気象庁は25日、2~4月の3カ月予報を発表した。太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象の影響で、全国的に春の訪れは早く、暖かい春になる見込み。降水量は東日本日本海側で平年より少なめとなるほかは平年並みか多めで、北日本日本海側の降雪量は平年並みと予想している。

 《2月》北日本では平年同様、日本海側は曇りや雪または雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い。東日本日本海側は平年に比べ曇りや雪または雨の日が少なく、東日本太平洋側と西日本は平年に比べ曇りや雨または雪の日が多い。沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《3月》天気は数日の周期で変わる。北日本日本海側は平年に比べ曇りや雨または雪の日が多い。東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《4月》天気は数日の周期で変わる。

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析
大雪:新潟県内で1日に100センチ

一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ-化石採取・豪州沖(時事通信)
チンパンジーは自分の名前を判別(産経新聞)
マタニティーマークの配布率76%=市町村での普及進む-厚労省(時事通信)
人工歯根 使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知(毎日新聞)