2005年04月

2005年04月30日

結婚式二次会。

05-04-29_20-46.jpeg大手町のホテルで友人の結婚式二次会。
当然着物です。母の若かりし頃の紅型。

友人とは考えてみたら小学校から高校まで
学校はずっと一緒だったんだけど、
クラスが一緒になったのは小学校だけで、
近くて遠いちょっと不思議な関係。

でも小学校の頃にはおうちに遊びに行ったりしたもんで、
最後にお母さんからの手紙が読まれたときは、
思わず号泣してしまいました。

友人は黒地の振袖を着て可愛いブーケを持ってて、
「私もそんな風にしたいと思ってた!」という姿。
振袖着られる最後と思うとしみじみするし、
親が成人に際して作ってくれた着物に袖を通すのが、
感謝の気持ちが篭ってて素敵!!そしてすごく可愛かった!!

笑顔の似合うお二人、末永くお幸せにー!!

p65 at 07:51|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月29日

繋がりの連鎖。

05-04-28_22-47.jpg昨日はお芝居を見て来ました。ずっと気になってて行けなかった劇団、動物電気さんの公演。スタッフさんの繋がりのおかげでチケット用意して頂けて。ラッキーラッキー。
学生演劇が持ってる独特のライヴ感を文句なしに笑えるとこまで高めてて、初本多劇場でも気負い込み過ぎるような意識の仕方をしてなくて、楽しかったの一言!
あれもあれも面白かったなーとか思い出し笑いをしながらロビーに出たら、いつもお世話になってる方がたまたま来ててびっくり。そしたら色々な方に紹介して頂けて。美味しいお店に連れてってもらって飲んでご機嫌になってから、打ち上げ会場にもチラッとお邪魔出来てあちこちご挨拶出来たり。びっくりの連続でした。
予想外に濃い日になりました。何だか最近対人運が良い気がします。むふ。あ、画像は、帆立貝の炭火焼き!!でかくてうまい!!これで一個二百円は安い!!


(*_*) 今日のことば
「どこかで見ましたよ」
絶対どこかで、出演してたか何かで見ましたよと、
お会いした役者さんに言って頂けてオロオロしました。
悠然とありがとうございますとか言えるようになるのはいつの日か…?

p65 at 20:43|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月28日

反省メモなど。

昨日の私の顔、肌荒れというよりクマがすごいな。怖いよ。

昨日の稽古も何と言うか壁、壁、壁、という感じでした。
なんだか開店花火らしくないような〜。ふむむ〜。

稽古でアホみたいに自分達で笑い転げてしまう、
そんな雰囲気に慣れているのでぎこちない。
じりじりもがいてる感じはこれはこれで悪くないけど、
でももっと自分に素直に突き抜けたいー。
そもそも、こ難しい芝居をやりたいわけじゃないので、
こ難しく考えながら稽古してる雰囲気はやっぱ不適切。なはず。

ま、でも、いつにないこの感じが、
もしかしたら今の私たちに必要なものなのかも知れない。
これを超えたらすごく面白くなれるって気がしてなりません。
そう考えると楽しみ過ぎてぞくぞくする!!

それに今週末にはいつものスタジオに入って
固定の稽古場で思う存分稽古が出来るわけなので。
そしたらテンションも空気も上がってくるでしょう!
自分達のことを笑い飛ばそう!
そして上昇気流を巻き起こせ!!
まず自分から、だな、うん、よし!! やるぞ!!

あと平日の稽古でいっつも思うのが、
やり切れなかった…!!ということなんですっ。
平日は夕方からで稽古時間少ないからと思って
色々とイメージしたり備えて行くんだけど、
時間の少なさに変に焦ってしまったりして、
何だか結局手応えがないままに終わっちゃうことがある。
そういうときはホントじたばたしたくなります。
せっかくの時間と空間がもったいなーい!!
私のばかー!! …と思う。

でも、やり切れなかったこと自体にも、
学ぶべきところは山ほどあるから。
無駄なことなんてひとつもない。学習。実践。

稽古の後は音響さんとの打ち合わせでした。
初めてお願いする方なのでドッキドキでしたが、
淡々と穏やかで、それでいて楽しい方で、
安心してお付き合い出来る!って一発で思いました。
いやあ良かった。ますます楽しみ。
スタッフさんも全員一緒に面白がってくれるような
根っこから愉快な公演にしたいです。

そしてその関係で、今日は急に観劇予定が入りました。
本多劇場に行って来ます。ラッキー。
楽しみで今からそわそわ。

そうだ、下北でラッシュのシャンプーとリンスも買お。


(>□<) 今日のことば
「何で可愛い子ぶってんのか理解出来ない」
昨日の私は、やりたいことを頭で想像しちゃってたもんで、
上っ面な感じで変なことになってしまってまして。
なので上記のことば通り怒られた。
もちろん、可愛い子ぶってるつもりはひとかけらもないわけです。
なのに何故そう見えるのだ、何故だ何故だと思いながら稽古して、
ようやく分かったのは稽古後のこと。
ほんと、もったいない。結局のところ集中が足りねーんだ。
ばからしい。二度とするなよ私。…という記録。

p65 at 16:28|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月27日

稽古へ!

05-04-27_18-17.jpg肌荒れ休暇いただきます!ってコマーシャルがありましたね。今日はそんな顔です。やれやれです!
でも今から稽古です。電車待ち中。う〜んテンション上がってきました!今日もバリバリ行くぞう!おう!
稽古始まると服装に構わなくなってきて、日に日にもっさい格好になってきます。うっかり稽古着で帰りそうになるほど。劇団の中では、もう男女とかないので!
…と都合良く思い込んでるけど、みんなはそうでもなかったらどーしようと思う今日この頃です。あ、電車来ましたー。では脚本読みながら行ってきますー。
あ、ホームページに役者紹介更新したので良かったら見てくださーい。(これが本題)

p65 at 18:28|PermalinkTrackBack(0)

早起き!

今日は四時半に起きてDM作業をしていました!
知り合いや友人の皆々様に公演のご連絡をするのです!
無理かなあと思いつつ目覚ましセットして寝たけど
ちゃんと起きられた…! そのことに感動しました!

予定的には木曜日に終了したいところなのだけど、
どうかなあ、間に合うかしら。
ていうか既にオンライン予約は始まってしまってて
遅いよ!と怒られかねないのだけど〜。
DM送ってないのにチケット頼まれたし〜。

あとオンライン予約は着々と増えていまして、
今回は小屋も小さめだし満席になりまくるかも…!
どきどき…!!


(-_-) 今日のことば
「ご了承の上、お求めください」
近所のダイソーに行ったら300円の品物がありました。
100円ショップじゃないじゃん。

p65 at 17:09|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月26日

土曜夜から日曜。

土曜夜に高校時代のクラス会がありました!
すごく思い出の多いクラスだったから、
私にとってかなりのビッグイベントでした。
劇団関係のことを外したら、今年1、2を争うくらいビッグイベント!

でも土曜は当然ながら稽古でして。
着くのが23時過ぎで二次会終了時刻になってしまったので、
もう殆ど帰っちゃってるだろうなあと覚悟して会場に辿り着いた…ら!
なんと20名ほど残ってて!びっくり!!
ああ、もちろん別に私を待っててくれたわけじゃなく、
とにかくその会が盛り上がりまくっていたのですけどね!!

そこから三次会に移動したのですけど、
三次会へも20人近くの人たちが参加して、凄かった。
結局四次会まで。もちろん始発まで。
楽しかったなあ。稽古後だってのに眠くもならずひたすら喋って。
深い話(なんかもう生き方についてとかそんな話まで)語れたりもして
公演前のこの時期にいい刺激もらってすっごく良かったです。

それから始発で某メンバー宅へ向かったのですが、
乗り過ごして終点まで行ってしまい、戻ったらまた二駅ほど乗り過ごし、
また折返したらそこでも一駅乗り過ごし、次でやっと乗り換え出来た。
メンバー宅に着いたのは7時半でした。1時間ほど無駄にした。
友達に引っ張られて一緒に座って電車に乗ったはずなんだけど、
彼とは一体どこで別れたのか記憶にない…。眠すぎて…。

でも辿り着いたメンバー宅で脚本と、あとちょっとした作業をやって、
(…実は作業は殆ど私の分も済ませていてくれました。大感謝)
その作業の完成品をナオミの家へ持ってって後をお願いして、
それからリーダーに誘われて何となく連れられて池袋へ。
ちょいちょい会ってて本番も手伝ってもらったりしてる可愛い女子(役者)と、
彼女が今携わってるという劇団の若者3人と、飲み。

リーダーの話に触発されて「兄貴と呼ばせてください」なんてな感じで
熱くなっていた若者たちが非常に好ましかったです。
リーダーは本当に年下男に人気。ああ、おじさんにも人気。
こう書くと怪しいか。まあいいか。
頑張るぞ!なんて言ってるのを聞くと、負けねえぞ!って。
単純にそう思えてこっちもテンション上がります。楽しい。

盛り上がってる様子をほのぼのと眺めていたら
昨夜のオールがさすがに効いて来て眠くて眠くて、
後半はリーダーから何度も話を振られたのに全然返せず。
飲み会楽しかったし新たな出会いがすごく嬉しかったのに、
ノリの悪い女と化して勿体無いことをしてしまいました。
また会えると良いけれど。本当はあんなんじゃないんです…。

ギリギリ終電で地元の駅に辛うじて辿り着いて、
余りの疲労のために久々にタクシーを使いました。
お風呂にも入らず寝ました。というか倒れた。


(>▽<) 今日のことば
「どんどん人と喋った方がいい」
自分はすごく気持ちが不安定な人間なので、
人と上手に距離を取らなきゃとか思うという話を、
クラス会でずっと話し込んでた相手に言ったら返って来たことば。
「人と話すときなんてまったく下らないこと話してればいい。
でもそしたら今みたいに気付いたらすごい深い話してることもある。
どんな話になるにしても、話すことで自分の頭が整理されるから、
何にしろどんどん喋っていった方がいいよ」ってこと。
書いてみると単純なことなんだけど。
まずはくだらないこと喋ってればいいというのが、
なるほどな…!とか心底思って…! うん…!
あと「他人を変えようと思うのは間違いだよね」といきなり言われ、
「そんな話なんて何もしてないのに何で思ってること分かるの!?」と
驚いて叫んでしまった(夜のテンション)。
「何か変えたければ自分がまず変わらないと何も変わらないよね」
というのは本当、超同感!! いや〜面白かったです。

p65 at 15:03|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月25日

金曜日から土曜日。

なかなか有意義な週末を過ごしたもので、
月曜はもうぐったりでした。
気付けば土日にこれ書かないのがまたもや習慣化している。
良くないなあ。今週は頑張ろう。

土曜はもちろん稽古なので、
その前日の金曜夜からは当然脚本地獄です。

つまってるというのでもないのですが、
考えを時間かけてまとめていかないと書いて行けないような、
そんな段階に来たのでつらい執筆作業でした。
睡眠を削って粘った割に久し振りに新ページを持って行けなかったので、
稽古場に向かう道中のリーダーの凹みっぷりは痛々しかったです。
まあ、稽古場に着いたら切り替えててそんな顔はしてませんから、
その辺は見上げた心がけだと思うのですけど(…と上からの物言い)。
ていうか私がここで凹んでたとかばらしたら台無しか?

まあ、そんなこんなで、土曜の稽古。
ここまでは立ちたいのをグッと我慢して
読み合わせ稽古のみでイメージを膨らませていたのですが、
ようやく一気に立ち稽古に入りました。

しかし相変わらず壁に突き当たりまくっている役者の屍が。累々と。
私自身は、ものすごく覚悟して最悪の状況を想定していたせいか、
思ったよりもひどい状況は発生しませんでした。
でも逆にこういう一安心がくせものだと思うと、一番怖い状況。
自分のこと少しでも「出来てるかも」と思ったら負けです。
常に最下位から逆転トップを狙う気持ちでいないとあかん。

立ち稽古終わったら、筋トレ終わった後と同じくらい、
身体が熱くなってて気分良かったです。
毎日稽古になってもこの集中力を持続して、
どんどん高めてどんどん濃くしていきたいなあ。

稽古終わったらダッシュで行かなきゃいけない用事があって、
ものすごい速度で着替えして出ようとしたら、
稽古場のおばちゃんが間違えてドアをカギ閉めちゃってました。
私は稽古後のテンションの高さと相まってパニック状態。
おばちゃんは出て来るなり「私は閉めてない、あんたたちの誰かだ」と
有り得ない言い訳っぷりで、参りました。
ま、そんな言い訳させるほどまでに私がパニック顔をしていたのかと、
今思うと逆に申し訳ないかもな。びびったのかもな。

ああ、長くなって来たので、
その後の土曜夜から日曜にかけては次のページへ。

p65 at 14:24|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月21日

方言に憧れ。

今、大好きな女友達と飲んだ帰りの電車なんですけど、、
隣の若い女の子が東北弁で携帯で話し出したので
思わず聞き入ってしまいまして、日記書いてます。
「こっちに来ても方言全然直らんでさあ」とか言いながら、
突然の旧友からの連絡だったらしく泣いてたみたいで、
鼻をすすりながら話していました。
何とも切なくて、ぎゅうーっと胸を掴まれました。
こんな真実の重みに芝居が太刀打ち出来るのかな?
でもそれを目指してやるしかないんだな。


o(^-^)o 今日のことば
「もうそんな時間!?」
こう思える間柄って最高です。ラブ。
(今日付き合ってくれた女子へ)


p65 at 23:59|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月20日

要はセンスだ。

色々とお世話になってる方に、飲みに連れてって頂きました。
シラスのオリーブオイル揚げがめちゃうまでした。
熱々のオイルが入ったココットにシラスがジュワーッと音立てて
揚がってる状態のままテーブルに運ばれて来るんです。
フランスパンに乗せて食べるの。もー最高でしたー。
女子はそういうデモンストレーションに弱いものなのだ。

しかし料理っつうのはセンスですね!!
食材いじくりまわさなくても、そう時間かけなくても、
センスのある人の手にかかれば驚くほど美味くなるんだな。
センス欲しいなー。いいなー。

あと、防腐剤の入ってない美味しいワインを頂きました。
海外から来てるワインってほとんどが防腐剤入りなんだって。
確かに頂いたワインはすごく素直な自然な美味しさだった。
どこかえぐいような風味を、ワイン特有のものと思ってたかも。
本当はこういう味なんだと知って、またひとつ賢くなった。

それにしても、私はお世話になってる方々とよく、
お礼の気持ちを含めて飲みに行くのですけれど…。
考えてみたらそこでもご馳走になっちゃってるわけで、
なんとも図々しい話だよなあと思う今日この頃。
話術に自信もないしねえ。欲しいなあ話術も。センスだよなあ。


(*_*) 今日のことば
「忘れ物帳」
今、稽古に向かう電車の中ですが、
実は台本を忘れてきています…とほほ…。
リーダーに忘れ物帳をつけろと言われて数年。
それさえ忘れてしまう駄目っぷりです。
ちなみに、忘れないように大事なことを書くメモじゃなく、
忘れたものを書くメモをつけろと言われている。
私の性質を実によくご存知でいらっしゃる…。降参。


p65 at 18:33|PermalinkTrackBack(0)

2005年04月19日

創造へ至る衝動。

週末に箱根へ行き、
彫刻の森美術館とポーラ美術館をハシゴしました。
着物を着たかったというのもありますけど…、
とにかく「創ること」への刺激を受けたかったため。

彫刻の森へ行った目的は、ピカソ館。
やっぱ面白かった。とにかくピカソの作品は面白い!
陶芸の作品がかなり沢山あったんですが、
裏にまであれこれと色々描き付けていて、
「あ、ここにこんなの描いたら面白い!」って
そういう衝動がびんびん伝わって来てすごく刺激的でした。
あと大きな絵も何枚かあって、やっぱり良かった。
動きとか、ハッとした瞬間を感じるのが、本当に素敵です。
あと怒りとか愛情とか。そしてユーモアに溢れてて。
絵と対面するのが楽しいって素直に感じられます!

そしてポーラ美術館へ。こっちは印象派展を目当てに。
大好きなモネの絵が何枚もあって、嬉しかった。
ピカソの、何を描いてるか分からなかったりする絵と違う、
そこにある風景を(比較的)忠実に描写した絵画であっても、
やはりインスピレーションなしには生まれ得ないということを思った。
「この光を描きたい!」っていう衝動とか。
そしてまた、その衝動のままに描く時期を経て、
苦悩の中で自分の道を苦しく模索してることを感じる作品とか。

ただ風景を描いていても明らかにその人が映り込んでること実感した。

芝居も同じだなあと思うのです。
自分と違う人物を描き出すこと、それに賭けること。
それを受け取る側が惹かれるのは、描いたそのものよりも、
作り手の生きざまや熱であったりするのだと。

人をハッとさせるという事件の大きさ、
そのために費やすべきエネルギーの大きさ、
よくよく刻んでいこうと思いました。
ああ、私、頑張ろう。

関係ないけど美術館で何故かケーキ2つも食べてしまいました。
たくさん歩いたの帳消しじゃないか。あほ。


Σ(T□T) 今日のことば
「探し出すのではない。見つけだすのだ」
ピカソ館に書いてあったピカソの言葉たち。
発する言葉もエネルギーに満ちてる。天才ってそういうものか。
「誰もが芸術を理解しようとする。
しかし、なぜ鳥の歌を理解しようとしないのか.
人が自分を取り巻く全てのもの、夜や花を理解しようとしないで
愛せるのはなぜだろう。なぜ絵画に限って人は理解したがるのだ」
「人が自伝を書くところを私は絵を描く。
完成作でも未完成作でもそれは私の日記なのだ」

p65 at 17:27|PermalinkTrackBack(0)