大阪府池田市の鍼灸(しんきゅう)整骨院で昨年12月、はり治療を受けた直後に女性が死亡した事件で、府警捜査1課と池田署は23日までに、あん摩師等法違反容疑で経営者の吉田起祥容疑者(37)=大阪府箕面市桜ケ丘=を逮捕した。また無資格で女性にはり治療を行ったとして、同法違反と業務上過失致死の容疑で無職岡村祐樹容疑者(26)=兵庫県西宮市大屋町=を逮捕した。
 同課によると、吉田容疑者が池田市と箕面市で経営する鍼灸整骨院で、岡村容疑者は副院長を務めていた。同課は、吉田容疑者が無資格を知りながら岡村容疑者にはり治療を行わせていたとみている。吉田容疑者は容疑を否認し「岡村容疑者が独断でやった」と供述。岡村容疑者は「間違いない」と容疑を認める一方、「吉田容疑者の指示はなかった」と話しているという。 

<わいせつ>取調室で被害女性に行為の疑い、警部補を逮捕(毎日新聞)
飲酒運転で懲戒免職、元教諭の処分取り消し確定(読売新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
児童虐待いち早く察知 相談事例をデータベース化 大阪府警(産経新聞)
宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)