【エルサレム花岡洋二】パレスチナ自治政府のアッバス議長は23日(日本時間24日未明)、国家として国連に加盟を申請し、外交上の「賭け」に出る。イスラエルとの和平交渉が遅々として進まない中、加盟申請は独立国家樹立の悲願を国際社会にアピールする「切り札」だ。非暴力で独裁体制を打倒した「アラブの春」に触発された側面もある。停滞状況を打破できない仲介役の米国への不信も増大しており、今後、不満の蓄積が爆発する恐れもある。

 パレスチナ自治政府のシャース議長顧問は申請の理由として「イスラエルとの和平プロセスの失敗」を挙げる。交渉の仲介役である米国を「中立でない」と非難、独立国家樹立には国連外交を通じて支持を広げる以外にないとの認識を示した。国際社会の認知を後ろ盾にイスラエルや米国に圧力をかけ、和平交渉を有利な立場で仕切り直したいとの思惑だ。

 パレスチナの狙いは二つある。まず、第3次中東戦争(67年)以前の境界線に基づき、イスラエル併合下にある東エルサレムを首都とする国家像について国際的な承認を取り付けることだ。イスラエルは安全保障上の理由から拒否し、「国境画定の議論に前提条件はない」と主張しているが、パレスチナとしては国連での圧倒的支持を得て「国の形」を既成事実化したい思惑がある。

 次に米国の拒否権行使で国連加盟が実現しなくても、オブザーバー資格を「機構」から「国家」に格上げすることで、国際刑事裁判所(ICC)など他の国際機関に加入する足がかりにする考えだ。ICCに加わればイスラエルの「戦争犯罪」を訴えることが可能になり、パレスチナという「国家」に対する占領政策を追及できる。

 パレスチナ人らは過去2度、反イスラエル抵抗闘争(インティファーダ)に立ち上がり、一時は自爆テロなどが激化したが、住民の疲弊は色濃く、「暴力の連鎖はもうたくさんだ」との声は強い。そんな中、「アラブの春」が拡大し、パレスチナでも平和的な独立実現の機運が高まって、加盟申請を後押しした。

 ただ、米国に対する不信感は鬱積している。ヨルダン川西岸の中心都市ラマラでは22日、国連の「議席」を象徴する巨大な椅子と国連旗が掲げられ、加盟申請を盛り上げていたが、地元の空気は期待より失望感が強かった。元教員のアブオマルさん(55)は「オバマ米大統領は(21日の国連演説で)『イスラエルに平和を』と訴えただけだ」と憤った。

 一方、イスラエルは最近、中東で最大の友好国だったエジプトとトルコとの関係が悪化。08年末のパレスチナ自治区ガザへの侵攻以降、欧州世論の風当たりも厳しさを増し、孤立を深めている。メリドール副首相は19日の会見で「(今回の加盟申請で)最も恐れるのは和平合意が互いに難しくなること。パレスチナが望み通りのものを手に入れれば交渉で(譲歩する)柔軟性を失う」と危機感をあらわにした。

 ◇米、中東での影響力低下

 【ニューヨーク白戸圭一】オバマ米大統領はパレスチナ自治政府のアッバス議長に国連加盟申請を思いとどまらせることができず、かえって国際社会における孤立感を深め、米国の影響力と指導力の低下を露呈した。米国が国連安保理での拒否権行使をちらつかせてもパレスチナは折れず、イスラエルに入植活動の凍結を求めても聞き入れられない。米中東和平外交は手詰まり状態に陥っている。

 「パレスチナに融和的なオバマ大統領が危機(国連加盟申請)を招いた」(共和党の大統領選有力候補ペリー・テキサス州知事)--。米国内では今回の事態をオバマ政権の「失政」と批判する声が強まっている。

 オバマ大統領は21日の国連総会での演説で、パレスチナの加盟申請に反対する一方、米国とイスラエルの同盟関係は「揺るぎない」と明言、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の歴史まで持ち出してイスラエルを擁護した。

 だが、オバマ大統領は4カ月前の中東政策演説(5月19日)で、イスラエルがヨルダン川西岸とガザ地区などを占領した第3次中東戦争の以前の境界線を前提とした和平交渉を求め、イスラエルの猛反発を招いたばかり。交渉の仲介役であるべき米国がイスラエル、パレスチナ双方の不信と反発を買う事態となっている。

 米国の「盟友」として和平交渉を仲介してきたエジプトのムバラク前大統領の不在も、オバマ政権の立場を難しくしている。安保理で拒否権を行使すればアラブ社会の反米感情をかき立て、反米・反イスラエル勢力が台頭する恐れがある。拒否権行使がイスラエルを巡る安全保障環境を悪化させる可能性もあり、「できれば拒否権行使を回避したい」のがオバマ政権の本音だ。来年の再選を目指すオバマ大統領は米国内のユダヤ系有権者の票と資金力を意識せざるを得ず、難しい対応を迫られている。

◆パレスチナを巡る動き◆

48年5月 イスラエル建国。第1次中東戦争勃発

67年6月 第3次中東戦争。イスラエルがヨルダン川西岸、ガザ地区などを占領

93年9月 パレスチナ暫定自治宣言(オスロ合意)調印

00年7月 米キャンプデービッドでの和平交渉が決裂

03年4月 欧米などが「2国家共存」を柱とする新中東和平案(ロードマップ)を提示

07年11月 米アナポリスの中東和平国際会議で7年ぶりに和平交渉が再開

08年12月 イスラエル軍がガザに侵攻。和平交渉は中断

09年3月 イスラエルで右派のネタニヤフ政権が発足

  11月 イスラエルが西岸でのユダヤ人入植住宅の10カ月間の新規建設凍結発表

10年9月 イスラエルとパレスチナがワシントンで直接交渉を再開。入植住宅建設の凍結失効で交渉は中断

11年5月 オバマ米大統領が第3次中東戦争前の境界に基づく和平交渉を提案

  9月 パレスチナが国連加盟を申請


(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)