今日のニュースは・・・

ドン・ジマー氏死去=東映でもプレー―米大リーグ!


 【ニューヨーク時事】カブスなど米大リーグの4球団で監督を務め、選手としては1966年に東映(現日本ハム)でもプレーしたドン・ジマー氏が4日、米フロリダ州の病院で死去した。83歳だった。
 ポパイの愛称で知られたジマー氏は54年からブルックリン・ドジャースなどで内野手としてプレー。メジャー12年間で打率2割3分5厘、91本塁打、352打点を記録し、ワールドシリーズに2度出場した。現役最後の66年には日本に渡って東映でプレーした。
 引退後は72年にパドレスの監督に就任。89年にはカブスを地区優勝に導き、年間最優秀監督に選ばれた。ヤンキースではベンチコーチとしてジョー・トーリ監督を支えて4度のワールドシリーズ制覇を経験した。最近はレイズのシニアアドバイザーを務めるなど、60年以上も球界に関わった。 
(この記事は時事通信から引用させて頂きました)