ZTSモデル(ZTS Plastyk) 1/72 #S051 P-51 Mustang III & マスタークラフト(MASTER CRAFT) 1/72 P-51B 三種のボックスアートエポック社/岩松屋 ドラえもん ドライダー2 #タイプ1 のソフトグライダー

2014年07月21日

オータキ (OTAKI) 1/48 P-51D ムスタング の MODELING GUIDE

otaki_mae_naka_ato_kai_三年前の地震で壊れてしまった、40年近く前の完成品を直す前に、箱無しのジャンクで買ってあった最近のオータキ(アリイ ?)を眺めていたら、キット自体に少し違いがあることに気付いたので、モデリングガイドにそのことを書いておこうと思い、ついつい作り始めてしまいました ! (^^ゞ

 一番の違いがこの写真で判りますように、発売当初の前傾が強すぎだった左側写真の時はあまり気にならなかったその長さですが、その後に修正された左側写真・下の後傾に近いぐらいの立ちすぎになってしまうと、機首が持ち上がりすぎ、主脚柱の長過ぎが目立ってしまいますので、とりあえず写真・右上のように 2mm程 縮めてみましたが、角度が変わっていないのであまり顕著な効果はでていません。
もう少し短くするという手もありますが、あまり短くするのも不自然なので、少し角度を前に振ってやると、この長さでも充分に精悍に見えるとは思うのですが・・・ということで、取り付けの角度を変えるように差し込み部分を調整したのが写真・右下になります。
IMG_6163
 個人の主観かもしれませんが、僕はこの少し前に出て踏ん張った感じがするほうが、精悍でムスタングらしいと思っていますので、今回はこれで行きたいと思います。

その他に・・・

IMG_6138IMG_6144_塗装の関係でフェアリング無しの排気管にする工作や、あまり感心できない曖昧な照準器を直したり、ちょっと長い尾輪を余り手をかけずに適正な長さ(高さ)にする表現方法とか、あいかわらずのデッチ・アップをどのようにしたかを、詳しく書いてありますので、よろしかったら[P-51 MUSTANG FREAKS]オータキ (OTAKI) 1/48 P-51D ムスタング の MODELING GUIDE をご覧になってみてください。
IMG_6135
IMG_6159あいかわらず塗装するのがあまり好きではないので、基本的に工作メインの MODELING GUIDE ですが、いろいろなことを試しています・・・まぁ、ほとんどの事はすでに皆様がおやりになられていることばかりだとは思いますが、中には少しはお役に立つこともあるかもしれませんので、いちど、ご覧になってみてください。

 とはいっても、このちょっと位置が後退してしまっている排気管みたいに、直さずにそのままにしている部分も少なくはないのですが・・・^_^;



tomono_s at 00:17│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック モデリングガイド | 1/48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ZTSモデル(ZTS Plastyk) 1/72 #S051 P-51 Mustang III & マスタークラフト(MASTER CRAFT) 1/72 P-51B 三種のボックスアートエポック社/岩松屋 ドラえもん ドライダー2 #タイプ1 のソフトグライダー