November 17, 2018

■夏休みの記録-2018- その9- 四日目:沖縄本島2日目

約1時間以上をかけて、おきなわワールドにようやく到着、
思いのほかやちむんの里からは遠かった…


DSC_2350


さてまずどんなところかわからないので、入り口でパンフレットをもらって中身を把握

要するに、
・玉泉洞っていう鍾乳洞がある
・ハブ博物公園がある
・昔ながらの沖縄の伝統環境が見れる(琉球王国村)

そう、おきなわのテーマパークです。
着いた時間が結構遅かったこともあって、回るのも時間があまりなく結構大変でした。
ここ一番最初に鍾乳洞いって、そこから入り口に戻るような構成になっているので、
順番無視すると死にます(要するに一番奥までいってしまい、パークを2週歩く羽目になった私です)

ここの鍾乳洞は長いし水の滴りもすごいしでなかなか大変でした。
そんなもんだから伸びてくるのも早いみたいで、新しい鍾乳石ができてたりもしておりました。


DSC_2378

DSC_2379


次は琉球王国村ですが、まぁ琉球ですね(人並



最後にハブ。
ハブはなかなか面白かった。
色んなハブいるのね…色んな強さがあるみたいで、金ハブ最強ってのは燃える(笑


IMG_8051

DSC_2352


さて、車の返却時間が近くなってきて、
一つだけ最後に寄りたかった漫湖!!!!!!



駐車場満杯で入ることができず…無念。
漫湖って町中にどーんとあるとは思わず想像してたのと全然違ってびっくりした。
※漫湖近くのガソスタでガソリン補充して大体どんなのかわかった。


さて、最後の関門。
車の返却、沖縄で一番注意しなくてはいけないのはここでして、
那覇都市部でレンタルすると、夕方返却時に大分時間に余裕見ないとやばいです。
兎に角車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車車

都内よりも多いんじゃないかなと思うレベル。返却1時間前には那覇にいようと思ってたんですが、
これがまさに正解でありました…

無事返却して今日のホテルへ。
夜の那覇を色々と散策。

ここでゆいレールの24時間乗り放題券を買って、
沖縄のIIDXを遊びに、首里儀保駅へ
ここ一瞬ゲーセンと分からないのが本当にヤバイ、、、


IMG_8059


そこそこ遊んで県庁前あたりへ移動
色々と更に歩いて最後の晩餐で選んだのはステーキ88
実質の沖縄1日目の夜に行ったら閉店で行けなかったステーキ店です。
沖縄で一番のチェーン店ですな。

IMG_8056


そして沖縄夜の最後、泡盛コーヒーに手を出す…(もう一つはハッピーパークで買ってきたエクストラのオリオンビール)

IMG_8063

IMG_8055


無事に死亡、沖縄の夜は更けていきました。
November 17, 2018

■夏休みの記録-2018- その8- 四日目:沖縄本島2日目

買い込んできた酒で無事に死亡していた模様
とりあえず普通にのんびり起きて、朝のビーチへ、今日も天気よくて最高

IMG_7987

IMG_7988


今日は特に行く予定の箇所も一か所くらいしか思いついていなかったので、とりあえずそこに向けて移動開始。
途中、観光地があったので寄り道、万座毛。
朝9時台だったこともあってすいててよかった。


DSC_2266

DSC_2275


そのまま北へ移動。
電話しても反応がなくて予約できなかったもののまぁこんなド平日にNGはないだろうと
オリオンビール工場へいってきました。

名護市の中心部付近にあるので、結構行きやすい場所ではあります。
中はいって工場見学ツアー申し込んでのんびり。

DSC_2288

DSC_2301

DSC_2303

IMG_7999



終わって試飲会場だったわけですが、車なので当然飲めず無念(●´ω`●)
ここでオリオングッズを少々仕入れてホクホク

さてこれで南方向にかじを切るんですが、その前にご飯
ようやくこの度初めてのA&Wへ

美味しくいただきました。
ルートビアはやっぱりサロンパス味
そして飲み放題(笑


IMG_8002

IMG_8003


さてここから特に行くところも考えていなかったわけですが、
ツイッターで情報をもらって以下の3か所に行く予定にしました。

一つは前に来た時に行ったような記憶があった残波岬
あと2つは教えてもらったところ
・やちむんの里
・おきなわワールド


やちむんの里と残波岬が割とそんなに離れてなかったので、残波岬から先に向かいます。
思いのほか結構時間かかった。

ここ、前回おきなわに来た時に着た記憶があったんだけども、
流石に整備がすごくされたようで全然変わっとりました。
そしてすごいところで釣りしてる人いるし。

DSC_2318

DSC_2320

DSC_2319

DSC_2329

DSC_2335


ここから次はやちむんの里へ移動。
正直どんな所か調べずに行ったんですが、ここ焼き物作るところだったんですね。

雰囲気はすごくいいし、お皿とかもよかったんだけども、
既に荷物一杯だったので無念の窯とか雰囲気を味わうだけで終了。


DSC_2339

DSC_2346

DSC_2338



ここから本格的に南へ下ります。
途中で山を越え、那覇中心部を抜けておきなわワールドへ

ここも予備知識なしで突入します。


つづく
November 10, 2018

■夏休みの記録-2018- その7- 三日目:沖縄本島1日目


DSC_2242

DSC_2243


まず到着して血の気の引く人の量。
修学旅行やら観光ツアーやら何台バスおるんねんという状況

そして中に入るとディズニー真っ青の混み具合。
これ平日の14時過ぎっていう普通違うところに行く時間じゃないんかい…という感じで合ったんですが、
諦めてみるものは見て先に進みます。


大水槽にようやく到着。
人歩けない混み方で萎え萎えであったものの、ジンベイとエイの遊泳はやはりすごかった。


IMG_7963


…けどこんなもん?だっけって感じの印象を持ってしまって、当時の記憶は美化されたのか何なのか
ちょっと複雑でした。
原因は完全に海遊館と内容が似ているってところだと思うのですが…
(ふれあいポイントが少ないのと、水槽の数とか思ったほど多くない)

他撮った写真はこんな感じ

DSC_2254

DSC_2246

IMG_7961



割とさくっと終わってしまったので、そのまま恩納村方面に帰ったんですが、タイミングが悪かった…
下道しかない箇所でまー渋滞渋滞

沖縄来るときに美ら海付近へ行く場合は気をつけましょう。
よくよく考えたらあんな辺鄙なところに観光集中したらどうなるかわかりそうなものなんですが…
名護からは高速が出てくるので緩和はしますが、基本下道は夜にかけて混み始めます。



恩納村周辺へようやく到着
今回の宿は、13年前の大学卒業旅行で泊まったホテルの目の前にあるペンション
※ホテルが思いのほか高くて諦めました。

というところで、ムーンビーチ前のムーンヴィラさんに宿泊。
まず一番びっくりしたのは、ホテル周りはさほど変わってないのにホテル入り口前の店が一掃一新されていたこと。
時給490円のほか弁も跡形もなかったしびっくり!!!

お店調べたけど前に来た時のお店は一店舗も既になく、
仕方なくそのまま琉球チックなお店はいったけど高くてそれほどでもなかったなー無念
アグー豚のステーキで唇をやけどして散々(・´з`・)


取り合えず腹ごなしをして、近辺を少し歩いてみたけど、
やっぱり全体の整備具合がすごい進んでいて、着た当時と違ってリゾート化したんだなと。

そんなでムーンビーチに足を踏み入れ、飲み足りない分のオリオンビールをがぶ飲み。
風が心地よかった。

IMG_7973

IMG_7983

IMG_7977



昔の思い出に浸りながら、翌日の美ら海もなくなったしでのんびりと宿に戻り眠りにつきました。
※一人で2人分の部屋に泊まったから色々と持て余してなかなか寝れなかった(;^ω^)


■つづく■
November 10, 2018

■夏休みの記録-2018- その6- 三日目:沖縄本島1日目

さて沖縄一日目、早速車で移動です。
レンタカーは今回もオリックスレンタカー、翌日の閉店までに返せば結構安いプランを選択できて大助かりであります。

さて、今回沖縄本島については行きたいところがあんまりなく、
懐古の旅するつもりだったこともあり、まずは夕方までに恩納村に行く程度の予定でした。

なので、とりあえずネットで調べたところに行ってみようというところで、
海中道路へ



で、今日この日は朝から大豪雨のあいにくの天候。
こんな日に海を見に行ってもいいわけもなく、すっごい勢いで空振りをかましてしまいました…

当たりだった日や上から見るとこんな感じらしい
http://www.urumajikan.com/sea-road/

ただこれも一つ罠があって、写真が高度から撮られている点で…
個人的には色の違いはあるにしろ、うみほたるへ向けて走ってる方が眼前海って感じには好きだったかなと。

 
 
あとこの島周りは台風の影響もろうけでっこう被害酷かった。
橋の街灯先っぽいくつか無くなってたし。

IMG_7951


そんなでここを早々に引き上げ、沖縄のゲーセンを探してひとまずそこによって一休み。
スーパーの中にあって探すの苦労…


IMG_7952


この時点で行くところをなくしてしまい、予定外にもっと北を目指そうとなります。
その途中、ちょっと眠くなったりもしたので、沖縄のスロットも楽しんだり(すぐに当たったけどのまれちゃいました)


IMG_7954


あと、平日のあの時間で稼働率よすぎ!!!!!



そんなでうるま市から恩納村方面へ抜けて、さらに北を目指します。
北の海岸線道路に出てからは道なりに走っていると名護市に突入。

時間も早かったこともあり、明日朝一番で行く予定だった美ら海水族館へ行く方針転換を実施。

ただやっぱり時間が早かったのとお腹が非常にすいたので、るらりやで聞いていた沖縄そばのお店へ
ナビを無視して内陸方面から向かいます。

きしもと食堂 八重岳店にお邪魔します
(本店はめっちゃ混んでるとのことで、こっちがおすすめと聞いておいてよかった)

炊き込みご飯と沖縄そば満喫(∩´∀`)∩

IMG_7958

IMG_7956



そして美ら海へ…

■つづく■
November 04, 2018

■夏休みの記録-2018- その5- 二日目:石垣島観光→沖縄へ

さて内陸部を通って石垣島鍾乳洞方面へ移動します。
近づくにつれて島の中が少し見えてくるところもありつつではありましたが、
鍾乳洞到着。

ここが今まで見た中では一番観光客向けの建屋って感じでしたね。
まずはこの建前。


DSC_2202IMG_7917


うん、素晴らしい。
中に入るとちょうど蝶がさなぎから出てきて羽を乾かしているところに遭遇、おおきれい、そしてさなぎが金ぴかだすごい


DSC_2205

DSC_2207



さて鍾乳洞。
リアルビッグサンダーマウンテンさながらのひたひたタイプ。
どこもかしこもすごい濡れてます。

ほとんど観光客もいなかったので、自分一人でサクサク進んでたつもりだったんですが中結構広い。


DSC_2212

DSC_2220

DSC_2227

IMG_7929



ここはイルミネーションが合うか合わないか結構好みが人で分かれそう。
終わって出てきましたが結構湿度もかなり高かったのでなかなか大変でした
あと必須で写真撮影があるので買う買わないはその場で決定を(しょうにゅーーどうが撮影合図です)

さてこれが終わっていよいよ〆、最後は石垣港ターミナル付近を走り抜け、
街並みを楽しんで観音崎灯台へ

こちらは中心部からもそんなに遠くないので最後に来るでいいと思います。
夕暮れ前の静かな時間で、自然というよりは港から海を見るという感じですかね。



DSC_2230

DSC_2233

DSC_2235

IMG_7935


これが終わってガソリン補給(約200キロくらい走りましたが、ガソリン15リットルも使わず…最近の車凄いなぁ)
レンタカーを返却し、空港までの時間を潰そうとしたところ、
なんと石垣港ターミナルまで無料送してくれるとのことでしていただきました。
意外と歩くと遠いということが分かっていたのでこれはありがたい、オリックスレンタカー石垣島店感謝。
 
そんなで石垣港ターミナルへ。
こちらからは竹富島といった近くの島への移動のための港、空港直行バスもあったりで人は多くにぎわっています。
ひとしきり見回って、近くでご飯をと思ったものの狙ったお店は閉まっていたので、
またも石垣そばをいただきます。

IMG_7939


勿論もずくもセット!

ユーグレナターミナルも見終わって丁度バスの時間、直行バスで石垣空港へと戻ります。
先述の通り、バニラについては30分前入場締め切りなので、あんまり余裕ないと死ねるのが要注意でして、
自分も割と早い段階で到着してて一安心、お土産見てたらあっという間に時間です。
 
 
沖縄本島へフライト、本当に石垣島良いところだった…
ここは別の機会でまた来ます。いい出会いもあったし、何よりも昔からの想いが伝えられたのがうれしかったー



さて45分で沖縄着。流石に早い。
沖縄空港LCCターミナルは当然のことながら初めてでしたが、空港降り立って?????となりまして(汗
案内された方面が貨物倉庫にしか見えなかったんですね…
で、中はいったら貨物倉庫を改造した部屋でして、そのままバスで沖縄空港国内線ターミナルへ移動します。
このLCCターミナルは、このシャトルバスがないと中に入れない仕様でして、LCC使うときの時間制約にものすごく影響があるので注意しましょう。乗り場は4番。


IMG_7941



沖縄空港の場合は10分周期で約5分で乗り場に着きますが、
余裕をもってフライトの1時間半前にはLCCターミナルへ向けて移動しておきたいところでしょう。

そんなでゆいレールに乗ろう…としたところ、切符の投入口がない。
(こちらでは電車で電子マネー使えません)

あたふたしていると、どうやら切符の2次元バーコードを読み込ませるタイプとな。
これはまた新しい。


IMG_7944


三栄橋駅で下車、本日の宿へ移動。
荷物を置いて国際通りを見に行って、何だこの渋谷はというおもいをし、
ひとしきり歩いてステーキを食べました。
ホテル付近のサウザンステーキっていうところで400g頂いたんですが、
まさかの2000円、驚異沖縄。

IMG_7946


そして最後に…これ、飲みました。まずはノーマル。

IMG_7949


沖縄すげぇ、、、


そして夜はふけていきます…

次回沖縄本島編スタート、石垣ほどは長くならない予定。

■つづく■
November 04, 2018

■夏休みの記録-2018- その4- 二日目:石垣島観光

マングローブを通り過ぎ、海沿いを北にまだまだ向かいます。

次は目的地に入れていた個所の途中にある、鍾乳洞へ
こちらはるらりやのスタッフの方に教えてもらったところ。

ということで、サビチ鍾乳洞へ。
入り口がものすごいダンジョン感。


DSC_2145


人もほとんどいないけど大丈夫??って感じでしたが、
受付でこの子たちの歓迎を受けて気持ち落ち着くというか可愛すぎでしょ。

兄弟らしく、小銭入れのこの形が丁度いいらしくここから離れないんだとか。
触ってもお構いなしでおねんねしていました。


IMG_7899


さて鍾乳洞ですが、みずみずしいところはありつつも天井側は大体乾燥している感じのいわゆる感じの鍾乳洞ではないですが、
地面は割と濡れています。

あと蝙蝠と電気ウナギがいるって言ってたけどもこちらは真偽不明。
奥へ進むと何故か泡盛の銘側が置かれている謎ポイントがあったりでなんかアトラクションチック。


DSC_2149

DSC_2152



最深部まで行くと、海に出ます、この鍾乳洞はこれが一つのウリ。
ただ、台風の影響か非常にゴミが目立つのと、周り自然だらけでハブの心配が(汗
左右の奥地まで行ってそそくさと戻ってきてしまいました。

見れる景色はこんな感じ。


DSC_2160

DSC_2161

DSC_2165


さてこちらが終わり、目指すは石垣最北端。
道自体は一本道なので迷うことはありません。


のんびり走っていて気が付く車ほとんどレンタカー(笑
まぁ地元の人はほとんど見に来ないでしょうし。

ということで中々結構走って平久保崎へ到着。
ここは結構観光客もいて賑わっていました。

そして上まで登ったところで、この絶景すごい。


DSC_2173

DSC_2176

DSC_2179

DSC_2178



ここは天気も良くてホント最高でした。
トイレと自販機もあるので、休憩ポイントとしてもいいところかと思います。

さて、今来た道をひたすら戻り、
こちらも教えていただいたご飯どころの明石食堂へ…


やってない(涙
定休日(今回の旅はホント謎休みと定休日によう当りました)

仕方ないのでちょっと付近を散策。
なんか目の前にうっそうと茂ったメイが小さいトロロ追っていったような場所があったので、
変なもん居ないよなと思いつつも進んでみたらなんとそこは明石海岸


DSC_2190

DSC_2191


立て看板を見るとウミガメの産卵地とかいてあっておお!!と思ったのもつかの間。
ゴミだらけ…台風の影響かなと思いつつも、他の浜辺と比べてもあまりに量が多い。
観光客も自分含めて2組のみというところで、陰と陽の陰の部分なのかなぁと思いつつ、
ちょっと違う道で帰ったところ…何故か民家の庭に出てしまい住民の方と鉢合わせ…すみませんでした(汗

出てちょっとしたところでクロサキが用水路に普通にいたり、ホントすごいところだ…
ご飯食べれず、そのまま南下します。

次は玉取崎展望台へ。
ここは環境もきれいに整っている普通に公園チックな感じ。
景色はなかなか


DSC_2197

DSC_2201

DSC_2200



さてここで、行きたい場所リストが全部なくなってしまいましたというところで、
時間があったので地図を見つつ石垣島鍾乳洞へ行ってみることに。

このあたりからまた天気が悪くなってきて悩まされながら残りの時間を過ごします。


■つづく■
November 04, 2018

■夏休みの記録-2018- その3- 二日目:石垣島観光

石垣島二日目。
夜はあっという間に寝てしまったので、早い目覚め。
ちょっと酒が残っていたので、シャワーを浴びに下に降り、部屋に戻って朝の川平湾へ

外の天気は最高。

そしてみてくださいこの光景…昨日の曇りと違ってすべてが素晴らしい。
DSC_2011

DSC_2018

DSC_2021

DSC_2075

DSC_2019


グラスボートも朝一だとすごくすいているうえに、引き潮で海の中自体が非常にきれいで朝一でこれを味わえるのも、
るらりやに泊まる大メリットだとこの時点で感じました、本当にラッキー

一度るらりやに戻り、昨晩のおはなしを軽くし、
観光名所でいいところをスタッフの方に聞いてそちらで回ることに。

ここで、藤後オーナーともお別れ、最後に写真撮ってもらえて本当にうれしかった…
さて、ここからはひったすら観光。


全体の地図シートをもらっていたのでこちらを参照

石垣島観光したところ



■行ったところ
・川平湾
・御神崎灯台
・ヒルギ群落
・伊原間サビチ鍾乳洞
・平久保崎灯台
・明石海岸
・玉取崎展望台
・石垣島鍾乳洞
・観音崎灯台


左回りでぐるりと島を回ります。
まずは川平湾の下側にある、御神崎灯台へ
ここ曲がる道が最初分からずにスルーしました…

まず第一に行ったとことが石垣左の先っぽというところで、
ひたすら山道。のんびり走ると着きます。

石垣島は観光名所といえど、人がいないことが多く、車上荒らしも多いとのことで、
結構注意喚起の張り紙が多いので、そこは注意しましょう。

自分も金目の貴重品は常に持ちあるき、荷物も見えづらいところに置いていました。

さて、到着すると先着は中国の4人組のみ。
それでこの景色です、控えめに行って最高
DSC_2087

DSC_2108

DSC_2109

DSC_2103


色々見終わって半島一周しようとしたところで、WindowsXPみたいな景色があって思わず車を止めてしまった(汗

DSC_2114

IMG_7886


そしたら対向から来た車も同じように車を止めだして思わずニヤッとしましたね。

そんなところで、次の目的地、川平湾方面へ戻りつつ途中の道を右へ。
北側をはしります、この辺に来ても基本的には観光むけの施設が多い感じで、そんなところを見つつ車で走ります。
ビーチもあるにはあったんですが、駐車場が一部有料だったりするところもあってそこはスルー
(まぁすでに川平湾で見てるからいいでしょうというところでもありましたので。)
次の目的地を目指して走っていると、予定にないけどマングローブ林の近くに駐車場が、思わず停めたんですが、
これが時間的にも大正解。

吹通川マングローブ群落、タイミングもよく、人も誰もない。
そして、引き潮、たくさんのシオマネキたちと遭遇出来ました!!!!!
いやーすごいシオマネキの量!!
自然素晴らしい。

DSC_2121

DSC_2128

DSC_2131

IMG_7896



そんなで石垣島の観光はまだまだ続きます。

■つづく■
■Comment
■Prof
プロップとかぴーろくぴーとかプロプとかで呼ばれてます。 榎本喜八思想タイプ 、THE WILDEST RIDE IN THE WILDERNESS 【IIDXID 5161-7769】【任天堂 ID:SW-6938-1849-7756】
■Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

■Log
■Trackback
CAMEDIA FE-240(オリンパス:デジタルカメラ) (ブログで情報収集!Blog-Headline/life)
FE-240
D.Gray-man 第2巻 (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
そして終幕へ
視覚 (コンタクトレンズの知識)
視覚
また負けました (RBC運営事務局☆管理人の何でもウラ日記)
宝塚記念結果/前半総決算
オペラ座の怪人 (In my opinion・・・)
オペラ座の怪人
  • ライブドアブログ

トップに戻る