国民新党が夏の参院選で掲げるマニフェストの原案が11日、判明した。国会議員定数を衆院300人(現行480人)、参院100人(同242人)に削減するほか、国家公務員の半減、地方経済再生のため年間約3兆円の「いきいき地方復活交付金制度」の新設などを盛り込んだ。12日から党内で本格的な議論を始める。

 原案では「真の保守政治の確立」を掲げ、12の重点項目を列挙。党是の郵政改革では、地方に資金を還流させ「産業や医療の発展に寄与する制度作りを進める」と指摘。永住外国人への地方選挙権付与や選択的夫婦別姓の導入に反対し、連立相手の民主党や社民党との違いを打ち出す。また、今後5年間で100兆円規模の財政・金融政策を掲げ、正規雇用の倍増を図ることも盛り込む。【朝日弘行】

【関連ニュース】
09年衆院選のときの国民新党の公約・マニフェスト
亀井代表、内閣に拓さんを? 普天間問題など電話で懇願
政府と民主党:マニフェスト議論難航 衆院選より1兆円増
鳩山政権:実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…
民主党:予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告

「“安上がり介護”に利用しないで!」NPO関係者らが怒りの声(医療介護CBニュース)
5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
<石神さん>「女性の願いを一つだけかなえる」 鳥羽・神明神社、女性参拝客増える(毎日新聞)
大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑(産経新聞)
<食中毒>「くら寿司」京都外大前店、3日間の営業停止(毎日新聞)