ボックスアート

2021年02月13日

エアフィックス(AIRFIX) 1/72 #8669 HISTORY OF THE SWEDISH AIRFORCE

airfix_8669_box_1現在(2012年から)製造・販売されている エアフィックス(AIRFIX) 1/72 #A01004 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG 系統のキットよりも一世代前、1974年発売の金型で製造されていた P-51D MUSTANG のキットを使った、 エアフィックス(AIRFIX) 1/72 #8669 HISTORY OF THE SWEDISH AIRFORCE というセット物の箱があると教えていただけたので、とりあえずその箱絵のご紹介だけさせていただきます。airfix_02098_box_1_

 2001年の発売らしいですが、箱絵の 1945年のところに描かれている P-51D MUSTANG を見ると、以前から販売されていた右の スェーデンマーキング#02098 N.A.P51D/K MUSTANG が、そのままのマーキングでセットの一つとして入れられているのだろうと、想像がつきます・・・(;^ω^)

tomono_s at 03:32|PermalinkComments(0)mixiチェック

2021年02月12日

モン(MENG) 1/48 #LS-006 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG FIGHTER RAAF Decals

mengmodel_ls006b_box_1_2016年に発売になった モン(MENG) 1/48 #LS-006 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG FIGHTER ですが、その翌年(2017年)に RAAF のマーキングデカールを追加して、製品番号などはそのまま、箱の右下にデカールを追加したことを表すシールを貼っただけで、mengmodel_ls006b_decal_1_モン(MENG) 1/48 #LS-006 NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG FIGHTER RAAF Decals として限定発売されたものでした。
 したがって以前のデカールのマーキング、
*P-51D-15-NA, 44-15459, "AMERICAN BEAUTY", HL★B, (John J. Voll), 308thFS, 31stFG, 15thAF
*P-51D-15-NA, 44-15622, "SHORT FUSE SALLEE", AJ★T, (Richard Turner), 356thFS, 354thFG, 9thAF

 に、A68-797 のデカールを追加したものということなので、
*P-51D-25-NT, (44-84829→)A68-797, Royal Australian Air Force (1921-now) Military, Aircraft Research & Development Unit (ARDU)
 のマーキングということになるのですが、残念ながら追加になったほうのデカールのデータは送られてきませんでした・・・(;^ω^)



tomono_s at 00:08|PermalinkComments(0)mixiチェック

2021年02月09日

ロデラ(Lodela) ブランドの レベル(Revell) & モノグラム(MONOGRAM)

lodela_revell_rb619_box_1_revell_gb_h619_a_1_一時期メキシコ・レベルとして輸入されていた事もある ロデラ(Lodela) のロゴが入った レベル/ロデラ(Revell/Lodela) 1/72 P-51D Mustang ですが、revell_gb_h619_b_1_通常のレベルのこのキットの製品番号は右のふたつの Revell Great Britain(当時レベルのキットはアメリカ、イギリス、ドイツ、日本などそれぞれの国で生産されていました…) のキットのように、 H-619 であるのに、この箱では Lodela のロゴの横に RB-619 と記載されています。
lodela_revell_h72_a_box_1_lodela_revell_h72_b_box_1_ こちらはMUSTANG FREAKS のサイトで紹介している レベル(Revell) 版の 1/72 #H-72 Collector's Choice P-51D Mustang と同じに見えますが、レベル/ロデラ(Revell/Lodela) 版ではrevell_72_h72_b_1_ Linea Opcional para coleccionistas P-51D Mustang というタイトルになるようです・・・ただし、キット番号が H-72 のままでいいのかどうかの確認はとれていません・・・
 また、ロデラ版ではないのですが、このキットと同じ番号で #H-72 P-51D Mustang 1 Modell aus 3 Versionen と書かれた右の箱絵があるそうです !

lodela_revell_144_b_box_1_lodela_revell_144_c_box_1_これは 1/72 ではなく 1/144 の P-51B なのですが、 Lodela のロゴ部分が変更された箱絵のデータが送られてきましたので、以前サイトでお伝えした右の Revell/Lodela 1/144 #H-1021 (#21) North American P-51B MUSTANG と比べてみると、明らかにロゴマーク部分が違っている (右のには 20 ANIVERSARIO と書かれたシールが貼ってあるように見えます…) ので、これも一緒にご紹介しておきます。
 まあ、違いはロゴマークの部分だけだと思うのですが、詳しいことは判りません・・・(;^ω^)


そしてこれは・・・続きを読む

tomono_s at 00:37|PermalinkComments(0)mixiチェック

2021年02月02日

グラスライト(GLASSLITE) 1/72 MUSTANG P-51 tipo D

glasslite_mustang_typo_d_1_ 長い間探していた グラスライト(GLASSLITE) 1/72 MUSTANG P-51 tipo D の箱絵ですが、海外の方がデータを送ってくださったので、やっと見つかりました ! ありがとうございます !! m(_ _)m
まぁ、だからといって一部の資料などに書かれている ガスライト というのが間違いだとは、まだ言いきれないのですが・・・
1001e3b2.JPG
 で、この箱絵は、色味は違いますが、絵や配置などのデザインは、たしかに ブルマァク(BULLMARK) PLASOLID 1/72 P-51 type D (米国戦闘機 ムスタングP51 D型) の箱絵によく似ていて、OEM であることを表しているようにも思えます。

なお、今回送っていただいたのは箱絵のデータだけですので、中身のキットなどに関しては紹介程度で申し訳ないですし、元キットとは多少違いがあるかもしれませんが、以前購入したときに書いたブルマァク(BULLMARK) の記事 を読んでいただければ…と思います。
 まぁ、ブルマァク(BULLMARK) が PLASOLID と表示しているだけあって、ほぼ一体成形のようなキットなのですが・・・(;^ω^)



tomono_s at 01:38|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年08月24日

ホビーボス(Hobby Boss) 1/48 #85806 P-51D Mustang IV の新しい箱絵

hobbyboss_85806_1b_w_hobbyboss_85806_4b_w_ 以前お伝えした ホビーボス(Hobby Boss) 1/48 #85806 P-51D Mustang IV ですが、日本国内向けには2017年3月にパッケージやデカールを変更して発売された上のものが入ってくるようです。
hobbyboss_85806_1_box_昨年(2016年)の発売時には、同じ品番で下のような南アフリカ空軍と、RAF指揮下でイタリアで活動した Mustang IV A (P-51K) で編成されたオーストラリア人部隊のマーキングだったのですが・・・

まぁ・・・続きを読む

tomono_s at 16:33|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年12月25日

KP(Kovozavody Prostejov) 1/72 #CLK003 P-51B "MUSTANG" pilot Lt. Edwin Heller

kp_clk003_box クリスマスの夜に、KP(Kovozavody Prostejov) 1/72 #CLK003 P-51B "MUSTANG" pilot Lt. Edwin Heller という、昨年(2015年)に発売された四種類 の KP(Kovozavody Prostejov) 1/72 North American P-51B/C & Mk.III Mustang のキットのデカール替えバリエーションの発売の報せが飛び込んできました !

 品番が今までのものとは違って CLK003 という表示になっていますが、これはたぶんメーカーロゴの下に書かれている CLUB LINE の KIT というシリーズの三番目 (CLK001 は ZLIN Z-126 TRENER、CLK002 は MESSERSCHMITT BF 109G-6 です・・・ ) という意味だと思います。
です。

箱の裏は・・・続きを読む

tomono_s at 19:20|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年10月22日

箱絵写真です。 ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #02215 P-51C ムスタング “エクスカリバーIII”

hasegawa_02215_box_
 ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 #02215 P-51C ムスタング “エクスカリバーIII” の箱絵が、10月31日の発売を前にして発表されました。

今回の箱絵は今までの2機セットの箱絵とはガラリと雰囲気を違えたもので、しかも正方形を上下に並べたような縦型のデザインとなっています。

とりあえず、本体サイトにある [ボックスデータ]ハセガワ(HASEGAWA) 1/72 P-51B/C ムスタング の項 に追加しましたが、スペースの関係でやむなく横向きにして掲載しました。



tomono_s at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)mixiチェック

2016年09月21日

特別仕様限定品 !! ハセガワ(HASEGAWA) 1/32 #08244 P-51D MUSTANG w/ROCKET TUBES

hasegawa_08244_1 先月(8月6日)に発売された ハセガワ(HASEGAWA) 1/32 #08244 P-51D MUSTANG w/ROCKET TUBES をご紹介するのを忘れておりました。m(__)m

 メーカーサイトの紹介記事では、限定品・新金型追加・特別仕様 としてありますように、1973年から販売され続けている現行の 1/32 P-51D のキットをベースにして、主翼下面に対地攻撃用のロケットチューブ(4.5インチ ロケット弾ランチャー M10) を装備した機体を再現したものになっています。
hasegawa_08244_3
 箱絵の 「24:Little Indian」 は、大戦末期にインド方面で日本軍と戦った機体で、デカールにも入れられています。

 追加されたパーツは、レジン製 の ロケットチューブ部品、メタルインレット部品が 懸吊用の支柱 と ループアンテナ部品 となっているそうです。

デカールは、続きを読む

tomono_s at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年06月27日

RSモデルス(RS MODELS) 1/72 #92196 Ki-100 II/P-51H " 2 in 1 " の箱絵とキット写真

rs-models72_92196_p-51h_a_rs-models72_92196_p-51h_b_ RSモデルス(RS MODELS) 1/72 #92144 Ki-100 II/P-51H " 2 in 1 " の箱絵とキット写真を贈っていただきました !

同社の五式戦 II 型 のキットとセットにして " 2 in 1” としたデカール替えバリエーションキットで、太平洋戦線のマーキングにされての発売です。

でも・・・続きを読む

tomono_s at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年05月18日

Grafix Starter Model Clip Kit の組立図とキットの写真 & マッチボックス(MATCHBOX) の 1/72 P-51D SUPER VALUE KIT のパッケージ

grafix_ww2_5_kitgrafix_ww2_5_setu Grafix World War 2 Warbird Fighter Plane Starter Model Clip Kit のキットと組立図の写真 を送っていただきました。
キットの写真を見ると、クリアパーツなどは無く、キャノピー部分も胴体と一体で成型されていて、ソリッドモデルのようになっていることがハッキリと判ります。
 説明書の写真のほうを見ると、組立図面は簡単な貼り合せの指示書みたいなものになっているのですが、三つの図のうちの平面図二つがなぜか B型になっていたりします。

これまでの写真をいろいろと見てみると、 Grafix World War 2 Warbird Fighter Plane Starter Model Clip Kit は、スケールもハッキリとはしませんし、キットとしての精度にも疑問があり、あまり真剣に探してまで手にいれる必要はないキットなのかもしれない…と思いました。

マッチボックス(MATCHBOX) のキットは・・・続きを読む

tomono_s at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック