将棋の第68期名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第4局が18日から福岡市で行われ、19日午後9時53分、羽生善治名人(39)が163手で挑戦者の三浦弘行八段(36)を破り、4連勝で3連覇を果たした。通算7期目。

 今シリーズは、1996年に全7タイトルを独占していた羽生から棋聖を奪取した三浦が登場したことで注目された。4局とも接戦で、三浦が一時勝勢の対局もあったが、勝ちきれなかった。

アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円-オウム事件
本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCM
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
長田被告、起訴内容認める 北教組違法献金(産経新聞)