生活協同組合コープかながわ(横浜市港北区)のハーモス荏田店(同市青葉区)が、売れ残ったトンカツを冷凍保存した後、カツ重などに再利用して販売していたことが分かった。市保健所は、適切な管理を義務づけた食品衛生法に違反する恐れがあるとして、コープ側を指導する方針。健康被害は確認されていないという。

 コープかながわなどでつくる「ユーコープ事業連合」(同市港北区)によると、同店は3月28日、冷蔵状態でパン粉をまぶした状態の生のロースカツ1100枚を仕入れ、店内で揚げて1枚198円で販売。この日が消費期限だったが、売れ残った330枚を冷凍保存し、4月24日までにカツ重(498円)とカツ丼(330円)に調理して販売していた。80枚が残っており、250枚が実際に売れたとみられる。コープかながわは売れ残った食品を廃棄する内部規定がある。

 カツ重を買った市内の夫妻から同店に「酸っぱい味がして吐き出した」との苦情があり、発覚した。同店の担当者は「大量に残り、もったいないと思った」と話しているという。【山田麻未、杉埜水脈】

【関連ニュース】
輸入義務米:1096トン廃棄 汚染米事件後、活用できず
食品廃棄:安易な廃棄「待った」 消費者団体がガイドライン提案
関西プレスクラブ:京都吉兆の徳岡社長が「料理の神髄」講演
事故米食用転売:三笠フーズ元顧問に有罪--大阪地裁判決
事故米食用転売:影響で穀物卸売会社が倒産

もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
母の日 青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社(時事通信)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)