ダイキン工業は9日、平成18年8月から今年1月までに製造した家庭用空気清浄機「光クリエール」など58機種約87万台について、脱臭フィルターなどが発煙・発火する恐れがあるとして、10日からリコール(無償点検・修理)を実施すると発表した。リコール費用は約45億円の見込み。

 リコール対象のうち、昨年7月までに製造した約84万台については、ほこりを吸い込むための放電線が集塵(じん)フィルターと接触し、湿度などの条件が重なったときに、隣接する脱臭フィルターが発煙・発火する場合があるという。

 昨年9月、佐賀県内の特別養護老人ホームで製品から発煙し、煙を吸った入居者1人が検査入院するなど、20年8月以降、国内で計8件の発煙・発火事故が発生した。

 問い合わせはフリーダイアル0120・330・696。

【関連記事】
空気清浄機 極力パワーの強いものが売れ筋
電気ヒーター 使い方考慮して検討を
ダイキンのバイオ抗体がウイルス抑制に効果
ダイキン工業 ストリーマ放電技術外販へ
ダイキンがリチウムイオン電池電解液量産へ
「中国内陸部の資源事情とは…?」

首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)
フィルター発火などで87万台リコール 家庭用空気清浄機(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円(毎日新聞)
「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)
日米首脳会談なし、代わりに隣り合わせの夕食会(読売新聞)