2012年11月

アフリカがテーマの新サーカス、仏パリで上演中

【AFP=時事】仏パリ(Paris)では現在、サーカス集団「シルク・フェニクス(Cirque Phenix)」によるアフリカをテーマとした公演『シルカフリカ(Cirkafrika)』が上演中だ(2012年11月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【その他の写真】迫力あるパフォーマンスの数々
(この記事はAFP=時事から引用させて頂きました)

故蒋介石の4代目は今どこに? 台湾からも政界からも離れる

【新華網】故蒋介石の長男、蒋経国氏と二男の蒋緯国氏の2代目、蒋経国氏の3人の息子である蒋孝文氏、蒋孝武氏、蒋孝勇氏の3代目が逝去し、残された蒋一族の6人の生活はもの寂しい(入籍したばかりの章孝厳氏と逝去した章孝慈氏を除く)。

【その他の写真】

蒋一族の4代目は商業や芸術に専念し、政治に従事している人はいない。章孝厳氏(蒋経国と愛人の章亜若氏の間に生まれた双子の長男)と章孝慈氏(その弟)の子女がまだ台湾に残っているが、そのほかはすべて海外に散り、台湾から離れた。現在、台湾の政界で活躍しているのは章孝厳だけだ。

(翻訳 孫義/編集翻訳 伊藤亜美)
(この記事は毎日中国経済から引用させて頂きました)

ビジネス好適地ランキングで、フィリピンが中国、インドを上回る―フィリピン英字紙

2012年11月27日、フィリピン英字紙フィリピン・スターは、ビジネスに適した国としてフィリピンの順位はインド、中国を上回ったと報じた。環球網が伝えた。

【その他の写真】

米誌フォーブスは世界141の国と地域のビジネス好適地ランキングを発表した。貿易の自由、通貨の自由、資産の権利、イノベーション、科学技術、官僚主義、汚職、投資家の保護、個人の自由、税負担、マーケットのパフォーマンスなどから順位付けしたもの。

中国は96位、インドは97位。フィリピンは87位とアジアの新興2大国を上回った。税負担の軽さ、貿易の自由、個人の自由、官僚主義の弊害の少なさがポイントとなった。なおトップ10はニュージーランド、デンマーク、ホンコン、シンガポール、カナダ、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、英国となった。(翻訳・編集/KT)
(この記事はRecord Chinaから引用させて頂きました)

中国GDP、2013年は9.3%増となる見通し

 中国人民大学経済学院と経済研究所が発表した報告によれば、2013年の中国の国内総生産(GDP)は9.3%増となる見通しで、消費者物価指数(CPI)は4.1%に達する見込みだ。中国国際放送局が報じた。

 同報告では、中国共産党第18回大会で中国の指導層が交代となったことなどの影響を受け、消費の増加が見られ、インフラ整備への投資が大幅に増加すると見込んだ。(編集担当:村山健二)
(この記事はサーチナから引用させて頂きました)

「洋物記念日」が流行する中国=中国式サンクスギビングデーは何に感謝する?―米紙

2012年11月22日、米紙ウォールストリートジャーナルは記事「中国人は何に感謝するのか?」を掲載した。24日、環球時報が伝えた。

【その他の写真】

バレンタインデーにクリスマス、そしてサンクスギビングデー(感謝祭)。消費促進を後押しする中国政府の意向もあり、中国では「洋物記念日」が年々重視されるようになっている。

今年は22日がサンクスギビングデーだったが、中国のマイクロブログには2700万件もの書き込みが集まるなど、クリスマスやバレンタインとまではいかないにせよ、相当の盛り上がり。

さまざまな書き込みがあったが、中国式感謝祭はいったい何に感謝するべきかという話題も盛り上がりを見せていた。両親、私が気になる人々、人生で出会ったすべての人々などなどさまざま答えが書き込まれていた。中には「私をだました人。さもなければずっとだまされ続けるだけだから」といった回答もあった。(翻訳・編集/KT)
(この記事はRecord Chinaから引用させて頂きました)
記事検索
プロフィール

p8exqsx8

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ