早稲田大投資サークルOBらによる相場操縦事件で、証券取引法違反に問われた元投資会社社長、松村直亮(なおあき)被告(28)に対し、東京地検は25日、東京地裁(多和田隆史裁判長)の公判で懲役2年2月、罰金250万円を求刑した。弟の無職、松村孝弘被告(25)には懲役1年6月、罰金150万円、不動産関連会社社長、三浦幹二被告(28)には懲役2年、罰金300万円を求刑。また、3人に追徴金約4億3000万円を求刑した。判決は4月28日。

 検察側は「巧妙に仕組まれた相場操縦で、市場への投資家の信頼を著しく害した」と指摘した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑
インサイダー容疑:味の素社員に課徴金命令
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑

<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)
神戸でも民家全焼 1人死亡(産経新聞)
B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)