国土交通省が6月をめどに実施予定の高速道路無料化の対象が、交通量の少ない地方路線を中心に35区間前後、約1500キロ程度となる見通しであることが30日分かった。首都高速や阪神高速などは除いた高速道路総延長の5分の1程度に当たる。前原誠司国交相が2日にも正式発表する。
 具体的な無料化対象は、北海道横断道、日本海沿岸東北道、山陰道、沖縄道など約30路線の一部または全部、35区間前後が想定される。首都高速や阪神高速、本州四国連絡橋のほか、東名高速など大都市圏間を結ぶ主要幹線は対象とならない。
 民主党は昨夏の衆院選のマニフェスト(政権公約)で高速道路の段階的な無料化を掲げた。その具体化に向けて同相ら政務三役は、2010年度予算の概算要求で6000億円を計上。渋滞の発生や他の公共交通への影響にも配慮し、大都市部や主要幹線を除く全国での実施を目指していた。しかし、厳しい財政状況を背景に、最終的な予算は1000億円で決着。10年度の無料化対象は絞り込みを余儀なくされた。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【特集】「陸山会」土地購入事件~資金の出所隠す経理操作?~
【Off Time】街ある記-富山県魚津
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~

小沢氏聴取から一夜…波紋収まらず 側近ら沈静化に躍起(産経新聞)
【施政方針演説】全文(6) 世界に新たな価値を発信する日本「文化融合の国」(産経新聞)
<大麻所持>ネパールで日本人容疑者逮捕 搭乗図る(毎日新聞)
「スマートグリッド」日米共同事業 日本から31社が参加(産経新聞)
「いじめられて悔しい」=民主・輿石氏(時事通信)