兵庫県・淡路島全域を舞台に「花」に関する約100のイベントを開催している「淡路花博2010 花みどりフェア」で、メーン会場となっている県立淡路夢舞台温室の「奇跡の星の植物館」(淡路市)で、近未来の庭のあり方を提案する「空中サーカス~フューチャーマジックガーデン」が開かれている。

 同館の約1千平方メートルの温室では、アジサイやユリ、バラなど花々のそばに鏡の柱などを配置。天井からはメディニラ・マグニフィカを植栽したステンレス製のオブジェをつるし、植物による斬新な空間を演出している。

 メディニラ・マグニフィカが満開になれば、ピンクの30~40センチの大きな花を付け、空間の“主役”になるという。

 庭の総合的なプロデュースを担当した辻本智子さんは「一歩足を踏み入れれば違った世界が広がっている。立体的な花々の庭を楽しんでほしい」と話した。

【関連記事】
和田アキ子さんの「あの鐘」が阿久悠さんの故郷・淡路島に
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島
淡路島の「たこフェリー」 のりたい号で再スタート
ストライプ描く“秋桜” 淡路島でコスモスとサルビア見ごろ
浴衣姿でトライアスロン…途中に足湯も 11月に淡路島で開催 
「裸の王様」次に座るのは…

民主議連「公共事業倍増を」 コンクリから人…どこへ(産経新聞)
授業料無償化も遺児は進学困難、あしなが募金を! 理解訴え(産経新聞)
中国艦隊が反転、東シナ海に向け北上…帰港か(読売新聞)
民主・輿石氏、普天間辺野古沖移設に「それはない」(産経新聞)
<さぬき市長選>大山氏が再選 香川(毎日新聞)