勝手にERRATA(エラッタ)

2015年10月26日

モデルアート社刊 モデルアート11月号臨時増刊 No.929 「飛行機模型スペシャル No.11」(特集:P-51 マスタング)を買ってみた !

model-art_929_airmodel_ 先日、 AMG(ARSENAL MODEL GROUP) の Racing Record Rarityシリーズ 1/48 #48052 NORTH AMERICAN P-51B/C MUSTANG III の内容を見せてもらった秋葉原のお店で、モデルアート社が久しぶりに P-51 マスタング を特集した「飛行機模型スペシャル No.11」 を買ってしまいました !

総てのキットが紹介されているわけではありませんが、全128ページのうち 73ページ+ 2ページを費やしていますので、まあ特集としてはこんなものなのだろうと思います。
 キットの製作記事としては、1/32 が 造形村 P-51K マスタング 、トランペッター マスタングMk.III 、タミヤ P-51D マスタング 、1/48 が タミヤ P-51B & D マスタング 、アカデミー P-51B マスタング 、ICM P-51B マスタング "マルコムフード" 、ハセガワ P-51D マスタング 、ヒストリック P-51H マスタング 、1/72 は製作記事というより寸評といった感じで ハセガワ P-51D、ハセガワ P-51B 、タミヤ P-51D 、KP マスタングMk.III 、レベル P-51B 、アカデミー P-51B 、RSモデル P-51H、エアフィックス P-51D、ホビーボス P-51D、マッチボックス P-51D、ハセガワ 1/70 透明P-51D + ハセガワ P-51B ジャクリーン・コクラン #13 が掲載されているほか、解説として「ノースアメリカン P-51 マスタング その開発・誕生と各型変遷」、「P-51 マスタング・塗装とマーキング」、そして資料として「P-51D ディテールフォト集」というのが、載せられています。

ただし、 P-51 マスタング となっていますが、残念ながら P-51A までの アリソンエンジン・ムスタング に関しては、キットの紹介や製作記事などはありません。

まぁ、・・・続きを読む

tomono_s at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年11月01日

某オークションに 「ニチモ透明ムスタング P-51D MUSTANG 1/48 新品保管」というのが出品されていて・・・

nichimo_p-51d_new_
 今回のは、モーターライズが廃止された後の ニチモ1/48 P-51D 透明ムスタング で、スタンドも地球儀風の銀色のものに変更された後期のバージョンのものなのに、即決価格がやたらに高いのですが、まぁ、それは買う方の問題ですので、そのこと自体が ERRATA(エラッタ) というわけではありません・・・(^_^;)

では、何が [ERRATA(エラッタ)] なのかというと、[P-51 MUSTANG FREAKS][勝手にERRATA(エラッタ)] にも書きましたが、商品説明に書かれている

 > 未開封ですので問題があった場合はニチモへ問い合わせてください

という部分です。

もう、お判りの方も多いと思いますが・・・続きを読む

tomono_s at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年06月24日

某オークション、今度は「KOGURE コグレ ムスタング コントラスト P-51 1/48 レア」というのが出品されていて・・・

theocean0055 前回のとは違って、今回はキットも本物のコグレのものなのですが、[商品説明]の欄には、「欠品がある」と書かれています。

ただし、そのオークション・ページの説明には、「20・30・34が見当たりません。」と、書かれているのですが、 30 というパーツナンバーは主脚カバーのもので、これは掲載されている写真で存在が確認できますので、間違いではないかと思います。

 まぁ、一応、「その他古い物ですので、欠品あるかもしれません。 *画像にて確認してください。」 とは書かれているのですが・・・
 で、掲載されているもう一枚の写真では メイン・パーツの主翼 がまるまる見当たらないので、実際はパーツナンバー 20(主翼下面)・33(主翼左上面)・34(主翼右上面)という主翼のパーツが不足しているということだと思います。

しかし・・・続きを読む

tomono_s at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年06月18日

某オークションに、「コグレ 1/48 P-51 ムスタング 透明 レトロ 絶版」というのが出ているけど・・・

namikatoh_12569 掲載されているオークションサイトの写真を見る限りでは左の写真のように、箱の左上の赤い三角形の所にシッカリと書かれているように ニチモ(日模:NICHIMO) が独自に開発したニチモオリジナルの 1/48 P-51D 透明 ムスタング のキットです。
 このニチモのキットは、本体のサイト [P-51 MUSTANG FREAKS] や、このブログをご覧いただいている皆様には、「コグレ(小暮:KOGURE) 1/48 透明 P-51D ムスタング と ニチモ(日模:NICHIMO) 1/48 P-51D 透明 ムスタング」 の記事などで、もうすでにお馴染みになっているように、コグレのキットとは全くの別物であって、この写真のキットも実際はコグレのものではありません。

 これが出品者の無知ゆえの思い込みなのか、それとも故意による表示の間違いなのかは判りませんが、すでに 14件 の入札があり、4,088円という高値が付けられていたりします・・・

過去の落札価格を見ると、箱のデザインはこの初期のものとは違っていますが、ニチモ 1/48 P-51D 透明 ムスタング と表示してある場合は、1,000円〜3,000円前後ですが、コグレ のキットの場合は、 コントラスト版 であっても、1万前後まで価格が上がってしまっています。

 これが故意だったら、コグレのキットが欲しくて入札した方には詐欺と言われかねないのじゃないか…とも思いますが、もしかするとこういったところに、ネットの一部のサイトで、「このキット。昔、コグレと言うメーカーが出していたP−51D透明ムスタングで、正確には1/50スケールです。」などという、間違えた情報を流されてしまったことによる弊害が出ているのかもしれませんし、訴えられた時の逃げ道にも使われているのかも知れませんね・・・

そうならないようにと、間違えた情報を見つけた際にはメールや、そのブログへのコメントでお知らせしたりもするのですが、なかなかすぐには訂正してくれなかったり、そのままになっていたりすることも多いですので、自分のサイトの [勝手にERRATA(エラッタ)] に載せておくことに、しています。

とりあえず・・・続きを読む

tomono_s at 12:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック

2014年04月16日

[勝手にERRATA] のページができました !!

errata_1 [P-51 MUSTANG FREAKS] に、以前から作りたいと思っていた [勝手にERRATA] のページができました !!

国内・外の資料や書籍、またはネットのサイトなどで気付いた疑問や間違いなどを記録した一覧ページで、書籍は[海外・国内実機資料一覧]や[P-51&F-82キット製作記事掲載誌一覧]にある場合は記号も、一覧に無い場合はできるだけその本が判るように記載します。
 ただし、サイトなどの場合は印刷物と違い簡単に書き直されることがありますので、必ずしもリンクを貼るとは限りませんのでご了承ください。
とはいえ、サイトの掲載文は原文のままで [勝手にERRATA]の掲載文欄 に引用してありますので、下線の文章部分で検索を掛けていただけば、元サイトが記述を訂正していない限りは、そのサイトを特定できることもあるかもしれません・・・(^^ゞ

また、そこに記載したことは僕が実際に眼にしたものではありますが、その後 改訂や 訂正・加筆 がされている場合もあり、その全てを把握しているわけではなく、あくまでも僕自身の備忘録としてのものなので、皆様にとっても参考程度のもの…と、ご了承の上でご覧になってください。

これまでに・・・続きを読む

tomono_s at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2011年10月14日

エアフィックス(AIRFIX) #02089 1/72 N.A.P-51D MUSTANG の箱裏の写真

airfix72_p-51d_02089_back
 エアフィックス(AIRFIX) #02089 1/72 N.A.P-51D MUSTANG の箱裏の写真を[P-51 MUSTANG FREAKS][ボックスアートデータ] に追加しました。

ついでの情報として幾つか書いておきますが・・・

hasegawa_01957_ ハセガワ(HASEGAWA) #01957 1/72 P-51B/C ムスタング "タスキギーエアメン" は予定通り 10月8日 には発送されましたので、早いところではその日のうちに店頭に並びました。
量販店の模型コーナーにも10月10日には並べられていましたが、最近の量販店は何であんなにビッチリと四方をセロテープで固めてしまうんでしょうね・・・ぃゃ、もちろん、「それだけ不心得者が多いのだからしょうがない」というお店さんの言い分も解ってはいますし、「中をご覧になりたい方はレジにてお申し付けください」とは書かれているのですが、なんだかあれをやられていると、いくら安くなっていても買う気が失せててしまうから不思議なもんです。(^^ゞ

 あと、ちょっとした重箱のスミというか・・・続きを読む

tomono_s at 05:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)mixiチェック

2010年01月17日

文林堂 "世界の傑作機 No.79 P-51ムスタング,D型以降"

p-51h_front_famous04541左にトリミングしてお借りしたのは、文林堂の"世界の傑作機 No.79 P-51ムスタング,D型以降"の p.83 下側の写真です。

この元の写真が載せられている僕が購入した初版(平成11年11月5日発行)の本には、「エアロプロダクツ社のプロペラを装備したP-51KまたはF-6K。同社の・・・(以下、略)」といったとんでもないキャプションが付けられているのですが、プロペラブレードやハブの形状と主脚周りを見れば、DやKではなくH型だと言うことが一目で判ります。

また、この他にもこの本の中にはp.81のD型とラインナップを組んでいる三機のH型を「垂直尾翼やフィンをH型の初期型と同じように改造されたD型」だとキャプションしたりしています。 D型とH型では垂直尾翼の傾斜角が違うし、エンジン架、キャノピー、尾輪収納庫の位置が違うから小さな写真でもよく見れば判ります !

こういったキャプションの間違いや誤植、写真の入れ替わりなどは他の本でも結構ありますので、皆様も資料や書籍は鵜呑みにせず(写真もレストアの場合はオリジナルと違ってますから)、どうかご自分で検証なさってくださいねッ !

もっとも、最近再販になった・・・
続きを読む

tomono_s at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2009年11月23日

コグレ(小暮:KOGURE) 1/48 透明 P-51D ムスタング と ニチモ(日模:NICHIMO) 1/48 P-51D 透明 ムスタング

以前からサイト[P-51 MUSTANG FREAKS]の方に作りたいと思っていたページですが、その名も[勝手にERRATA(エラッター)] !

ある程度まとまったらページを作る予定だったのですが、気が付いた間違いを忘れてしまいそうなので、メモ代わりに一足先にこちらのブログでスタートすることにしました。

kogure-nichimo_2_とりあえず某サイトに、「ニチモがコグレの金型を受け継いだのでコグレ(小暮:KOGURE) 1/48 P-51D と ニチモ(日模:NICHIMO) 1/48 P-51D の透明キットは実は1/50で同じものだ」というとんでもない記述があったので、ニチモのには色塗っちゃっていましたが、二つを並べてみました。
写真の左側に コグレ(小暮:KOGURE) 1/48 P-51D ムスタング、右側に ニチモ(日模:NICHIMO) 1/48 P-51D ムスタング がくるように並べてあります。

 ネットで間違えた情報を流されちゃうとツライですよね。
ましてやその自己紹介文に、海外在住で日本や海外の本などにキット事情を書いているのだ、というふうに書かれてしまうと、思わずこっちが間違えているのかも・・・なんて思ってしまいますが、ちゃんと両方のキットも持っていますので、間違いは間違いだと言わせていただけると思います。
続きを読む

tomono_s at 17:25|PermalinkComments(2)mixiチェック