コンビニエンスストアの売上金を盗んだとして、窃盗罪に問われた愛知県甚目寺町、配送会社従業員の男性(26)に対する判決が20日、名古屋地裁であり、伊藤納裁判官は無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 男性は、2008年11月、同町のコンビニ店でアルバイト勤務中、2回にわたって売上金計9万円をレジから盗んだとして逮捕、起訴されたが、一貫して否認していた。

 店には防犯カメラが設置されていて、売上金を入金して保管する金庫の前で、男性がしゃがみ込む姿が記録されていた。検察側は「動作が不自然」などと主張したが、判決は「手元の様子が十分映っておらず、証明力がない」と述べ、「立証は不十分」と判断した。

 判決後、男性は取材に対し、「信じてもらえてうれしい。逮捕後40日以上身柄を拘束されて、本当に苦しかった」と話した。

 名古屋地検の玉岡尚志次席検事は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」とコメントした。

臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望(医療介護CBニュース)
そこまでしますか? 大阪市職員の通勤手当不適正受給は300人超(産経新聞)
「マイルドセブン」にココア! タバコに含まれる驚きの「食品」(J-CASTニュース)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず-鳩山首相(時事通信)