地方公務員法の兼業禁止規定に違反し、25年間に渡って週末に交通整理のアルバイトを続けていたとして、名古屋市は23日、同市緑区の緑保健所の男性職員(51)を、減給(10分の1)3か月の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、男性職員は、大学生だった1980年に始めた愛知県内の公営ギャンブル場での交通整理のアルバイトを、市職員に採用された1985年以降も続けていたという。土日を中心に、年平均27日働き、約65万円の副収入を得ていた。

 男性は「子どもの教育費など、生活費の足しにするためだった」と説明している。今年3月中旬、市職員課に匿名の通報があり、発覚した。雇用側は、市職員とは知らなかったという。

<器物損壊>消火器の投げ込み続発 神戸などの教会被害(毎日新聞)
<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
【党首討論速報】鳩山首相「私は愚かかもしれない」(産経新聞)
犯罪被害者支援の施策「被害前から知っていた」1割未満(産経新聞)
谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)