ブレンガン(BRENGUN) 1/72 #BRP72031 North American MUSTUNG Iプラッツ(PLATZ) #PDR-1 1/144 WW.II アメリカ軍 P-51D マスタング (2機セット)

2018年09月12日

エアフィックス(AIRFIX) 1/48 #A05136 NORTH AMERICAN F-51D MUSTANG & #A05137 NORTH AMERICAN MUSTANG Mk.IV

airfix_a05136_box_ 2017年に発売された エアフィックス(AIRFIX) 1/48 #A05131 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG のキットにパーツの変更・追加やデカールを変更したバリエーションキット二種類が2018年の発売予定として、 2018年版カタログやエアフィックスのサイトに載せられています。

airfix_a05136_1_a_こちらが エアフィックス(AIRFIX) 1/48 #A05136 NORTH AMERICAN F-51D MUSTANG で、箱絵からすると翼下の 4.5インチ M10ロケットランチャーのパーツを零距離ランチャー と 5inロケット弾に変更し、戦後のカフス無しのハミルトン・スタンダード製のプロペラ(H.S 6547A-6)とスピナーを追加してマーキングを下の三種類に変更したもの。
Scheme 1: ‘Rotation Blues’ 67th FBS Korea  
Scheme 2: F51D 77 Squadron RAAF Korea 1951  
Scheme 3: J26 Mustang, Swedish Air Force

そして・・・

airfix_a05137_1_a_箱絵やパッケージデザインはまだ発表されていませんが、左のイラストが エアフィックス(AIRFIX) 1/48 #A05137 NORTH AMERICAN MUSTANG Mk.IV のマーキングとして発表されています。
Scheme 1: KM272 ‘Dooleybird’ 19 Squadron RAF 1945  
Scheme 2: KH676/CV-A Flg Off A F Lane, 3 Squadron RAAF Cervia Italy, April 1945

こちらはエアフィックスのサイトに、
As the North American Mustang was developed as a direct result of a British Air Ministry requirement, it is somehow fitting that the RAF and Commonwealth air forces used the aircraft extensively during WWII. The British designation for the later P-51D version was Mustang IV, with the Dallas built P-51K, which used a different Aeroproducts propeller, referred to as the Mustang IVa.
と書かれていますので、エアロプロダクツのペラ(A.P A-20-156-24M)やダラス型キャノピーパーツを追加した P-51K(Mk.IVa)とのバリエーションキットになっているのかもしれません。


tomono_s at 16:17│Comments(0)mixiチェック リリース予定 & 新発売 | 1/48

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブレンガン(BRENGUN) 1/72 #BRP72031 North American MUSTUNG Iプラッツ(PLATZ) #PDR-1 1/144 WW.II アメリカ軍 P-51D マスタング (2機セット)