社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は29日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を「あらゆる選択肢を検討している」とした政府答弁書について、「わたし自身としては、(同県名護市)辺野古に造らないと回答してほしいと思う」と述べ、県内移設を認めない立場に変わりはないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~東京地検、小沢事務所から2000万円押収~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

陸山会土地購入 小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)
亀井金融相、郵政分社化を「酒鬼薔薇事件」になぞらえ小泉批判(スポーツ報知)
2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)
兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)