実機

2015年10月01日

アリソンエンジン搭載機種とマーリンエンジン搭載機種のコクピット床板の違い

p-51b_1 本体のサイト"実機について" に、いくつかのキットや発売時の紹介記事などで間違えられている P-51A までと P-51B/C 以降のコクピット床板の話を追加しました。
 資料として出回っているアリソンエンジン搭載機種 (P-51/A-36A/P-51Aまで) とマーリンエンジン搭載機種 (P-51B〜D/P-51K) の多くの図面で、キャノピー下端から主翼下端までの高さが同じ長さで描かれているのですが、これは デルタ出版刊・月刊ミリタリー エアクラフト 2001年11月号(No.064) :p.39:中段 からお借りした P-51-NA(s/n 41-37324)p.39:中段 からお借りした左の P-51B-10NA(s/n 43-7116) の写真をはじめとして、各資料集の写真をご覧いただければ、明らかにこの長さ(高さ)は違っているというのがお解かりいただけると思います。
p-51a_51b_2
 もちろん、写真の大きさだけではなく撮影された状況(カメラからの距離や角度)、使われた機材(カメラの種類・フィルムの規格・レンズの種類)の違いなどもありますので、右のように大きさや角度だけを合わせて簡単に比較することは出来ないのですが、数多くの写真を見ていただければ印象として明らかにこの主翼とキャノピーの間にあるパネルの長さ(高さ)は確実に違っているというのが感じられるのではないでしょうか・・・
また、このことがよく判る一枚として、同じ デルタ出版刊・月刊ミリタリー エアクラフト 2001年11月号(No.064)p.82:下段 にある XP-51B第二号機(s/n 41-37421) の写真もお借りしてご紹介しておきます。
p-51a_51b_1_ この写真はマーリンエンジンを装備して空気取り入れ口を機首下面に移動させた機首周りと、P-51B以降の特徴的な胴体下面の空気取り入れ口周辺以外は基になった機体の P-51 のままなので、機首からのラインが主翼の取り付け位置で一段上がったようにえぐれています。
もちろんこれは試作機ですが、単純にこのラインをスムーズにしたのが量産機だということではなく、いろいろな風洞実験や飛行試験を繰り返した結果だと思います。

つまり・・・続きを読む

tomono_s at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2007年01月24日

ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H 追記

5d8819ee.JPG以前作ったヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H ですが、主翼下面の三つ並んでいる薬莢の排出孔(D型のならびと同じ)の一番内側のを半分ほど後ろにずらして、その前にあるこれもD型の特徴の二つのパイロンの着脱の穴(一部の書籍ではリンクの排出孔?)を埋めて、よく図面で見られるH型の並びとしたのですが、この製作時に直した薬莢排出孔は、数少ない下面が写されている [Specialty Press社 WARBIRD TECH SERIES VOLUME 5 : NORTH AMERICAN P-51MUSTANG] に載っている初期のH型(P-51H-1-NA : S/N 44-64164)のこの写真を見る限りでは、ヒストリックのキットの修正前の主翼下面パーツとまったく同じような配置になっていることが見て取れます。

 これが初期の機体だけで、後によく図面にあるような一番内側が半分ほど後ろにずれた配置になったのかどうかは、今のところ他の写真で確認ができていませんが、とりあえずD型のならびと同じように三つ並んでいるのが、必ずしも間違いではないという事は判ると思いますので、ヒストリック(HiPM) 1/48 P-51H の[MODELING GUIDE]に写真とともに追記いたしました。

また・・・続きを読む

tomono_s at 05:49|PermalinkComments(0)TrackBack(5)mixiチェック

2007年01月19日

マーリンエンジン装備機の機首上面形状の違い

3eca0ae9.JPG一部のサイトや模型誌に、"マーリンエンジン装備のP-51の機首上面は、同じマーリン系のエンジンを積んでいるスピットファイアのように平らでなければならない !"というような記事を見かけたりしますが、この一枚の写真で、両者の機首上面はかなり違ったシルエットを持っていることが明らかだと思います。

写真はMotorbooks International社のFIGHTER COMMANDの p.35に載っているものですが、スピットファイアとP-51Bが同じような角度に置かれていてその違いがよく判ります。

詳細は・・・
続きを読む

tomono_s at 05:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック