千葉県内の障害者支援施設で知的障害がある女性に暴行したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで、同施設の元生活支援員、榊田悠人容疑者(23)=懲戒解雇=が逮捕、同罪で起訴されていたことが7日、県警への取材で分かった。

 県警によると、榊田被告は「性欲が抑えきれなかった」と罪を認めているという。

 県警によると、榊田被告は昨年1月下旬、施設内で、女性が重度の知的障害で抵抗できないことに乗じて暴行したとされる。

 女性は妊娠し、昨年8月に死産。病院から届け出を受けた県警がDNA鑑定して犯行が判明したという。

 同施設によると榊田被告は平成19年3月から今年2月まで勤務。入所者の身の回りの世話をする仕事をしており、勤務態度に問題はなかったという。

延伸滑走路の供用開始=新ターミナルビルも-徳島空港(時事通信)
<スカイマーク>国交省が改善勧告…客室乗務員の英語力不足(毎日新聞)
「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大(医療介護CBニュース)
高速料金、実質値上げへ=建設財源に1.4兆円-上限制度案を発表・国交省(時事通信)
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超(医療介護CBニュース)