2004年04月

2004年04月30日

GWは携帯から。

今日からは携帯から更新しまーす。
家でもネットしまくりたいなあー。
でもお金がないのだよ!けっ。

今日は、このお休みを最大限に休んで疲れを癒して、
体調不良にケリをつけるべく、睡眠とります。
寝るぞー寝てやるぞー。うがー。
そして明日は稽古頑張るぞー。うがー。

フッと力を抜く瞬間を上手に作れるようになりたいな。
一緒にいるだけで癒されるような存在が側に欲しいー。
でも動物でも人でも、養ってあげられる収入がない!
むしろ養われたいもんなあ。ふが。駄目じゃん。挫折。

…深夜に携帯から日記書くと、本当にとりとめないや…。
まあいいか。更新しちまいますッ。駄文!
おやすみなさーいっ(逃げるように…)。


(*_*) 今日のことば
「寝れば治る」
小さい頃から、頭痛いとかお腹痛いとか親に言うと、
まずこう言われて寝かされました。
治るんだよね…たいがい。はは。

p65 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月29日

昨日今日と。

コンディションが最悪ですー。えーん。

会社でも集中できず仕事が間違い続きになってしまったり。
そして今日はついに稽古を休んでしまいました。
稽古場に行こうにも、最寄りの駅までも辿り着けなかったのです。
腹があまりに痛くて歩けなくなってしまった。

うー身体が駄目だと何でも駄目だー。
明日も幸いなことに稽古が休みなので、
とにかく気に病まずに休もうと思います。
早く回復しないと、復活しないと。

がんばってくれ、私の細胞たちよ!!


(T_T) 今日のことば
「病は気から」
…と言うけれど、「気も病から」だよなぁ。

p65 at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月27日

ポジティブしんきんぐっ。

今までも稽古の休みの少なさにヒイヒイ言っていましたが、
なんと今週からはほとんど休みなし! 稽古ないのは週1回のみっ。
ひえええ。た、大変だぁー。

でも毎日稽古だと、頭がそれだけでいっぱいになるから、
ぐいぐい色んなところが伸びていくので楽しみです。
↑偉いぞ、ポジティブ!

しずくまち♭という劇団は人数的に女性の割合がものすごく高いので、
仕込み(舞台セットを建てたりすること)や
バラシ(舞台セットを片付けたりすること)に男手が圧倒的に足りない。
で、今日は開店花火関係の男性たちにちょこちょこと助力をお願いしました。

そしたら皆、めちゃくちゃ返事早くて!
(まぁ、すぐ返事くれそうな、最近会ったりメールしたりしてる
良い付き合い出来てる人たちを狙い撃ちしたんですが)
ちょっと感動。私、意外と仲間いるんじゃん?

それで夜遅く、当然のように仕込みを手伝ってくれる開店花火の和田と、
なんとなく長電話をしました。

ヤツと話していると気持ちがとても上向きになるのです。
いいやつなんですよ、大好きなんですよ、電話だと…。
(なのに会って話すと何故あんなにカチンと来るのだろうか? 謎だ!)

色々と、気持ちの栄養をもらいました。
自分を追い込むのも必要なことだけれど、
それがプラスの方向に向いてなくっちゃ勿体無いばかりだもんね。
あと、自分の良い部分を見つけ出すってことも大切なことだ。
そういう話が出来て、とってもさっぱりした。

その後は、開店花火の次回公演は和田と恋愛する役になるので、
「こんなカンジでやっていこうね!」みたいな気の早い会話をしたり。
まだその部分なんて脚本の案さえ出来てねぇっつうのに(笑)。

最後はお互いを讃え合って(あんた良い役者だよ、とか。あほ同士…)、
開店花火らしく熱過ぎる感じで電話を切った。
それで久し振りにゆっくりお風呂に入って休んだら、
すごく温まって調子が良くなりました。気持ちも身体も。

ああ、いいお芝居できる気がしてきたなあ。


(^▽^) 今日のことば
「本番ありき」
テレビのコマーシャルか何かで、広末涼子さんが言ってましたよね。
特に好きな女優さんというわけではないのですが、あれはとても好きです。
本番になって、お客さまを前にすると、分かることがたくさんある。
私は初日にいっつも芝居しながら大感動してる人なんです。
「ああ、そうだ、こういう物語なのだった!」とか思うんです。
お客さまが自分から何か受け取ろうとしてくれてるのを感じる。
一緒に芝居を作っていることを感じる。
だから本番が大、大、大好きです。
伝える対象であるお客さまがいない稽古場でも、それをやらないとな。
イメージだよイメージ。

p65 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月26日

抗生物質で生き延びろ!!

持病再発!!

この日記の愛読者でいてくださる方々は何の病気かお気付きでしょう。
毎日稽古の連続で、私の身体の免疫力はついに尽きました。
抗生物質で生き延びろ、私!!

…って本番まであと3週間もあるんですけど。

早く気候が良くなって欲しいよう。
雨降ったりとか夜に急に冷えるのとかマジでごめんです。
腹が冷えるのだ! 腹がっっ。ええ? お天道様ようっ。

稽古はどうにか持ちこたえたものの、帰りの電車でもう体調やばくて、
帰宅してからは慌ててホッカイロを腹に貼付け何とか夕食を飲み込み、
転がるように自室へ戻って腹を抱えて丸まっていたら、
気付いたら朝でした。
脚本を握りしめて眠っていました。泣けるなぁ(笑)。

本当は私ってもっと頑丈な身体をしているはずなのですが、
春の気候の不安定さは非常に苦手!!
嫌な季節だなぁ〜。早く夏になってほしいよ〜。

でも栄養ドリンクに手をつけるのはまだ我慢します。
それはなるべく本番だけにしたい。
過剰に頑張れてしまうと、どうしても反動が来るのでねぇ。

きっと役者が職業になったのならば、今より身体は楽なのだろうな。
日銭稼ぎの仕事をしなくていいわけだから。
まさに四六時中、芝居のことだけ考えていられるんだもんなぁ。素敵。

そのためには今ここを超えてやる、と思ってるんだけれどー。
現実ってキビシイ。私って本当に力が足りない。あらゆるイミで。

ガッツが足りねぇ!!

今出来ないことは、決して私という人間に不可能なことではないのだ。
出来ないことがあるということは、これから出来ることがあるということだ。
そして自分は現在も、何一つ進歩していないってわけではないのだ。
今は四方を壁に塞がれて何も見えないような気がしていても。
小さな「出来たこと」を積み上げていったとき、
少しだけ高いところでもう少しだけ広い世界を見ることが出来るのだ。

I Can Fly !!


(>▽<) 今日のことば
「平田ぼっち」
開店花火のリーダー平田氏のコーナーを改名しました。
そしたら早速、更新されていました。良かった。楽しみです。

p65 at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月25日

もうリハーサル!

昨日に引き続きしずくまち♭の稽古です。
しかも今日はリハーサルでした。
公演の3週間半前にもうリハーサルを…! 早い…!
開店花火ではあり得ない展開に改めてショックを受けるワタシ。

稽古場に入ると、舞台の実寸に合わせて切ってあるブルーシートが敷かれ。
アップしているうちに続々とスタッフの方々がいらっしゃる。
そのスタッフの方々を前にして、初めての通し稽古。
ま、音楽との合わせ中心なので、結局は部分的なものだけれど。

そして私はと言えば。
スタッフさんたちというギャラリーが存在することで、
自動的に異常にテンションが上がっていました。
なんて体質なの…っ。恥ずかしいわ。でもこんな自分が好き(←ばか)。

でも昨日に引き続いて出(「で」と読む。舞台に登場すること)を間違う。
今日は逆にフライング。勢い良く駆け出ようとしたら、まだだった。
やれやれだわ。

そうそう、それから、今回の芝居で私は小道具がとても多いのですが、
特に大事なアイテム「手押し車」がほぼ出来上がって来たのを見ました。
とっても雰囲気があって素敵なカンジぃ〜。
これを押しながら登場するのだわっ。わくわく!!

音楽も入って気分も盛り上がって、楽しくてたまらなかったです。
本番はこれに照明も入るのだわ…! うはぁ、楽しみ…!!
その世界の中の住人になれるって、ほんとに、何て幸せなことだろう!!


(>_<) 今日のことば
「非常ベル」
昨日書き忘れてしまったのだけど、ユイの芝居を見て来ました。
その劇場のビルで工事してる関係で、開演前と開演直後何度か、
非常ベルが鳴りだしてしまって、あれは気の毒やった。
その中で集中力を持続して舞台をこなした役者さんたちに拍手です。
ていうか工事関係者が憎らしかったね。
私たちのような劇団が一回のステージにどれだけかけてると思うのッ。

p65 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月24日

きゃっち・あ・こーるど。

風邪をひいてしまいました。ついに。
今年の冬はどうにかひかずに乗り切ったと思ったのに、
やってしまった。春になって。油断した。

熱とかだるさとかは多分大したことないのですが、
やたら咳が出るのでマスクをして過ごしました。
稽古もマスクをして行ったので(他の役者にうつすわけにいかない!)
「風邪?」「大丈夫?」と聞かれまくる。

風邪アピールしたいわけでなく迷惑かけないためのマスクだからと、
いかにも風邪づらしてるくせに「全然平気」と答える私。
これじゃやせ我慢している健気な女を演じているかのようだ。失敗か。

と、いらんことを悶々と考える。体調不良時特有の癖です。

そしてマスクしてたせいかのぼせたようなアタマで稽古していたら、
セリフを忘れる上に出とちる。最低。
ナオミじゃあるまいし(これでまたナオミにどつかれるー…)。

でも稽古後には少し公園で稽古の続きをして、なんかいい気分で。
(公園で通りすがりの人に見られるのも気にせず稽古するとか、
下積み生活っぽくて何だかとても好きなのです〜笑)
帰り道は色々助言をもらったりとか出来て、ちょっと気持ちが切り替わり。

明日は風邪を跳ね返す集中力で臨もうと。
それにはまず浅田家でぐずぐず弱音を吐いてスッキリしようと。
リーダーとナオミとユウコが制作会議をしているところへ向かったのでした。
結局、弱音吐くより脚本の構成づくりだったけどね。
当たり前か。そのために呼ばれたのだった。


(-_-;) 今日のことば
「have a cold」
リーダーも風邪をひいています。
ですか彼の場合は今に始まったことではなく。
おそらく前回公演が終わった直後からずっとひきっぱなしです。
「catch a cold」でなく「have a cold」ですね。
野菜食べないからだよ。やれやれ。

p65 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月23日

給料日の贅沢。

江戸っ子になりたいです。
もらった給料をその日の夜にぱあっと使い切ってみたいね。
宵越しの金は持たねぇ!ってなもんよ。

無理だけど。

でもどうしても給料日は気が大きくなってしまって。
久々に豪華な外食をしてしまいました。
美味しい魚を食べた。ヤマメの塩焼きなんかもあったよ。
ちょっと二丁目のグッドバイの自分の役(釣り好きの次女)思い出したり。

そしてまた黒糖焼酎を飲みました。
芋焼酎はいつもお湯割りで飲むのですが、
最近ちょっと変わった焼酎をロックで飲むのが好きです。
この前誕生日祝いにもらった紫蘇焼酎もロックで飲んだ。

焼酎って「美味しい」というか「楽しい」という感じがします。
味わうというか、楽しむという感じ?

…うはぁ、痛いなぁ私。すげー酒好きの女のコメントだ。

ま、結婚もしない二十代後半の女なんてこんなものだよな。
負け犬ワールドへまっしぐらっていうの? ん? そう言いたいの?
着物にはまっちゃったりね〜、その匂いぷんぷんすると思うの自分でも。
だけど幸せだからいいんだっ。自分大好き!(笑!)

気分良く帰ってから、開店花火のリーダーと電話で脚本打ち合わせ。
実はまだ具体的には1文字も書けていないのですよ。
ばらしちゃった、ふふ。怒られるかな、ふふふ。


(*_*) 今日のことば
「八重桜」
出っ歯の人のことをそう言うんだって、母から聞いて初めて知った。
花(鼻?)より葉(歯)が先に出るからなんだってねー!!
面白いなぁ〜と思って。

p65 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月22日

経歴。

今日、私の演劇経験というか、簡単な経歴を聞かれました。
これ聞かれるとすごくおろおろしてしまいます。

改めて考えると、演劇経験と言えるのって、
開店花火の旗揚げからだと思うんです。
ということは私って芝居歴3年。…浅っ(歳の割に)。

実は中学時代に演劇部の部長をしていたりするのですが〜。
でもまともな顧問もいなかったし、一応先輩方が色々教えてくれたけど、
かなり自己流な感じだったので、今思うと恐ろしい。
風邪ひいて声が出ないと言ってる子に、
「風邪ひいてるときの方が喉に負担かけないように声が出るから
ちゃんとした発声が出来るはずだ」なんて言ってた人いたしね。
もともと出来ない子がそんな状況で声出したら喉潰すっつーの。

中学の先生方(生徒会と演劇部してたため妙に顔が知られてたわけで)には
そのまま演劇道を突っ走ることだろうと思われていたみたいだけど、
私はあっさり演劇を捨て、高校では男子バスケ部のマネージャーに。
…そうです青春してみたかったんです…!

続いて大学では水泳サークルで。演劇とは遠ざかるばかり。
そこへどこからか私が中学のとき演劇部だったと聞きつけた子が、
「劇団作ろうと思うんだけど入ってくれない?」と言ってきて。
暇だったので入ってみたけど、色々稽古した割に、公演打つ前に空中分解。

もう演劇は本当にいいや!! …と思ったはずなのに、
社会人になったら同僚が社会人でも出来る劇団に入らないかと誘ってきて。
そこから現・開店花火の主宰の平田と会って、
開店花火旗揚げと相成るわけなのですなっ。

こうして振り返ってみると、
もういいやと思い続けながらも捨て切れなかったものに、
結局囚われてしまったという図式が明々白々。
そう言えば小学生の頃から友達と児童劇団に入ろうと相談してたりしたな。
もっと早く本気になっとけば今頃こんな苦労してなかったのかしら。

…いや、もっとタチの悪い苦労をしていた気がする(笑)。
やはりこれで良いのだ、私の人生。


(-_-) 今日のことば
「脳細胞が死んでゆく」
最近、その日の日記を書いてから「これ前に同じこと書かなかったっけ」と
悩んでしまうことがよくあります(今日もそう)。
読み返すには余りに膨大な量なので「気のせいか」と放っとくんだけど。
(ネタは重なっていたとしても、書き方は絶対違うはずだし)
しかし…。ナオミがよく、もの忘れを追求されて、
「日々脳細胞が死んどるんじゃい!」と逆切れするのですが…。
そういうことかな…と不安になったりして…。ははは…。

p65 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月21日

ダカーポ。

マガジンハウスが出してる雑誌に「ダカーポ」ってのがありますね。
私は就職活動前後、この雑誌のすごく熱心な読者だったのですが、
ここのところすっかりご無沙汰でして。
そしたら今日、コンビニに置いてあったダカーポの見出しが、
突然目に飛び込んで来た。
---
「みんなに好かれたい」と思うからつまずく
「嫌われてもかまわない」自分をつくる
逆説的人間学。
---
ふう〜ん、何とも今の私に買ってくれと言わんばかりの特集じゃないのと
かなり久し振りに買って読んでみました。

雑誌の特集って、読む前に抱いた期待の半分が満たされれば良い方ですよね。
ダカーポの今回のもそんな感じだった。
結局見出しの3行の文章で結論は出てるんじゃないか?という。

で、特集よりもすっごく気になったのが連載の「日本の人妻歳事記」。
今回は島崎藤村の二番目の奥さんの島崎静子さんを取り上げてるんですが。

藤村ってひっどい男だったのね〜、知らなかった(国文専攻なくせに)。
「自らスキャンダルをおこし、それを自分で描くという
「自分週刊誌」的作家だった」んだってさ! うわ〜うわ〜。
「まだあげ初めし前髪の」とか言ってる場合と違うよ!
自宅に預かってた姪を妊娠させた上に中絶を強いてフランスへ逃げ、
三年後に帰国したらまた肉体関係に陥ってみたり。最悪だ!!

そんな男の最後を看取った奥さんというのが静子さんなのね〜。
藤村が没したとき彼女は「藤村に手をにぎられながらも
私の頭は冷淡でした」と述懐しているということだ!
怖い。怖過ぎる。

結婚ってなんだろう…男と女って何…?と目の前が暗くなったのでした。
私は一応まだ結婚に夢を持っているのですが。。。


(>△<) 今日のことば
「カビ生えてるんじゃないの?」
やっと名刺が手元に届きました。きゃはっ。嬉し♪
実は印刷はずっと早くに出来てたのですが、
なかなか私もリーダーも取りに行く時間がなくて。
リーダーは冗談で「カビ生えてるんじゃない?」と言われたらしい。
はは、きっと開店花火のメンバーたちも待ちくたびれただろうな…。

p65 at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年04月20日

アップダウン。

良いことと嫌なこととが代わる代わる訪れてます。
人生ってそんなものよねぇ(←なにさま?)。
まぁ私の場合は良いのも悪いのもトテモ些細な問題ですが。

まず、嫌なこと。
昨夜駅前に自転車を放置してしまってて、
今朝取りに行ったら撤去されていた。早っ!!
せめてさ〜、札付けて一日待つとかさ〜。してくれよ〜。頼むよ〜。
ああ…何にもならない二千円が飛んでゆくのか…っ。むごい…っ!

でも次に良いこと。
しょんぼりして会社に行ったら何故かすごく暇で、
ちょうどいいやと開店花火のチラシデザインをあれこれいじってたら、
何だかとっても爽やかでちょっとアホで素敵な感じのが出来てきて。
夏っぽいの。絵を作ってて楽しくなってきちゃった。
早く皆様にお披露目したいわぁ〜♪

…と、うきうきしてパソコンに向かっていたのはいいんだけど、
またもや嫌なこと(というか困ったこと?)。
どうにも咳が止まらないのだ。こんな時期に風邪かー!?
本番一か月前なのに、喉がやられるのは嫌だ! 嫌だってば!

喉にイガイガを抱えながら少し凹んでしずくまち♭の稽古に行ったけど、
そこで今度は良いことが。
私のハケ(舞台を退場するって意味)を見たいからちょっと動いてと言われ
その場面をやってみたら、何か良い感じだったみたいで。
良かった!と親指びしっと立てて言われてすげー嬉しかったです。
ぴょんぴょん飛びたかったほど。飛ばなかったけど。オトナだから。
明日稽古休みなんですよ〜寂しいなぁ〜。

とまぁ、そんな一日でした。てへっ。


(^_^) 今日のことば
「セリフ合わさせてくれる?」
開店花火でも、しずくまち♭でも、稽古場でよく聞かれる会話です。
空き時間などに、絡みがある役者とセリフをぼそぼそ稽古するのです。
自分よりも年上で上手な人がこういう風に稽古してるの見ると、
私も頑張ろうと思うと同時に、すごく嬉しくなってしまう。
「ああ、この人もやっぱりお芝居大好きなんだぁ」などと思って。むふ。

p65 at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)