警視庁は2日、万引き被害の全件届け出を促進するため、捜査書類の簡素化などを導入した昨年11月以降、月別平均認知件数が18.1%増加したと発表した。
 同庁生活安全総務課によると、昨年1~10月の万引きの月別認知件数は平均1604件だったが、書類簡素化などを導入した同年11月~今年1月は平均1894件となり、導入前よりも290件(18.1%)増加した。 

【関連ニュース】
万引きで女性を誤認逮捕=容疑の女と酷似、裏付け不十分
万引き少年、1割増加=刑法犯全体は微減
振り込め詐欺で顔写真公開=1億2000万引き出しか-15日に集中警戒・警視庁
フィギュア万引き警部を処分=停職3カ月、依願退職
千葉県警警部を略式起訴=フィギュア万引き

<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
トヨタ社長の姿勢を評価=米公聴会出席で-経産相(時事通信)
【25%の危機】(上)迷走する国民不在の論議(産経新聞)
日医会長選、現職の唐澤氏が出馬表明(医療介護CBニュース)