足利事件で菅家利和さん(63)の再審無罪が確定したことを受け、捜査当局による取り調べ全過程の録音・録画(可視化)の導入を求める集会(日弁連など主催)が6日夜、東京都内で開かれた。菅家さんや弁護団、元リクルート会長の江副浩正氏(73)が参加し、実現を訴えた。
 菅家さんは「皆さんのおかげで、真っ白な無罪判決を得ることができた」と涙ぐみながらあいさつ。主任弁護人だった佐藤博史弁護士は、検察官の取り調べ録音テープが再審法廷で再生された点を挙げ、菅家さんの虚偽自白について「テープが残っていたから検証できた」と強調した。
 江副氏はリクルート事件で2003年に贈賄罪で一審有罪判決が確定した。逮捕後の捜査に触れ、「初日から猛烈で、暴力に近い取り調べを受けた。検察官から『調書に署名しなければいつまでもここにいるぞ』と言われて、マインドコントロールに置かれ署名した」と話した。
 同氏の公判は自白調書の信用性が主要な争点となった。13年余、300回を超えた審理を振り返り、「可視化は一部でなく、全面的でなければならない」と訴えた。
 可視化をめぐっては、法務省が今国会での法案提出を見送る意向を表明している。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
〔用語解説〕「足利事件」
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ
「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」
誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る

<弁護士法違反>司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い(毎日新聞)
ピザ回し世界V2…埼玉の赤荻さん、大会新で(読売新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” (産経新聞)
医療機関による外国人受け入れを支援-JTB(医療介護CBニュース)