aamall

2016年10月08日

ありがとう



こんにちは、ぴょんのママです
ぴょんの旅立ちから少し時間が経ちました。

何年も前からいつかはこの日がくることを
なんどもなんども自分に言い聞かせていましたが
とうとうやってきました。

でも。
思っていた以上に穏やかな気持ちで過ごせていて
娘と一緒にぴょんが元気に走り回れていた頃の
動画を見たり過去のブログを見返したりしています。
娘はぴょんの活発な時期を知らないので驚いているようです。

ぴょんのパパとお付き合いをはじめて少しして
お迎えしたのがぴょんでした。
実ははじめにクリーム色の仔が目についたのですが
しばらく眺めて一緒に連れて帰りたいと思ったのはぴょんでした。
ペットショップのケージの中でぴょんぴょんと飛び跳ねていて
ああ、名前はぴょんだなぁと簡単に名付けました。

飼い方も知らないくせに連れ帰ってきて
しばらくは本を買ってマネしてみたり好きなのばかりをあげたりして
牧草は嫌いみたいだからあげなくていいのかな?なんて。
とうとう体調を崩させてしまってはじめてのペットクリニック受診。
先生に叱られて、これではいけない、、と
いろんな方のブログを見させていただいて生活改善をして
自分もはじめてみようかな?とちょこぴょん日記を始めました。

ブログからたくさんのうさ友さんとお知り合いになれて
何回か行ったうさフェスタでは実際にお会いできて
おうちお邪魔させていただいたこともありました。
10年経った今でも、、ほとんど更新も訪問もできていないのに
繋がっていただけて本当に感謝が尽きません。
ぴょんの最期に近い頃は特に支えていただきました。
本当に本当にありがとうございます

ぴょんは2歳になった頃に右目鼻涙管閉塞を患い、
その後、避妊手術を乗り越え、うさぎ梅毒、
疑エンセファリトゾーン症、斜頸、眼振は何度か繰り返し
最後には心肥大も患いましたが
それぞれにうまくお付き合いしながら過ごせていました。
斜頸は体調によって悪化したり軽快したりでしたが
体のバランスをとるのに片足に負担がかかり
左足が不自由になっていったように思えました。
それでも、思うがままにあちらこちらへ移動して
目ヂカラはしっかりとキラキラしていました。
私もペットクリニックの先生も
ぴょんの目ヂカラを生命力のバロメーターにしていました。

お迎えしてはじめはペット、うさぎさん、としての存在でしたが
いつからか自分の分身のような一部のような
ソウルメイトというような存在へ変わっていきました。
ぴょんは私のいろんなことを感じとって読み取っている気がしました。
これまで私をたくさん支えてくれていることは何度も何度も感じたし
娘が生まれてからは娘をも見守っていたと思います。
ぴょんはそれを自分の使命だと思っているような気もしていました。
体の限界がやってきても気力でここまできたのじゃないかと感じます。

ぴょんがいてくれたからはじめたこともありました。
ハーネスが大嫌いなのでうさんぽを頻繁にするのはストレスだろうから
ベランダをぴょんの遊び場にしたい、から始まって
ぴょんの好きな食べ物を作りたい、に広がって
どうせなら人間も癒される場所になればいい、になって
どんどんエスカレートして私の趣味になりました。
植物には何の興味も持っていなかったのに不思議です。

熊本地震が起こった時
うちの人間たちは多分大丈夫だろうとどこかで思っていましたが
ぴょんに対してはものすごい不安を感じました。
10歳の半ばにさしかかった時期で体も不自由になってきていてて
この大きな環境変化を乗り越えていけるんだろうかって。
以降、ちょこちょこと決断していかないといけない場面が出てきて
自分がしていることはぴょんが望んでいることなのかな?って
ぴょんの様子を見ながら自問自答の連続でした。
地震後に生きて生活できているだけでありがたいのだろうけど、、
起こらなかったら、時期がずれていたら、、
ぴょんはもっと楽に過ごせてたんだろうにねと感じることは
生涯消せないだろうと感じます。

9月24日の日付変わってまもなく眠ったのは
ぴょんの意志と心遣いを強く感じました。
9月の連休は一緒に少しでも長く一緒に過ごせる最後の時間なんだと。
また、24日は娘の運動会で私はプログラムを眺めては
この競技からこの競技までは時間空くから帰宅できる、みたいな
時間配分ばかり考えていました。
ぴょんをお留守番させるのが気が気でなかったのと
もう摂ろうとはしていませんでしたが少しでも水分を・・・と頭にあったから。
でも、その前に眠って・・・
「そういうことはもうしなくていいぴょんよ」みたいに感じました。
10年と10か月。素敵な時間のプレゼントでした。

私がお墓に話しかけているのを娘は見ているのか
娘もたまにフィギュア(すたぴょん)の方じゃなくてお墓を覗き込んで
何かお話ししているのを見かけます。
手を合わせて(斎場で学んだ?)みたり
お供えにサプリメント追加して入れたりもしていて、、
何とも温かい気持ちになります。

姿が見えなくなった今も、ぴょんは変わらずとても大きな存在です。
どこかから見守ってくれてるのかなと思うと温かい気持ちになれたり
以前より心強く感じたりすることもあって不思議です。
いつかは虹の橋で会えるんだよね、と思っていますが
できるなら自分が生きているうちにまた会えたらな、とも思っています。
その日を楽しみにしながら思い出の写真や動画を見たり、
以前途中までしていたちょこぴょん日記の製本の続きをしたり
まだまだ発展途上のベランダガーデン作りをしようと思っています。

また、娘は一人娘にもかかわらず生まれながらの次女だったので
特に最期の方はぴょんにかかりきりで寂しくさせてしまいました。
その分、娘とパパとの絆は深まったように感じます。
これからは一緒の時間を独り占めに満喫してもらえたらな、と思ってます。

思いつくままに気持ちを記録しましたが、、
ブログはこのままのスタイルで細々と続けようと思っています。
今までぴょんと家族を見守ってくださって本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いします

p717h4ah at 04:55|PermalinkComments(5)あの日から?|?ごあいさつ

2016年10月01日

あの日から vol.6 旅立ち



9月24日に日付が変わって・・
ぴょんはまもなく眠りについたぴょん
ママは広いところでゆっくり休もうねって
ぴょんのお部屋を作っている囲いを外したぴょん
ママはぴょんが囲いから出たがってたのを知ってたぴょん?

ママはいっぱいいっぱい頑張ったねって
ぴょんをたくさんなでなでしたぴょん

外が明るくなってきて・・・

1

ママは色々動き始めたぴょん

2

ママと一緒に横になってたけどちょっともようがえをして
今度はぴょんのなかまたちがぴょんを見守りぴょん

3

ぴょんからの遺言タイムぴょんね

4

ちびぴょんすたぴょんもくるぴょんよ

5

ちびぴょんには日記かくのをひきつぎだったぴょん
ちびぴょんの捜索をよろしくぴょんよ

運動会

この日はいろちゃんの運動会だったぴょん
身軽になったぴょんはママと一緒に応援に行ったぴょん

おうちに戻ってきて・・・
ママはぴょんを抱っこしてお家の中を巡ったぴょん
ぴょんが冒険したことのないお部屋も

ベランダにも出てイワダレソウの花壇や
それ以外のところも一緒お散歩したぴょんよ

あの地震がなければ・・・時期がずれていれば・・・
もっと花壇で遊べたのにねって
長距離移動やたくさんの通院なんかしなくても
おうちでのんびりすごせただろうにねって
ママはぽろぽろ泣いてたぴょん・・・

そして9月25日の午後
ぴょんは家族みんなでちょっと遠くまでドライブぴょん

とっても静かなところで
ぴょんはふわふわのおふとんに横になったぴょん

6

おべんとうの用意もあるぴょん
みんなぴょんをお花でいっぱいにしたぴょんよ

ペチュニアの花言葉は「心の安らぎ」
トルコキキョウは「希望」
カーネーションは「無垢で深い愛」なんだって

ママはぴょんをいっぱいいっぱいなでなでぴょん
また会おうねって約束ぴょんよ

いよいよ旅立ちぴょん

7

せかんどらいふがはじまるぴょんよ〜

8

ぴょんの体は小さくなっておうちに戻ってきたぴょんよ
ママさんから綺麗なお花をいただいたぴょん

9

最後のおひっこしぴょんね

10

ぴょんもママもとってもしあわせぴょんよ
ぴょんのことながく見守ってくれて本当にありがとうぴょん

p717h4ah at 04:54|PermalinkComments(3)あの日から?

2016年09月24日

あの日から vol.5  眠り



うっ滞を乗り越えてからは
ペレットと角切りりんごとバナナとママからの水分で
ぴょんは穏やかに過ごしていたぴょんよ

以前はだんだん食事しなくなったり水分摂らなくなっていて
通院していたけど今はママからの水分(アクアコール入)が
点滴代わりでぴょんの自力で、
量は少なめでも食事は安定してたから
おうちでのんびりこのペースを保てるのが一番かなって
栄養補給の通院は不要だろうってママは判断したぴょん
おうちで心臓の薬とお腹の動きを良くするお薬を継続なの

でも、目やにが酷くなってきたのと
爪が伸びて耳垢がたまってきていたから9月10日に
お手入れに通院したぴょん
そしたらお手入れの途中で
ぴょんはきゅ〜って泣き出したぴょんよ
もう、病院はいやぴょんよおうちでのんびりぴょん
酸素吸入してお家に戻ってきたぴょん

そこからはちょっとずつおしょくじもおみずの摂り方も
少なめになってきたけど
ママはもう通院はしないってぴょんと約束したの

ずっとのんびりと過ごしてたんだけど・・・
9月12日の夜中にぴょんは突然走って
囲いの隙間から飛び出して倒れたぴょんよ
ちゃんと隙間があるって知ってたぴょん
ママは慌ててぴょんを抱きかかえて囲いに戻したけど
ぴょんはいっぱいきゅ〜きゅ〜泣いたぴょん
いろちゃんはびっくりして飛び起きて
ぴょんが泣いた初めて声を聞いた
かわいい〜ってよろこんでたぴょん
ママはいっぱいなでなでしてぴょんを落ち着かせたぴょん
しばらくしたらまたのんびりできるようになったの
ママは通院のことを思い出したのかな?って言ってたぴょん

1

9月14日になるとぴょんはペレットもバナナもいらなくなったぴょん
角切りりんごとサプリメントだけ欲しかったぴょんよ
ママはペレットをふやかして強制給餌をしたけど・・・
ぴょんは強制給餌だいきらいぴょん
病院では我慢して食べてたけどおうちでしたくないぴょん

2

角切りりんごとサプリメントとママからの水分だけで
ぴょんの体をママは心配して・・・
ぴょんの大好きなジュースを取り入れたぴょん
ぴょんは今までいろんな病気や体調不良してきたけど
どんな時もジュースだけは喜んで口に入れてきたぴょん

9月17日にはぴょんは固形物を食べれなくなったぴょん
欲しいんだけどお口をもぐもぐするんだけど
歯で挟めないし挟めても喉を通っていかないぴょん・・・
すりおろしりんごを試してみたけど好みじゃなかったぴょん
ジュースとアクアコール水だけになったの
ジュースは飽きないように3種類用意ぴょんよ

3

ぴょんは横になって過ごすことが多いけど
たまに起き上がって場所移動してるぴょん
でもそれも9月19日には思うように動けなくて倒れて
いっぱいきゅ〜きゅ〜泣いておくちをぱくぱくしたぴょん
ママが慌てて飛んできてぴょんを落ち着かせたぴょん
ママがおうちにいる時間帯ばかりだったからまだよかったぴょんよ
・・・ちゃんとぴょんはしっててしてたぴょん

9月21日の夜中からぴょんは急に後脚でジャンプしだしたぴょん
ママは動きたいのかな?と思って
ぴょんの動きを応援してくれてたけど
ぴょんは大きな声できゅ〜きゅ〜泣いておくちをぱくぱくして
体をくねらせたり後脚でジャンプしたり休んだりを
3時間くらい続けたぴょん
ママはぴょんはどこか痛いのかな??とお腹をさすったり
体をさすったりなでなでトントンしたり様々したけど
なかなか落ち着かなかったぴょん
明け方になって落ち着いてぴょんは横になって休めたの

9月22日には水分もなかなか体に入っていかなくなっていって
●はほんの少し、おしっこは出てるのか出てないのかわからない・・
ぴょんは横になってたまにもぞもぞ動くような状態になったぴょん

9月23日朝になってママはお仕事に行くかものすごく悩んだぴょん
ぴょんは横になってたけど動いて・・・転倒ぴょんよ
ママはお仕事をお休みしてぴょんと一緒ぴょん

ぴょんとママは一緒に過ごしてきた時間を
いっぱいいっぱいお話したぴょんよ
たくさんなでなでしてもらったぴょん
これからもずっとずっと・・・
ぴょんだけのママママだけのぴょんだねって
ずっとずっと家族だよっておやくそくして・・・
9月24日に日付が変わってまもなく・・・
ぴょんはゆっくりゆっくり眠ったぴょんよ

p717h4ah at 01:01|PermalinkComments(9)あの日から?

2016年09月19日

あの日から vol.4



3連休の最終日ぴょんよ〜
ぴょん地方は雨台風が迫ってるぴょんよ

1

ぴょんが狭いところに入り込んだり
転倒するようになってきたから・・・
ママはぴょんの安全第一で放し飼いをやめたぴょん

いろちゃんが赤ちゃんの頃に使っていた囲いで
ぴょんのお部屋を作ったの

ぴょんは足腰が弱くなっているのは前からあったけど
最近目が見えにくくなって安全が必要だったぴょんよ
ぶつかってもいいようにできるだけふわふわのお部屋なの

2

体を何かにぴとっとくっつけてると
とっても安心できるぴょん

3

自分でおみずをのむのが難しくなったの

4

ママはシリンジでおみずをくれたぴょんよ
ちょっと食欲が上がってきたぴょん
もりもり食べてぴょんもママも喜んでたぴょんよ

5

けどそれがよくなかったのか・・・
ぴょんは8月12日からひどいうっ滞になったぴょん
●は出ないし・・・おしっこまで出なくなったぴょん
いつも飲み薬でおなかを動かすお薬を飲んでるけど
2日間も出ないことは今までなくて・・
ママは覚悟を決めたぴょんよ・・・
通院しておなかを動かす点滴をして
強制給餌に移ろうとした時にぴょんはきゅ〜って泣いたぴょん
強制給餌はやめて酸素を吸入してしばらくゆっくりして
ぴょんは帰宅したの

残りの時間をおうちでのんびりしようと
ママと過ごしたぴょんよ
半日くらいして点滴のお薬が効いてきたのか
ぴょんはもりもり●とおしっこを出し始めたぴょん

6

●もおしっこも出すぎてぴょんはふらふらして
それはそれでママは本当に心配してたけど
8月16日には落ち着いて過ごせるように戻ったぴょん
そこからはママからの水分補給と
自力でのおしょくじで通院しなくても
穏やかに過ごせたぴょんよ

p717h4ah at 00:30|PermalinkComments(4)あの日から?|?体のこと

2016年09月18日

あの日から vol.3



おひさしぶりぴょんよ
3連休でぴょんもママたちものんびりぴょん

来期に向けていちごの株を新たに買うんじゃなくって
今年の春の株からでたランナーから育ててみたぴょん
楽しみぴょんよ〜

1

ぴょんは新幹線のポーズで過ごすこと多くて
ママはとっても不思議がってたぴょん

ある日ぴょんはおくちをパクパクしだしたぴょんよ
あわててびょういんへ行くと・・・
ぴょんは心臓肥大だったぴょん

2

心臓肥大になると目が飛び出してくるそうなんだけど
ぴょんはもともと脱水の傾向で気づかれにくかったぴょん
点滴で水分補給したら目が出てきたぴょんよ

ママはうさぎさんの心臓肥大は治療可能なのか
ものすごく心配したけど・・・
ちゃんと治療方法確立されていてほっとしたぴょんよ

飲み薬が体に馴染むまで1週間連続で通院して
ぴょんは楽になってきておくちパクパクや
新幹線ポーズすることはなくなったぴょん
息苦しくてそういうことしてたぴょんね

以前よりおしょくじはとりやすくなって
ぴょんのペースで毎日過ごせるようになってたぴょん

3

でも・・・これで落ち着いたわけじゃないぴょん
ここからは酷暑もとうじょうぴょんよ

エアコンががんばってくれるからお部屋はいいんだけど
ぴょんの通院での気温差に疲れること多くなったぴょんよ
キャリーに保冷剤をつけたり朝か夕方の通院にしてみたり
ママがおしごとしながらできる範囲にいろいろ試行錯誤ぴょん

心臓のお薬を毎日飲むようになってからは
おしょくじの自力度が上がっていて
なるべく通院頻度を下げるようにしたぴょんよ
水分不足から体調崩すことが多かったから
7〜10日に1回はいってたぴょんね

4

いろちゃんはプールを楽しんでたぴょんね〜

5

このベランダは夏にほとんど陽が入らなくて
ママは植物さんの配置をあれこれ変えてたぴょん

6

ぴょんは好きなようにあちらこちらのお部屋で
過ごしていたけど・・だんだんむずかしくなってきたぴょんよ

ぴょんのお部屋からリビングまでのラグから
よろっとしてフローリングに落ちて転倒したり
リビングのソファーの下に入り込んだり
今までなかったようなことにぴょんもママもとまどったぴょん

ケガしたら大変・・・ママは決断したぴょん
続きはまた次回ぴょん

7

いろちゃんは初めての海を満喫ぴょん
かえりたくない〜ってぴょん

p717h4ah at 04:14|PermalinkComments(3)あの日から?

2016年08月07日

あの日から vol.2



ぴょんは無事におうちに戻ってきたぴょん
ものすごいゆらゆらはもうなかったけど
ずどんずどどんって
地震はまだまだいっぱいやってくるぴょん

ぴょんもいろちゃんもママからはなれないぴょん
ママのトイレにもいろちゃんついていくぴょんよ
いろちゃんは淡路島から帰ってくるのを
とても嫌がったけど・・地震が怖かったぴょんね

1

ぴょんは久しぶりに通院して栄養補給ぴょん

2

1番大きな揺れでママはアーチが頭をよぎって青ざめたぴょんよ
いろちゃんとぴょんを安全なところにいさせて
アーチの安否確認にベランダに飛び出していったぴょん

3

ベランダの植物さんの大半は生き延びたぴょんよ
パパがなんとか枯れないように最低限の水を
自分の飲み水からあげてくれてたぴょんありがとうぴょんよ

4

ライフラインは復旧してぴょんのおうちの近所は
お店も再開して生活は困らないんだけど
ぴょんもママたちもなかなか落ち着かないぴょん
ずどんずどんってびっくりしてばかりで
のんびりできないぴょん・・・
ママはお仕事、いろちゃんは保育園で
ぴょんはお昼間はひとりぼっちおるすばんぴょん・・・
ぴょんはみんながおうちに戻ってこないと
安心できなくておしょくじしなくなったぴょん

5

ママと一緒におしょくじとなでなでで過ごして
週1〜2回の栄養補給通院を続けたぴょん
血液検査してもどこも悪いところはないぴょんよ
ママはぴょんがリズムを取り戻すのを願ったぴょん

いろちゃんは保育園でお友達と過ごすようになってから
リズムをだんだん取り戻せたぴょんよ

ママは夜と揺れがこわくてこわくて・・・
ぴょんとママだけがなかなか元に戻れないぴょんよ
ママとぴょんは合わせ鏡だからママが元気でないと
ぴょんは元気になれないぴょんよ

6

ママはどうしても夜にお風呂に入るのが怖くて
いろちゃんはママと朝風呂ぴょん
できるだけパパは夜おうちにいてくれて
いろちゃんを夜にお風呂入れてくれたぴょんよ

ママは少しずつベランダのお片づけや
水やり以外の植物さんのお世話もできるようになって
ゆっくりゆっくり気持ち上がっていったぴょんよ

ぴょんは気まぐれおしょくじで
栄養補給通院しないと体重落ちてへろへろになるのが続くぴょん
好きなものはもりもり食べてたぴょんよ

7

ベランダではぴょんの大好きなのがしゅうかくで
まいあさとっても楽しみぴょん
でもペレットは気まぐれで
牧草は大きな地震以降は食べなくなったぴょん

ぴょんは昔から環境の変化にとっても敏感ぴょんよ
今回はママも弱ってるから回復に時間かかるのかなって
ママは考えてたぴょん
でも・・・別の原因もあったぴょんよ
続きは次回ぴょんね




p717h4ah at 00:54|PermalinkComments(3)あの日から?

2016年07月28日

あの日から vol.1



おひさしぶりぴょんよ〜
ぴょん地方は少し前に梅雨明けして
まいにちほんとうにあついぴょんよ〜

1

ベランダが春めいてきて
ぴょんは毎朝かだんを楽しんでたぴょん

おひっこししてきてからの初めての春は
どんなになるかな〜って
ママもうきうきだったぴょんよ

そこから・・・
ぴょんはげきどうの3ヶ月だったぴょん

2

ぴょん地方(熊本)は4月14日の夜から
大きな地震がはじまったぴょんよ
16日にいちばん大きい地震も来て
16日明け方までに5回は大きく大きくゆれたぴょん
小さいゆれもしつこくしつこくやってくるぴょん

ぴょん地方のらいふらいんがとまってしまって・・・
さいかいのめどもわからなくて
ママたちはけつだんをせまられたぴょん

パパは地震後のおしごと対応で
おうちにいれるかどうか・・・
ぴょんもけつだんのときだったぴょんよ

3

ママといろちゃんはらいふらいんがととのうまで
ママの実家の淡路島へ疎開することになったぴょん
そして・・・ママたちのおるすのときは
いつもパパがぴょんのお世話だけど
パパはずっとはおうちにいれるかわからないから・・・
ぴょんも淡路島へ行くことになったぴょんよ

おみずもとまってしまったので
ベランダ植物さんとおわかれぴょん・・・

ぴょんは10歳をこえて初めて長距離移動ぴょん
熊本から出るくるまでだいじゅうたいぴょん
博多駅までくるまで2時間かからないところを
5時間以上かかってそこから新幹線にくるまに・・・
ぴょんの初めての長距離移動は10時間こえたぴょん

4

淡路島にとうちゃくして
コーギーのごはんくんをはじめ
たくさんの人がぴょんをかんげいしてくれたぴょん

ぴょんのおへやもつくってくれてかいてきぴょん
でも・・・ぴょんのおうちとやっぱりちがうし
にぎやかでおちつかないぴょんよ・・・
いろちゃんはとっても楽しそうぴょん

淡路島のペットクリニックでいつももらってる
食欲出す薬とお腹を動かすお薬出してもらったぴょん
ママといっしょにおしょくじして
なんとか体重はキープできたぴょんよ

5

淡路島でのせいかつになれてきたころに
ぴょん地方のライフラインがととのってきて
おうちにかえってきたぴょん
かえってくるのは5時間くらいだったぴょん

でもここからが本当のたいへんだったぴょん・・・
長くなるからまた次回ぴょん

p717h4ah at 04:02|PermalinkComments(5)あの日から?