平野博文官房長官は10日の記者会見で、鳩山政権で始まった夕方の閣議開催が天皇陛下の執務の長時間化につながっていると指摘された問題について、「前日に連絡できるものは連絡をし、できる限り陛下の負担を軽減するように努力はしている」と釈明した。

 事前連絡があっても天皇陛下が夜間に執務せざるを得ないとの見方に関しては、「精神的に軽減できるのではないか。(執務も)明日の朝でもいいものあり、そこは幅の中でやっていただける」と述べた。

 政府は、天皇陛下の執務への影響が明らかになった後も5、9両日の2回にわたり夕方に閣議を開催。平野氏は12日の閣議は午前中に開く考えを示した。

【関連記事】
夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」
普天間移設先「検討委で絞り込まず」 平野官房長官
枝野氏は「助っ人閣僚」 官房長官、政府と党との連携に影響はないと強調
国家公務員法改正案を12日に閣議決定へ 内閣官房に人事局
普天間と関係ない 小沢氏訪米検討で平野官房長官

【十字路】大だるま設置 「三原神明市」(産経新聞)
元県職員に有罪=道路回数券着服-千葉地裁(時事通信)
銚子漁港支える戦力に官民交えた教育…千葉にみる「外国人労働者」を取り巻く現状(産経新聞)
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か-広島・呉(時事通信)
プリウス修理開始 東北の販売店、不安解消へ作業急ぐ(河北新報)