1933年、オラニエンブルク強制収容所。警備に立っているのは突撃隊員。オラニエンブルク強制収容所(Konzentrationslager Oranienburg)は、ナチス・ドイツがオラニエンブルクに設置した強制収容所。ナチ強制収容所の中では最初に設立された強制収容所である。歴史1933年1月30日、ナチ党党首アドルフ・ヒトラーがパウル・フォン・ヒンデンブルク大統領よりドイツの首相に任命された。ヒトラーは腹心のヘルマン・ゲーリングをプロイセン州内相に任じた。ゲーリングは1933年2月27日の国会議事堂放火事件の犯人として逮捕したドイツ共産党員を収容する施設としてオラニエンブルクの中心部ベルリン街にある電機会社の工場を拘留する施設に改造した。これがオラニエンブルク強制収容所の始まりであった。収容所の管理は初め突撃隊(SA)が行い、初代所長も突撃隊大佐シュルツェ=ヴェルツンゲンが就任した。初期のナチ強制収容所はすべてそうであるが、収容所の囚人に人種を理由とした収容はほとんど見られず、囚人の大多数はドイツ社会民主党員やドイツ共産党員などの左翼政治犯であり、収容数も後と比べるとまったく少なかった。また囚人の扱いも必ずしも劣悪ではなかった。1933年3月に所長シュルツ=ヴェルツンゲンがマスコミに語ったところによるとオラニエンブルク収容所の囚人の日課は次の通りであるという。5時30分、起床6時までに身支度を整える。7時半までに室内換気、清掃、朝食をすませる。7時半から12時半まで労働12時半から昼食と休憩14時半から16時まで教練16時から17時半まで運動運動の時間には囚人いじめが行われることが多かったというが、全般的には初期のオラニエンブルク強制収容所はまともな環境であった。寝床は清潔であるし、定期的な健康診断が行われていた。三度の食事は栄養たっぷりで一般の国民よりも良い物を食べていたという。これらはゲーリングが反体制分子について隔離するというよりも思想を矯正して社会復帰させることに力点を置いていたためである。ゲーリングは1933年のクリスマスにオラニエンブルク強制収容所の囚人を大量に恩赦している。1933年6月にゲーリングは強制収容所の運営は補助警察(突撃隊、親衛隊、鉄兜団から成る)が行うと定めた。これにより突撃隊だけの運営ではなくなった。またルドルフ・ディールスのゲシュ

西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風-気象庁(時事通信)
舛添氏、真意はどこに 政局発言…党残留?新党結成?(産経新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
パチンコのモニター登録料名目で現金を詐取 被害は全国で約3600万円か(産経新聞)
<爆窃団>銀座の他に大丸神戸店でも 高級腕時計を窃盗(毎日新聞)