東京都中央区銀座の郵便事業会社銀座支店で、金属弾の入った小沢一郎民主党幹事長と最高検次長検事あての封書計2通が見つかっていたことが24日、警視庁筑地署への取材でわかった。同署は弾の鑑定を進めている。

 同署によると、小沢幹事長あての封書については23日午前10時20分ごろ、最高検次長検事あての封書については24日午前9時ごろ、同社から署に連絡があった。

 小沢幹事長あての封書には22日付の消印があり、ライフル弾のようなものと、はがき1枚が入っていた。封書には世田谷区内の小沢幹事長の自宅住所が手書きされており、あて名は切り張りと手書きで「小沢一郎殿」と記載されていた。はがきには、小沢幹事長の政治資金問題を取り上げた記事と、「ゴキブリ退治」という文字が切り張りされていたという。

 最高検次長検事あての封書についても、エックス線検査で金属弾が確認されたという。

【関連記事】
「小沢一郎を逮捕しないのか」東京地検に金属弾入り封筒
「小沢不起訴」で見えた! 「全面可視化」大合唱のナンセンス
首相官邸に銃弾か? 差出人は「小沢一郎」
また銃弾? 小沢氏事務所と官邸に郵送
「辞職しろ~!」叫びながら近づく男…小沢氏、あわや襲撃

<中国映画>道東が舞台のストーリー 北海道9市で上映(毎日新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
公用車談合で元課長ら処分 国交省(産経新聞)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」(産経新聞)