交際していた女性の同意を得ず、薬を点滴するなどして堕胎させた事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が警視庁捜査1課の調べに「女性の妊娠は知っていたが、流産したとは知らなかった」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 同容疑者は容疑を否認しており、捜査1課は医師としての知識や経験を利用したとみて捜査している。
 一方、女性は事情聴取に「(小林容疑者を)信じていた。結婚していたのは後から聞いた」と説明。出産の意思もあったが、同容疑者は薬について「ビタミン剤」と話していたという。 

ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)
生きる 心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
ソニー銀元行員を逮捕=口座から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
振り落とされ男性死亡、殺人容疑で男2人逮捕(読売新聞)