タミヤ(TAMIYA) 1/32 #60323 エアークラフトシリーズ No.23 ノースアメリカン P-51D/K マスタング "太平洋戦線"アキュレイトミニチュア(Accurate Miniatures) の1/48 #480013 P-51C Bendix Transcontinental Race の箱絵

2012年11月21日

買ってきました ! : エフトイズ(F-toys) 松本零士 1/144 戦場まんがコレクション(モデルNo. FT60583) #02 P-51B

f-toys_FT60538_kit 11月13日に発売された、エフトイズ(F-toys) 松本零士 1/144 戦場まんがコレクション(モデルNo. FT60583) #02 P-51B MUSTANG を、以前お伝えした "中身を選んで買える模型店" で、買ってきました。
f-toys_FT60538_back
ですから、箱の裏側には例によって黒マジックで丸が描いてあります ! (^_^;)

で、中身は、予告時の写真や箱裏の完成写真のとは塗り色が違っていて、タミヤカラーで言うと、 XF62 オリーブドラブの基本色で、主翼端・尾部・反射除けが少し濃い XF51 カーキドラブ というグリーン系の濃淡だったのが、実際のキットは、薄い基本色の胴体部分が XF51 カーキドラブ で、濃いほうは XF1 フラットブラック という感じになってしまっています。
 しかも、主翼の国籍マークはすでに貼られていて、デカールは胴体分しか入っていませんので、自分で塗りなおすというわけにもいきません・・・(>_<)

 また、前回、"ただ、僕の記憶では、松本零士氏の 戦場まんがシリーズ ではこの 「メコンの落日」 でもそうだったと思いますが、P-51 は B型 も D型 もあまりメインの機体としては活躍しておらず、この機体も " シャークティース " が書かれているだけなので、「もしかしたら 松本零士氏は P-51 はあまりお好きではないのかも・・・?!」 と、当時思ったことがありました。" と書き、" この 「メコンの落日」 の P-51B ムスタング がどのように解説されているのか・・・" と書きました解説書の P-51 に関しての解説文というのは危惧していた通り、ただ、「ムスタングは描きやすいですね。そんな印象です。」 の一行だけでした・・・(苦笑)

f-toys_FT60538_sp_3_f-toys_FT60538_sp_2_ なお、今回のアイテムは 鍾馗 「成層圏戦闘機」, 鍾馗 「練習機 新撰組」, P-51B ムスタング「メコンの落日」, フォッケウルフ Fw190D-9 「ベルリンの黒騎士」, Me262A 「ベルリンの黒騎士」,Me262A 「DEATH HERLOCK」, 疾風 「アクリルの棺」, 疾風 「Roll-out 松本家家紋」 の[全8種] となっており、シークレットはないかわりに、これらをセットにして、"飾れる特別限定壁掛けケース" というのに入れて、「スタンレーの魔女」に登場する「一式陸攻(1/144スケール)」が入った、[限定特典付スペシャルセット] というのが、サークルK , サンクスなどで発売されています・・・まぁ、僕は興味がないので買いませんでしたが。。。

ところで・・・

ft60137-60538_side_ 今までは [ ガムのおまけ ] だったはずのこのシリーズですが、今回はなんと、ガムが入っていません !!

 箱の横にはシッカリと "おまけ素材 ABS , PS " とか、"おまけ…中国製" とか書いてありますが、商品内容記載欄には、"●商品内容 機体…1セット 解説書…1枚" となっていますので、入れ忘れというわけではないようです。

まぁ、べつにガムが食べたいわけじゃないんだけど、コレっていったい何の "おまけ" なんだろうか ???

いままでは、ガムのオマケだとしてブラインドボックスという販売方法を取っていたので、選べなくてもしょうがないと思っていたけど、模型としての販売だったらやはり好きなものを選んで買えるようにするべきなのではないだろうか・・・

たとえば、僕は P-51 にしか興味がないから、選んで買える今回のようなお店はありがたいのだけど、何回か通っているうちに見えてきたこともあって・・・

 と、いうのは、このお店もあくまでもお客のことだけを考えてこの販売方法を取っているわけではないということ・・・それは、いつ行っても、何度行っても、店頭に並ばないキット(アイテム)があって、それが必ずシークレットだったり人気の高い機種だったりする (今回の場合は「ベルリンの黒騎士」のフォッケウルフ Fw190D-9 ) ので、こんな下衆の勘繰りが沸いてしまうのですが・・・
 つまり、売れ筋の商品はあらかじめ抜いてしまって、それはネットオークションなどで高値で捌き、後は店で定価で売る、だけど、全てが定価で売れるわけではないので、ある程度売れてから売れ残ったものは 投売りや一円オークション でネットで捌いたり、 捨て値でも買い取り店へ持って行けば効率が良いし、店としては損はしない・・・と。

ぃゃ、もちろん店がそうしているとは限らず、関係している個人もしくは従業員とかが行って、いいようにお店を利用しているのかもしれませんし、" 欲しい人が欲しいものを、支払ってもよいと思える金額で買う" という商いの部分では間違いではないのかもしれませんが・・・(^^ゞ



tomono_s at 16:20│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 1/144 | お買い物

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タミヤ(TAMIYA) 1/32 #60323 エアークラフトシリーズ No.23 ノースアメリカン P-51D/K マスタング "太平洋戦線"アキュレイトミニチュア(Accurate Miniatures) の1/48 #480013 P-51C Bendix Transcontinental Race の箱絵