中国人民大学経済学院と経済研究所が発表した報告によれば、2013年の中国の国内総生産(GDP)は9.3%増となる見通しで、消費者物価指数(CPI)は4.1%に達する見込みだ。中国国際放送局が報じた。

 同報告では、中国共産党第18回大会で中国の指導層が交代となったことなどの影響を受け、消費の増加が見られ、インフラ整備への投資が大幅に増加すると見込んだ。(編集担当:村山健二)
(この記事はサーチナから引用させて頂きました)