで、こちらがそのもう一種類の 米陸軍航空隊 第75戦闘飛行隊 のものだそうです。



tomono_s at 00:04│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/144

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久しぶりに秋葉原でお買い物と造形村SWS[P-51D]の情報収集 !タミヤ(TAMIYA) 1/48 & 1/72 ノースアメリカン P-51D マスタング “タスキーギ エアメン”