2004年03月29日

旧友からの手紙。

手紙じゃなくてメールだったのですが、
なんとなく「手紙」って書きたくて。イメージイメージ。

この日記を読んでくれた、高校時代の友人からメールが来ました。
「読んでたら激励メールを書きたくなったよ」って。

なんかね、泣いちゃったんですよね。うれしくて。
歳をとって涙もろくなったのか。おばあちゃんなのか?

その子とは特に一番仲が良かったというわけではないのだけど、
でも何となく微妙な話とか悩んだこととか話せる関係で。
進路とか将来とか恋愛のこととか話したものでしたー。あー恥ずかしー。

高校の頃に自分が人に放った言葉とかね、
回収出来るものなら回収したいですよ。
掃除機でガガガッと吸い取って、カスも残らない程燃やしてしまいたい。
彼女にも「あのときのアレはなしにして!」って言いたいことがあります。
まぁ覚えてないかも知れないけど(笑)。そういうものですけどね。

自意識過剰で、でも卑屈で。それゆえに何の躊躇いもなく刺を放って。
その上、それに気付きもしなかった。あの当時の私。
おや、何だ今と変わらんじゃないか。駄目なオトナだー! おーい!

特に許せないのは自分をオトナだと思っていたところですね。
穴を掘って埋めてやりたいよ、あの頃の自分を。
ああ、思い出すほどに恥ずかしさが募ります。うう。耐えられん。やめよう。

そんな時代を一緒に過ごした友人が、今もメールをくれること。
こういうものこそが人生を生きる意味のような気がしてきます。

未熟でデコボコでいいから、誠実な人間でいよう。
いつまでも、昔の友人に笑顔で会える自分であろう。
そんなことを思いました。


(T_T) 今日のことば
「ゆーみんの事想える自信は誰にも負けへん」
私、あいのり大好きなんですけど。あ、月曜夜の恋愛観察バラエティーね。
今日告白があったんです。結果はまだ分からんけども。
誰かのこと想える自信は負けないって、さ。
すごく率直で、んー、これまた泣けちゃって。言われたい。こんなこと。

p65 at 16:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔