妊娠した交際相手の女性に「栄養剤」と偽り子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、不同意堕胎の疑いで、金沢市内の大学病院に勤務する医師、小林達之助容疑者(36)=金沢市=を逮捕した。

 捜査関係者によると、女性は男性医師が昨年まで勤務していた都内の大学病院で看護師として働いていたが、男性医師と交際関係となり妊娠。男性医師は女性から妊娠を知らされると、「栄養剤」と称して自宅などで女性に点滴を打ったという。その後、女性は体調が悪化し、流産していた。

【関連記事】
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
「中絶医師」射殺に終身刑 米中西部の裁判所
胸の左右間違え、針刺す 徳島大病院
医療ミスで胎児死亡、西神戸医療センターが心拍モニター外す
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス

<白鵬米>モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
特殊会社天下り 2分の1から3分の1 政府が閣議決定(産経新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)