集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者と遺族らが国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が26日、福岡地裁であり、西井和徒裁判長は双方に和解を勧告した。全国10地裁で争われているB型肝炎訴訟で和解勧告が出たのは12日の札幌地裁に次いで2件目。
 札幌での勧告を受けて、全国弁護団はすでに和解に応じる方針を決定している。原告数は24日の追加提訴で419人まで拡大しており、国側の対応が注目される。 

【関連ニュース】
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟
自立支援法訴訟、初の和解=原告「きょうからスタート」
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結

医療法改正「12年度前後に」―全日病・西澤氏が見通し(医療介護CBニュース)
山手線など一時不通、4700人が車内缶詰め(読売新聞)
鳩山首相、敵地攻撃「違憲でない」=参院予算委で集中審議(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>京都・平等院を訪問 (毎日新聞)
歯科医院で爆発、4人重軽傷=ガス漏れが原因か-大阪(時事通信)