December 17, 2017

■TWO DECADES OF 5KEYS -PROPレポート3

・Eブロック
このブロックは実力未知数ブロックの認識、
4thで北ビを倒した唯一神ねもちゅうさんの実力と、
リザーブ登録で参戦してきたポップン界のUMEPYの状況次第かなと思っていました。

正直蓋開けるまでは誰もチャンスあったと思いました。

一回戦、ねもさんが、難曲What's NEXTで勝利、
続いてSINR vs DON、DONさんが黄グレを抑えて勝利
黒井音子 vs BACK、BACKが精度実力を見せて勝利、
我らが園長こと河上小鉄 vs UMEPYはUMEPY練習の成果を見せつけ勝利。

続いて2回戦、ドラマが、曲はSTEEL CAGE
決着がまさかの200点差…やってた二人とも気が付いてなかったんじゃないかなと思いました。

vlcsnap-2017-12-17-13h06m15s728






DONさんの最後手前で黄グレが大量の出てしまったのが悔やまれます。
ねもちゅうさんが精度でねじ伏せて勝ち上がり。
 
 
BACK vs UMEPYのS.F.MはBackが途中判定を見失い、UMEPYが安定したスコアで勝利

決勝 ねもちゅう vs UMEPYはREFARENCEを完璧にさばききったUMEPY勝利
このあたりからUMEPYが仕上がり始めてる感を感じていました。

敗者復活はDONさんがゴージャスを制しLOVE SOにたどり着きましたが、
ねもちゅうさん(3-3-3)の前に屈し、敗退。

予選通過Eブロック UMEPY、敗者復活 ねもちゅう

--------------------------------------------------------------------
・Fブロック
今大会で地獄ブロックと銘打たれたブロックです、どこも地獄

一回戦、KAMOIJYUNさんvs機械さん
機械さんの話は日比さんから聞いていたので非常に楽しみでありました。
古豪です。GOODを抑えきって勝ち上がり。


masaki vs k-twoのスタッフシバキあい対決
曲が曲だけに、両者譲らず、そしてボーパーを仕掛けるかがカギでしたが、
力でmasakiがねじ伏せて勝利(k-twoさんは前日まで煽りVとか作ってて時間がなさ過ぎました…


そしてSISPさん登場、REIKさんと絶対王政を築いていたレジェンド。
ここにクロさんが間に合わず、しょーんが入ります。
しょーんも、中学生時代からビーマニ全ジャンルにおいてランカーという逸材
どこまで肉薄するかという見どころでしたが、しょーんが勝利!
ここでまた一人トップランカーが消えました。

しかし、当日曲が決まったところで勝利するのは本当にすごい。


そして、EXPERT+全一所持のえるびー vs 波乱を起こす男 きゃすぱぁ11才(成人済)
きゃすぱぁさんは、過去の大会で本命をここぞというところで倒す波乱を捲きおこす人物として注目を集める対戦でした。
ここは鬼のように練習していたえるびーにねじ伏せられ敗退。
えるびーがしょーんとの対戦にコマを進めます。


続いて、2回戦、機械 vs masakiはやはり練習量でものにしてきていた部分が強く圧勝で決勝へ
これは機械さん相手が悪かった…

しょーん vs えるびーの対決はここもしっかりと仕上げてきていたえるびーがパーフェクトを決めて勝利
しょーんは多分初めて見た譜面だったんじゃかろうか…

決勝、FIRE DUBにて因縁の対決実現
masakiの空打ちリズム戦法炸裂でパーフェクト、えるびーのボーダースコアをねじ伏せる。
そして敗者インタビューを自分でし、えるびーの中指が登場

会場大爆笑。


敗者復活、しょーんが勝ち上がり再びえるびーとの決戦。
結果はえるびーが黄グレ1個差で辛勝(4-4-1 vs 4-5-0)

予選通過Fブロック masaki、敗者復活 えるびー
------------------------------------------------------------------
4はこれから書く!!!
December 17, 2017

■TWO DECADES OF 5KEYS -PROPレポート2

・Cブロック
このブロックはリザーブ枠からの参加者が2名、老若男の闘い枠でした。
前日に参戦が決まったキリングマシーンCAB、同じ世代を生きてきたICBが両外に、
その中にとみやまvsHIBI、そして、グルコスランカーTSUKUMO vs kurumi.Fとなりました。

本命はHIBI、この中で一番練習していたのではないでしょうか?
というくらい本番までひた隠しに練習してました。
(自分も一緒にLOVE D RIVEバトルしてましたし)

とにかく直前までとみやまさんの仕掛けを警戒していており、
詰めこんでました。

さて、一試合目から。
CAB vs RANDOM
ランダムさんにこのカード変更が伝わったのが一日前、聞いた瞬間にちょっと待てとなっていました。
練習量的には流石のCABでも厳しいかと思いましたが、CAB勝ち上がり、RANDOMさん残念…

とみやまvsHIBI、もう練習量の差が出た結果だと思います。
一回やってみるとわかるんですが、LOVE D RIVEのバトル判定滅茶苦茶です。
理解するまでやらないと本当に安定しないので、これは一度ご賞味あれ。

TSUKUMO vs kurumi.F若い世代対決、ここはkurumi.Fさんがしのいで勝利、ここは曲がきつかったですね…

ICB vs W8、ブランクを感じさせないICB君が勝ち上がり
この流れで、HIBIさんが決勝に勝ち上がり、同じく勝ち上がってきたICBくんと



C A T M A N


でぶつかります。
今大会最高峰クラスの処理落ち曲です、信じられるものは自分だけ。
信じ切ったHIBIさんが勝ち上がります。

敗者復活、CAB vs kurumi.Fはkurumiさんの勝利
この後起きる事件の被害者に…


LOVE SO、kurumiさん、6-1-2を出して圧勝!!!と、、思い切や…
ICBくんの9-0-0完全勝利を出されて敗北、これは両者ともうますぎたとしか言いようがないです。
※kurumiさんのスコアについては当日3位のスコアでした。
(2位はR.K.さんの7-2-0)
予選通過Cブロック HIBI、敗者復活 ICB
--------------------------------------------------------------------
・Dブロック

ここは単発トップランカー、ノースピランナーなど個性あふれる面々のグループ
注目はYMG-C vs sitta*の一回戦でありました。


ここからYoutubeの配信が始まったところとなります。
一回戦、ノースピランカー30-50-80さんが、Calling for destinyの処理落ち階段を制する
YMG-C vs Sitta*の一戦、選曲はBODY、YMG-Cさんが黄グレ2の差をボーダーで巻き返そうとするも減らず敗戦。
sitta*さんが2回戦へ。

KENT vs ムタメソのSHOXXXX対決はKENTさんが勝利、DANKさんが間に合わず、リザーブがSOLBさんに変更。
その対戦相手baddyさんも事前リザーブ枠ということで、リザーブ同士の対戦でしたが、
SOLBさんが勝利。


30-50-80 vs sitta*の二回戦、相当な練習をしていたという2.14.13、スコア圧勝の状況からボーダーを決めて完勝。
決勝へ

KENT vs SOLBの一戦は接戦、こちらを制してKENTさん決勝へ

決勝は超C-E-Z、リザルトだけ見ると超楽しくない!!!!!
最後前がこれで、
vlcsnap-2017-12-17-12h58m00s737









この通り、黄グレ1差、私の見ていた中では予選ベストバウト。


vlcsnap-2017-12-17-12h57m17s630









30-50-80さんが際どい勝負を制して予選勝ち抜け

敗者復活側、ゴージャスをSOLBさんが制して、再びKENTさん戦
LOVE SOはSOLBさん勝利で、雪辱。

予選通過Dブロック 30-50-80、敗者復活 SOLB
--------------------------------------------------------------------
3へ
December 17, 2017

■TWO DECADES OF 5KEYS -PROPレポート1

当日の自分視線レポートです。

筐体が到着し、準備を初めて徐々に人が集まってきまして、
否が応にもテンションアップ。
CSの環境を整えたり、事前の情報共有したりで、
気が付いたらあっという間に9時半を過ぎてました。

会場準備もきっちり整い、予選ラウンドの準備が整いました。
最初の曲選択、やっぱり緊張するものです。

皆さんの想いが詰まった闘いを間近出来ると、
こちらもそれに答えようとなってくるものでストレスなくご案内することに注力しておりました。
(選曲に時間をかけないなど、プレイヤーのための時間を優先し最短選曲を考える)

さて、開演です、CIVAさんの選手宣誓、事前告知なしだったにもかかわらず
サクっとやってしまうのが最高でした(笑

DQpck8RUEAAErzA



さて、ここから解説と当日の自分視線レポート本番です。
(名前出てくる人が偏ってるかもしれませんがご容赦ください)
自分でリザルト記録用のシート作成時から思っていた内容も入っています。
--------------------------------------------------------------------
・Aブロック
事前情報ですと、本命は
CIVA、FFFY、R.K.の3名という認識でいました。
が、
まず呼び出しの時点で、CALDさんがいない。
trm.さんにチェンジというスタートでちょっと焦る(汗
※司会陣、さんもん、対応ありがとうございました。

CALDさんは今大会3名いた女性参加者の一人だったので残念(前日めっちゃ頑張っていたのでしゃーない)

さて、闘いはIs-mさんをもっちーさんが倒す波乱からはじまり、
その後はやはりこの3人の闘いに。
 
 
SHOXについては、Fがかなりのやりこみ具合だったので、R.K.くんワンチャンス厳しいか…
とまさにその通りになりまして、決勝。
ここの予想ですが、正直CIVAさんのSAVIOR練習量を知っていたこともあり、
Fが落とすとしたらここだろうと思ったところその結果に。
 
そして、R.K.君は地獄のサドンデスを勝ち上がり、再度Fとの対戦、LOVE SO対決を制して下克上。
優勝候補が一人予選で消えることとなりました。

Fの想いも練習量も知っていただけに、非常に残念でしたが、
CIVAさんに勝てなかったのが"全て"だったのかなと思いました。


予選通過Aブロック CIVA、敗者復活 R.K.
--------------------------------------------------------------------
・Bブロック
沖縄からの参戦わーらーさんとトップランカーBBCさんの対戦で幕開けです。
このブロック本命はBBCさんと.k3さん
一回戦は、NS得意のふなさんがまるちょこさんに負ける波乱がありました。
東海対決だったんですが、当人たち知らなかったのが意外。
 
五井チャリオット対決はめーがすさんが勝ち。

準決勝は、BBC、.k3と勝ち上がり、MIRACLE MOON
この曲ならば優位性はやはり.k3さんということで、勝ち上がり。

ゴージャスを勝ち上がったまるちょこvsBBC
LOVE SOでまさかの大波乱BBCさん敗退、まるちょこさん敗者復活へ

またも一回戦で波乱、BBCさんが消えました。


予選通過Bブロック .k3、敗者復活 まるちょこ

--------------------------------------------------------------------

2へ
January 15, 2015

■【スロット感想メモ】No.1 アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUS ver.-

IMG_2133


あまりに最近やること思いつかないので、この約1年遊び尽くしたスロットの話でも書いてみようと思います。


第一弾はまずやるかと思ってやりはじめたらクソみたいにはまってしまった現代版GODことアナザーゴッドハーデス -奪われたZEUS ver.-です。

コイン持ちは50枚で約29Gほど、とにかく1/8192でGODを引くか、
ほぼ同じ確率で同じくらい威力のあるものを引かないとどうにもならない突飛な機種です。

去年はこの機械を一番回しました。

結果的にGOD12回引いたもののまさかのマイナス。
内2回はGODinGODで確定の万枚コースを取り切れず…
GODの最終セット残り40Gくらいで閉店と思ったらフリーズしてハーデスなんて事もありました。
多分1000G分くらいは閉店で失ってます(苦笑

■ゲーム性
内部的に低確率、高確率、天国、超天国、あとは裏モードの減るゾーンといったところから、
変動する確率で大当たりを狙っていく内容で、
一部フリーズや、確定役で上乗せ特化ゾーンのJUDGEMENTを経由して初期ゲーム数を決める仕様です。

純増2.9枚といいつつも、15枚役がある関係で引きによっては一気に出る機種、かつ一撃性が非常に高いとして長い稼働を維持しております。


■面白いところ
とにかく一撃はまったときの爽快さがたまらないのと、打てば打つほどわかりやすいモード移行の見方
これにつきます。

前兆といった当たりがきたという演出についても、
確定役以外は基本大人しめなこともあり、初めて打つ人は当たったのなんで??ってなる事もあると思います。

この辺が少しだけわかっている瞬間が一番楽しいかも。
あとは、とにかくGOD一回引いてみるに限ります。
初期ゲーム数100GとJUDGEMENT3回の権利を持った状態でのはらはらでゲーム数消化、勝てば天国負ければ全然出ないこの天秤中々ないゲーム性です


■面白くないところ
通常状態がわからないとひたすら画面に数字が出てるだけ
海外のスロットみたいな感じですね。

あとJUDGEMENTでとにかく犬(一番恩恵が低いとされる振り分けの上乗せ特化ゾーン)が出てくることが多すぎて辛い。

天井行き過ぎ


というところでしょうか?

自分も過去に天井1600Gを目指して、900から回して1414で犬60Gを引いてしまい悶絶した記憶が…




■総評
★★★★★★★★★☆(9/10)

なんだかんだいって、今打てる機種でシンプルで一番わかりやすい、
かつわくわく感も楽しめるという意味ではこの機種が一番ではないでしょうか?
たくさんお金持ってる人しか全力で回すこと出来ないかもしれませんが、
一握りつかめばGODがあなたを待っている。

今一番夢のある機種ということで現状の一番評価をつけさせて頂きます。

IMG_2274IMG_2265

IMG_2160IMG_2157

IMG_2140IMG_2086

IMG_2074IMG_1989

IMG_1971
August 07, 2014

■2014-2015 POG指名

急に復活。

会社の方々と身内でPOG(ペーパーオーナーゲーム)という仮想馬主対決をやっているんですが、
今年の指名馬と選択解説をしてみましょう。

指名は、新馬戦が始まる週に実施しております。

1位 ステイリッチ 牡 父:ステイゴールド  母:イスラコジーン(母父:Cozzine)
イスラボニータの弟、体重もそこそこありつつも、初仔のフジキセキであの走りならと期待で指名。
しっかし、ホント日本の芝にはコジーンってあってるんだなと思うくらいによく走りますな。

2位 パピーラヴ 牝 父:ディープインパクト 母:ラヴアンドバブルズ(母父:Loup Sauvage)
ディープブリランテの全妹になります。
選択理由は評判の良さと、なんと言っても兄の実績。コレが牝馬側になってより短い距離でも炸裂するのでは?というところでも指名上位となりました。桜花賞狙ってほしいところ。


3位 レッドベルダ 牝 父:ディープインパクト 母:エリモピクシー(母父:ダンシングブレーヴ)
言わずとしれた近年ほぼ重賞に出走までは果たせる馬を出しつづけるエリモピクシーの牝馬。
デビュー前の評判は悪くとも確実な成績は上げてくるので今年も指名(過去3年連絡指名中)
ただ今回は420kg台とちょっとサイズが小さいのが気になっている状況。
どうでるか。


4位 マイスフォルテ 牝 父:ディープインパクト 母:ディラローシェ(母父:デインヒル)
フェノーメノの半妹になります。
兄がどっかいっちゃったようなのでコレも心配と言えば心配だったのですが、期待を込めての指名。
現在体重が545kgあるらしく故障気味とのことで早く治ってほしい…


5位 ウェルブレッド 牡 父:ディープインパクト 母:アドアード(母父:ガリレオ)
追い続けている母からの3頭目、初仔のシェイクザバーレイはデビュー戦でかなり期待できる結果で勝利したもののその後精神的に参ってしまったらしく走らなくなる状況に。
兄のローハイドについても春は全休してしまったが、負かした馬がその後活躍するといった形でどうも結果が出ていないもののポテンシャルをかなり秘めていると信じての指名。
今年こそは順調にいってほしい…


6位 アグスタ 牡 父:ゼンノロブロイ 母:ソニンク(母父:マキャヴェリアン)
母父のマキャヴェリアンはミスプロ直系で持ち込みで日本に来るとまぁよく走る血統の一つになります。
ソニンクについては、ダートで活躍しているノーザンリバー、ランフォルセを輩出しており、ポテンシャルは非常に高いと見てます。
父がロブロイなのがどうかと言うことはありますが、パワーのいる馬場のようなレースでは本領を発揮してきそう。隠し球期待の一頭です。


7位 リアファル 牡 父:ゼンノロブロイ 母:クリソプレーズ(母父:エルコンドルパサー)
クリソプレーズについては、JDDを制したクリソライトを輩出しており、
ダート系での活躍が目立つ血統です、エルコンドルパサーの血が切れ味のある方に出つつもロブロイでパワーもあるとなれば期待できるのかなと。


8位 コートシャルマン 牝 父:ハーツクライ 母:コートアウト(母父:Smart Strike)
今はやりの配合、サンデー父×母父スマートストライク
見つけた瞬間に指名しようと思っていたんですが、意外とみんな注目していないかったのか単独指名下位でとれました。
ストロングリターン、レッドオーヴァルときちんといい馬を出しているのになんで人気がなかったのか…
結果として新馬戦をかなり強い勝ち方でもぎ取っており、2歳の冬場も期待が出来そうな一頭。
しっかしスマートストライクも日本でよく走りますね。
ミスプロ直系の種牡馬は本当によくあたる、それだけミスプロがすごいんだと思いますが。


9位 マンハッタンキング 牡 父:キングカメハメハ 母:マンハッタンフィズ(母父:サンデーサイレンス)
言わずとしてた黄金配合のキンカメ×サンデー、
しかしコレまで実は大物に中々巡り会えていないマンハッタンフィズの仔ですが、
今回はようやくこの配合で牡がでました。
同じ父で牝馬のシャンボールフィズはデビュー戦こそ勝ち上がったものの、体重も少なく厳しい状態が続きました。
今回は体重についても480kg台と馬格もありそうで期待できそうです。


10位 キングカヌヌ 牡 父:キングカメハメハ 母:スターダムバウンド(母父:Tapit)
指名理由は抽選外しが出てセールでの高額馬をあさってたところ見つけたため(汗
Tapitはアメリカで猛威をふるったボールドルーラー直系血統でA.P.Indy産駆であるPulpitを父に持つ種牡馬です。
日本でこの継投の活躍中々見れていない状況ですが、兄のシーサイドバウンド もダートで活躍していることから、本馬もそうなるのかなと思いつつ、シンボリインディのように芝でも活躍する産駆がいるようにキンカメとの配合がいい方向に出てほしい…



以上が選択10頭でした。
指名外れはずれは下記の一頭
・メリーモナーク 牡 父:キングカメハメハ 母:リッチダンサー(母父:Halling)
バウンスシャッセの活躍を見て指名を試みましたがとれず…

他にも下記のような候補を検討しておりました。

・レーヴミストラル 牡 父:キングカメハメハ 母:レーヴドスカー(母父;ハイエストオナー)
・ポルトドートウィユ 牡 父:ディープインパクト 母:ポルトフィーノ(母父:クロフネ)
・ベルラップ 牡 父:ハーツクライ 母:ベルスリーブ(母父:シンボリクリスエス)
・アッシュゴールド 牡 父:ステイゴールド 母:オリエンタルアート(母父:メジロマックイーン)
等々…


自分自体は血統の兄弟姉妹の活躍を見て指名をするんですが、
今年はものの見事にドラフトでもかぶらずに指名することが出来て一安心でした。

成績、今年こそ良くなるといいなぁ…


August 01, 2012

■【雑記】PASMOのオートチャージがいきなり使えなくなった。


PASMO



昨日ですが、急にPASMOのオートチャージが出来なくなってました。


続きを読む »

August 01, 2012

■記事ネタ

貯まっていくいく一方なのでメモメモ

・pogoplug familyに入ってみた
・drobo FSNを買った
・NASのHDDが一本壊れた、SeagateのHDD保守交換対応内容
・ディズニーシーのトイストーリーマニアについて
・おおかみこどもの雨と雪をみた
・ダークナイトライジング(誤植)をみた

時間見つけて更新していきたいと思います。


・PASMOのオートチャージがいきなり使えなくなった。
→8/1記
■Comment
■Prof
p6p
■Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

■Log
■Memo
■Trackback
CAMEDIA FE-240(オリンパス:デジタルカメラ) (ブログで情報収集!Blog-Headline/life)
FE-240
D.Gray-man 第2巻 (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
そして終幕へ
視覚 (コンタクトレンズの知識)
視覚
また負けました (RBC運営事務局☆管理人の何でもウラ日記)
宝塚記念結果/前半総決算
オペラ座の怪人 (In my opinion・・・)
オペラ座の怪人
  • ライブドアブログ

トップに戻る