【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日午後(日本時間13日朝)、ワシントン市内で欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領(EU首脳会議の常任議長)と初めて会談し、核軍縮・不拡散やアフガニスタン支援、気候変動問題などで連携していくことを確認した。
 首相はEUとの経済連携協定(EPA)について「難しい点もあるが、障壁を一つ一つ解決して進めていきたい」と積極的な意向を表明。同大統領は「少し難しい問題はあるが、解決したいとの気持ちを持っている」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
〔写真ニュース〕鳩山首相、「5月決着」伝達へ
〔写真ニュース〕オバマ米大統領と握手する鳩山首相

沖縄返還文書訴訟 日米密約認め、国に開示命令 東京地裁(毎日新聞)
<新党>「たちあがれ日本」多難な船出か…10日発足(毎日新聞)
別れさせ屋 離婚された女性と交際、殺害…絶えぬ被害(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)