長妻昭厚生労働相は3月19日の衆院厚生労働委員会で、輸入契約を結んだ新型インフルエンザワクチン9900万回分のうち、約3分の2に当たる6300万回分の解約に向けて、グラクソ・スミスクライン(GSK、英国)とノバルティスファーマ(スイス)の2社と交渉していることを明らかにした。

 加藤勝信氏(自民)の質問に答えた。
 答弁ではまず、厚労省の高井康行医薬食品局長が、輸入ワクチンのうち3600万回分が在庫として既に国内にあると説明。続いて長妻厚労相が、残りの6300万回分について、「今月末までに日本に引き渡す契約になっている」とした上で、「輸入2社とかなり厳しい交渉をしている最中。できる限り支障のない形で返却したい」と述べた。


【関連記事】
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相
欧州2社と新型ワクチンの輸入契約を締結―厚労省
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議

国の薦めるはしかの検査法、ほとんど活用されず(医療介護CBニュース)
<大学生>生活費10年前の3割減 食費、部屋代切り詰め(毎日新聞)
山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)
<キセル乗車>神奈川労働局長を懲戒処分(毎日新聞)
小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)