7日午後6時5分頃、成田空港の駐機場で、整備中のデルタ航空59便(ボーイング777―200型、乗員・乗客193人)の主脚格納庫のドアを整備士が開けたところ、庫内で黒人男性の遺体が見つかった。

 国土交通省成田空港事務所などによると、同機は日本時間の7日午前3時41分にニューヨーク国際空港を出発、同日午後4時46分に成田空港に着陸し、乗客を下ろした後、整備点検中だった。格納庫は主翼下左側にあり、通常機内から侵入できない構造になっているという。

 成田国際空港署によると、男性に凍傷の跡がみられたが、目立った外傷はないという。同署では、ニューヨークで同機格納庫に入り込み、上空で凍死か酸欠死した可能性があるとみて調べている。

新型インフル対策「別室」も 関西の私大入試本格スタート(産経新聞)
退去取り消し求め提訴…イラン国籍クルド人兄妹(読売新聞)
<火災>熊本の住宅全焼…7男3女の大家族(毎日新聞)
石原知事、民主2トップに「不愉快、不可解」(産経新聞)
<国民新・下地氏>亀井金融相の予算案発言を暴露(毎日新聞)