14日午後10時50分頃、北海道赤井川村の余市岳(1488メートル)付近に、5台のスノーモービルで入山した6人が下山しないと、家族から小樽署に連絡があった。

 捜索していた道警ヘリが15日午前、6人を発見。6人は自力で下山し、けがなどはないという。

 一時不明になったのは小樽市長橋5、会社員蔦昌弘さん(65)ら。蔦さんらは、11日に余市岳付近で故障したスノーモービル1台を回収するために、14日午前8時頃、同市天神の奥沢水源池から入山した。しかし、吹雪で身動きができなくなり、雪面に穴を掘ってビバークし、早朝から下山を始めたという。

 蔦さんは「動いたらまずいと思い、穴の中で待った。皆様に心配をかけて申し訳ない」と話していた。

<里山>開発計画の会社、名古屋市を提訴…5億円支払い求め(毎日新聞)
壱岐島沖で漁船転覆=乗組員2人死亡-長崎(時事通信)
「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談-稲嶺名護市長(時事通信)
桜の開花日 木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
手錠外して1分後、逃走男逮捕…締め方緩かった(読売新聞)