ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #01991 P-51D ムスタング “タスキギー エアメン コンボ”ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #01991 P-51D ムスタング “タスキギー エアメン コンボ” 発売されました

2012年04月18日

ホビーボス(Hobby Boss) 1/48 #85802 P-51D Mustang IV Fighter

hobbyboss_85802_p-51d_said 四月七日頃に発売されていた ホビーボス(Hobby Boss) 1/48 #85802 P-51D Mustang IV Fighter をようやく受け取りに行ってきました !

価格は写真でお判りのように家電量販店よりも少し安かったです・・・(^^♪

中身は予告で出されていたCG画像ほどひどくはないですが、ホビーボスらしくアッサリとしたデキです。
まぁ、形とスケールがしっかりと表現されていれば、パーツは少ない方が組み立てが簡単でいいとは思うのですが・・・

hobbyboss_85802_p-51d_kit キットとしての可動部分はポリキャップを使ったプロペラとホイールだけですが、そのスケールは、全長・全幅ともに 1/47.7 と、ほとんど1/48 と言って間違いのない寸法・縮尺になっています。  

 機首はちょっと丸味が強いような感じもするのですが、幅が広い頭デッカチや角張り過ぎな感じではないので、組み上がった時が楽しみです。
一つ組んでみてイメージが違ったときはすぐに直せるように、二つ購入してありますし・・・(^^)v
 
胴体下のオイルクーラー・フラップはモールドで開口されていますが、特徴的なラジエターのエア・アウトレットフラップの表現がありません。
hobbyboss_48_p-51d_gun主翼で目立つ点としては機銃の長さが翼前縁と平行なことや、主翼端がちょっと丸味が強いこと。
hobbyboss_48_p-51d_tail 尾翼周りで方向舵とエレベーターのリブの浮き出しがスゴイので、布張りならまだしも金属外皮のエレベーターにするには手がかかりそうです。

hobbyboss_48_p-51d_wheel 脚周りは、中にポリキャップを挟み込む貼り合わせのホイールは、スポークは10本だが裏側の穴は8個とチグハグな感じがします。 
hobbyboss_48_p-51d_wheeldoo 主輪ドアの取り付け方法などは面白いのですが、地上でも閉まっていることが多いので閉めようとするとちょっと苦労すると思います。
尾輪収納庫のドアは一体成形でハの字形に開いてはいません。

hobbyboss_48_p-51d_cockpitコクピット内のパーツはこんな感じです。
操縦桿が B型のもののように、リンケージアームまでモールドされていて、計器盤や脚収納庫内のモールド、胴体パーツのシルエットや垂直尾翼の幅の広さなどから、何を参考にしたかが想像できてしまう([オールスケール・キットデータ]にははっきり書いちゃってますが…)という楽しみも増やしてくれています・・・(^_^;)



tomono_s at 00:30│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #01991 P-51D ムスタング “タスキギー エアメン コンボ”ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #01991 P-51D ムスタング “タスキギー エアメン コンボ” 発売されました