ユニマックス(UNIMAX) 1/72 #87005 U.S.P-51D MUSTANG造形村(ZOUKEI-MURA) SWS第四弾 1/32 「P-51D マスタング」 発売日決定 !!

2012年03月04日

ユニマックス(UNIMAX) 1/72 #87005 U.S.P-51D MUSTANG 雑感 !

nikon 939 箱の中身を見た時に、「ぁれッ ? このパーツ見たことある !」 と思ったので、並べて見ました !(^^ゞ

まったく同じというわけではないんですけど、似てると思いませんか ?

nikon 940 水色っぽい方が今回購入した ユニマックス(UNIMAX) 1/72 #87005 U.S.P-51D MUSTANG のもの、白(ベージュ ?!)っぽい方が ハセガワの 1/72 P-51D MUSTANG のものです。
このパーツ以外にも、コクピット内の計器盤やシートのパーツなどもよく似ています。

どうせならプロペラ(左の上の方に写っています)も似せちゃえばよかったのに・・・

まだ全部を組み立ててはいないのですが・・・

 プロペラは形がまるで違っていてどの仕様のものだか判らないうえに、スピナキャップは尖りすぎていて、付け根部分は切り込みだけになっています。 

主翼の貼り合わせ分割は、エレールやエアフィックスと同じタイプなのですが、フラップが途中で切られて上下面のパーツに分かれているので、エレールやエアフィックスなどのようにフラップダウンが簡単に出来るわけではありません。
そのうえ翼端がちょっと丸味が強くて形状が違っていますし、敵味方識別灯の表現なども無視されています。
 また、主翼下面の増槽の取り付け位置(パイロンのパーツは無い)の穴があるので、三門あるはずの薬莢の排出孔が二つしか開いていなかったりしますし、その二つも前後にずれて配置されていたりします。 

胴体関係は内蔵されるエンジンはこのクラスにしては精密そうにできていますが、カウリングの合いはイマイチですし、エンジン架の表現もありません。 
胴体後部のドーサルフィンから垂直尾翼にかけてが異様に分厚いのはどういう意味があるのでしょうか・・・??

余談ですが、デカールの感じ(とくに保護紙の材質や厚さ)が ペガサスの1/48 によく似ているので、もしかすると同じ所で印刷されているのかもしれない・・・

tomono_s at 22:07│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック プラモデル・キット・パーツ | 1/72

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ユニマックス(UNIMAX) 1/72 #87005 U.S.P-51D MUSTANG造形村(ZOUKEI-MURA) SWS第四弾 1/32 「P-51D マスタング」 発売日決定 !!