グラスライト(GLASSLITE) 1/72 MUSTANG P-51 tipo Dアルマホビー(ARMA HOBBY) 1/72 #70038 P-51B/C Mustang expert set

2021年02月03日

イタレリ(ITALERI) 1/72 #1423 P-51B & #1452 F-51D Korean War & #35102 WAR THUNDER - P-47 N & P-51 D

italeri_1423_1_italeri_35102_box_1_ 2019年のカタログに載せられていた二つの新製品ですが、実際に発売になったのは、右側の #35102 WAR THUNDER - P-47 N & P-51 D の方だけで、italeri_35102_decal_1_italeri_35102_marking_2_このようなデカールや塗装図が入れられて販売になっています。

ただ、僕は不勉強なのでこの WAR THUNDER というのがどういうキットなのか判っていないのと、デカールやマーキング図を見ても部隊マークなども判らないものばかりなのです・・・何かのゲームとか、日本のコトブキ飛行隊みたいな関係の登場機なのでしょうかねェ・・・(;^ω^)
外国語が判らない年寄りには、わからないことばかりです !! (;´・ω・)
italeri_2021_22_cata_p18_1_
イタレリ(ITALERI) 1/72 #1423 P-51B の方は、丸二年が経過した現在でも P-51A の写真に P-51B のタイトルのまま…という真相が判らないまま ITALERI Catalogue 2021-22 の P.18NEW の文字とともに載せられています!
italeri_2021_22_cata_p18_1c 最初は、P-51A と書くところを、単純にプリントミスで P-51B としてしまったのかとも思ったのですが、丸二年もそのままで載せているということは、もしかすると”嘘から出た実”を現実にするために、 P-51B のキットを本気で独自で開発しているのではないかと思ってしまいます・・・というか、そうであってほしいと願っています! (-人-)


そして、同じページに・・・

italeri_1452_1_この #1452 F-51D Korean War が、italeri_086_box_1_NEW の文字をつけてデカール替え新製品として載せられていますが、これは同じカタログページにも載っている #086 が、以前から販売されている F-51D Mustang で、同じ大戦後タイプ (但し、ペラは大戦中の カフス付きハミルトン・スタンダード H.S.J-6523A-24 ですが…) となっているので、パッケージ や 韓国空軍と米空軍マーキング の デカール への変更だけで出てくるのではないかと思っています。

tomono_s at 00:52│Comments(0)mixiチェック 新発売 or リリース予定 | 1/72

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
グラスライト(GLASSLITE) 1/72 MUSTANG P-51 tipo Dアルマホビー(ARMA HOBBY) 1/72 #70038 P-51B/C Mustang expert set