2003年06月

2003年06月30日

そして千秋楽。

ついに迎えた楽日。

昼の公演、「月曜日のお昼なんてガラ空きじゃないかな」
なぁんて心配は吹き飛びました。
何と120人以上のお客様が来てくださった。
前回公演のアイピット目白だったら、それでもう満員御礼だった。
すげぇなぁ。

すると当然心配になるのが夜の公演。

とうとう、若干名のお客様にお帰り頂くことになってしまいました。
頑張って頑張って客入れしてくれたらしいんだけど、
もう限界値だったらしくって。

舞台上からもその凄さは分かりました。
そしてそのお客様の数に負けないパワーを、
役者陣も発揮していたと思います。

何しろリーダーから「今日はもう、好きなようにやってくれ」と
一言頂いていたので。

舞台上を本当に自由に動き回った役者たち。
皆、その役として、必死に不器用に魅力的に生きていた。

いい芝居だった。
お客様からの声も、素晴らしい感想を大量に頂きました。

夜明けまで続いた打ち上げでは、
号泣するものが何名もいて。
アンケートの山に埋もれながら、
役者たち全員幸せいっぱいでした。

こんな私と一緒にやってくれた役者さんたち、ありがとう。
素晴らしい芝居に完成させてくれたスタッフさんたち、ありがとう。
そして客席から一緒に芝居を作ってくれたお客様たち、ありがとう。

小松ぴろこは本当に幸せです。

p65 at 12:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2003年06月29日

恐れていた日曜日。

何を恐れていたかって?

それは、お客様の多さ。

「もしかしたら入場出来ないお客様が出るかも」と
びびりまくった日曜日でした。

素晴らしい制作陣のおかげで、ベンチ型のシートまで持ち出して、
ギリギリまで客席増やせて、どうにかみんな観てもらえたらしい。
ひと安心。

夜の回にはビデオ撮影が入りました。
なのに台詞間違えちゃった。てへへ。

ビデオが入るとどうしても客席の空気が固くなってしまうので
すご〜く心配していたのですが、
最初こそなかなか場が温まりにくかったものの、
中盤からはいつも通りで、楽しんで頂けたと思う!

モリエールにいっぱいの180余りのお客様が、
一斉に笑ってくださる瞬間はすごいものがあります。

今日は、「この芝居を客席から観たい!!」って思ってしまった。
いやもちろん、出ていたい気持ちはその何十倍だけど。
でも観てみたい。

私、きっと泣いちゃうなぁ。

p65 at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月28日

一日2ステージ、始まり。

今日から三日間、一日2ステージの日々。
本番一時間前に必ず飲む栄養ドリンクも、
もちろん2本に増量。

お昼のお客様も、夜のお客様も、とてもあたたかかった。
それは初日から変わらないことなんだけど。
なんだか「面白くて当たり前」だと思って頂けている気がします。
だからお客様も幕が上がったときからテンション高いの。

今日、見に来てくれた友人が、
終演後泣きながら出て来てちょっとびっくりしました。
「途中からずっと涙が止まらなかった」って。

いい舞台をやれているんだなぁ、と感動。
開店花火の芝居は、演劇ファンの人よりもむしろ、
演劇とか普段そんなに見ない人のほうがより面白がってくれるみたい。

自分達としてもそこを狙って、というか目標にしているので、
今日はそこがうまくいけてる気がして嬉しかった。

目新しい芝居をしなくちゃいけないなんてこれっぽっちも思いませんね。
笑って、泣いて、いい気持ちで帰ってもらえる芝居。
それ以上の何があるっていうの?

p65 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月27日

開店花火に中落ちなし。

よく言われることです。
「二日め、三日めがやばい」って。
初日に入ってた気合いが、抜けちゃうんですね。
いわゆる「中落ち」ってやつです。

でも。開店花火にはこれがない。
初日から千秋楽まで、上りっぱなし。
毎回毎回、役者の呼吸が変わって行くので、
もしかしたら全ステージ見ても飽きないかも知れない。

そういうわけで、今日も弾けた芝居だった。
魅力に溢れたメンバーに囲まれて幸せです。

リーダーはよく「観客が一番の演出家」と言います。
今日は特にそれを実感しました。
お客様の呼吸を感じる余裕が出来たのかな。

p65 at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月26日

初日。

どうにか無事に迎えた初日。

モリエールにいっぱいのお客様。

あらゆる意味で、
いいスタートを切れたと思いました。
うん。

芝居のラストの雰囲気を大事にしたかったから
今日はカーテンコールをしなかったのですが、
アンケートに「拍手したかった!!」というご意見を沢山頂いたので、
明日からは最後のご挨拶を決行することに。

夜は初日打ち上げしました。
盛り上がった。まるで打ち上げのように。これからなんだけどね。

あ、そうそう、何と土日はソールドアウトになってしまいました。
すごい! 期待に応えて頑張らなくちゃ!!

p65 at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月25日

ついに小屋入り。

腰が抜けるかと思った。
セットが凄くて。
ロビーで制作関係のお仕事に大わらわで、
リーダーが興奮した面持ちで「小松ちょっと来い!」と言うまで
セットがどんなことになってるか全然知らなかったんだけど。
一歩劇場に踏み入れて、どびっくり。
そこに二丁目があった。
このセットを味わえるだけでも、チケット2500円は安いと思う。
これにいつも好評の照明・音響も加わるんだなぁ。
素晴らしい。
そしてそれらに恥じない芝居をしなければ。
最高のプレッシャーだ。

p65 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月24日

小屋入り前日。

今日は朝から稽古して、夕方に稽古を終えて、
各自家に早めに帰って明日に備えました。

そして今日の稽古で、ここへ来てやっと、
私は自分がどう芝居をすればいいタイプなのか
分かったような気がしました。

それは、リーダーからダメ出されて。
「役としてじゃなくてお前が必死になってる姿見せてどうすんだ」って。
で、「その役にお前の身体を貸してやれ」って言われたので。

すとん、と気持ちが楽になったんです。
「そうだった。そうすればいいんだった」と思って。

で、役を自分に瓢依させるつもりで集中したら、
なんだか全身から余計な力が抜けてふわふわしてきて。

これで本番いけるぞって感じになりました。
で、最後の最後の稽古で、リーダーからOKもらえました。

良かった。ああ、これで本番頑張れる。
と思った、小屋入り前日。

帰りがけに、衣裳用の見せブラに入れるパットを買った。
せめてもの増量。(T_T)

p65 at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月23日

小屋入り前々日

私を含めて若干名のみ夕方から稽古に参加。
その他は午後イチから稽古していました。

音響のセニョールさんが来てくれて、
音合わせしながら稽古が出来ました。

セニョールさんの今回一番こだわったポイントは、
お祭りの音だそうです。
芝居の中で、少し離れたところでお祭りがある場面があって。
その、少し遠くから聞こえる距離感に、
相当こだわってくださったそうです。

そういう数え切れないこだわりがあるからこそ、
楽しめる作品が成立するんだなと。
そんなことを考えた、小屋入り前々日。

美香とちょっと喧嘩しました。
昨日、ここにちょっと書いた、意見の食い違いから。
そして中学生日記みたいな仲直りをしました。
友美は隣でおろおろしていた。
いい年して、恥ずかしいんですが、泣きながら仲直りしちゃいました。
それでわだかまりがなくなって、いい芝居が出来る関係になれた。
美香、ごめんね。大好きだよ。

今日のことばは当分おやすみいたします。
日記だけ書いていくのでよろしく。

p65 at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月22日

さてさて困った。

雑務も色々片付いて来て、
もう本当にすぐ、すぐ本番。

そんな今日、三姉妹はまた再び怒られ通しでした。

なんだろう。全然自由にやれなくなっちゃったんです。
私は、「毎回違うことやったる!」と思ってやるときの
三姉妹の雰囲気がすごくいいと思っていて。
なのに何だか「OKもらったことしかしちゃダメ」みたいな
そんな縮こまった気持ちが発生していた気がする。

でも夜中にミカとトモミに電話したら、
考えてることがまたちょっと違って話がうまく出来なくて。

うがぁ〜っと混乱して泣いてしまい、
気付いたら眠ってました。
やっと自宅に帰れたの。自分のベッド。嬉しい。
気持ちも身体も疲れているんだなぁ…。

でも明日にはきっと三人で話せて、
そしたらきっと三姉妹は不調を抜けだせると思う。

稽古でいっぱい悩んでいっぱい苦しんだ人ほど、
本番で結果が出るんです。
これは開店花火の法則。


(>_<) 今日のことば
「何してもいいんだから」
リーダーに今日言われたこと。
三姉妹は、ここまでさんざん努力してきたんだからって。
もうどんなものを出しても面白いってところまで来てるんだからって。
そう言ってもらいました。
なのになぜ何も出せなくなってるんだって、怒られたんです。
ここまで言ってもらえて稽古も付き合ってもらえてるのに、
まったく情けない。情けないです。
明日は違うぞ。そして本番はもっと違うぞ。

p65 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年06月21日

あ、土曜日?

そっか、今日はもう土曜日ね。
曜日の感覚なんて全くないよ。もう。
家にもなかなか帰れてないよ。ふう。

でもこんな本番前の感覚、大好き。

今日はスタッフさんたちがずらりと揃って、
その前で通し稽古をしました。
待機していて、オープニングの曲が流れたとき、
もう本番のような気がしてたまらなかった。
じ〜んとした。

ああ、早く本番やりたい!!

なんて言っておいて、あんまり出来が良くはなかったんですが。
まぁ初めての通しだったから。面白いとこは面白かったし。

しかし私自身はほんとダメだったぁ〜。ふわ〜。ダメ役者。
プレッシャーに弱いのねぇ。
本当の舞台に上がってしまうと、腹がすわって全然平気なんだけど。
やっぱりスタッフさんに見てもらうのって一番緊張する。

がんばれ私。


(*_*) 今日のことば
「折込も殺到」
チケット完売するわ、折り込みも多すぎて締め切るわ。
なんだか今回、怖いことになってきている。
時代か? 時代が来ているのか??

p65 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)